sweet candy 魔女っ子おもちゃ ブログ

可愛いと思った魔女っ子おもちゃを紹介していくブログです。ブログ内の全画像の無断転載禁止。

SC

ラブパトシャッフルDX


ラブパトシャッフルDX タカラトミー 2020年7月30日発売 6,578円(税込)

こちらはガールズ×戦士シリーズ第4作目ポリス×戦士ラブパトリーナ!の初期メンバー3人の変身アイテムです。
警察手帳がモチーフになっていて、これでラブパトリーナに変身したりモードチェンジしたり
お助けアイテム「ソウサカード」を使用する事が出来ます。
シリーズ内で一番プッシュされていたアイテムだったのですが
このラブパトシャッフルと、武器アイテムラブパトウィングはバーコードの読取に不具合が見つかり
発売後早々にリコールになりました。
結構可愛いアイテムなのに、リコールになったという印象が強いアイテムになってしまいました😓

箱から出すとこんな感じ。


ゴールド塗装のエンブレムバッチと本体と3人分のカードがセッティングされています。

こちらが本体。


ファントミで消えかかったメッキ塗装が復活しました!良かった😊
昨今では四角いおもちゃは大体液晶画面を搭載しているので純粋に光って鳴るタイプの四角い玩具は珍しいです。
プリチャンキャストは液晶搭載している体でシール液晶だから何だかなぁ…🙄

箱に入っている状態から翼が開いた状態になりますが、本来なら変身中に
リボン型のボタンを押して翼を開きます。



カードをセットインしていない状態でもデザインとして完成されている点は高評価です。
武器アイテムのラブパトウィングは、カードをセットしていないとデザインとして完成されないんですよね…😓
本体上部のボタンを押すと…


本体が上側にスライドし、カードのセット用トレーがお目見えします。
カードをセットしシャッフルの動作で変身が進行します。

トレーをつまんで本体に入れたり出したりする動作が楽しいです。


いや、でも…カードのセットインがやりにくい!途中で引っかかります。
引っかかった状態でシャッフル動作をしてしまうと、カードが圧し折れますから注意してください。
購入したキッズの大半はカードがヨレヨレになってしまったと予想出来ます。
子供のなりきり玩具で摩耗するパーツを紙製のカードにした点は疑問しかないです。
全部プラ製のカードにすべきだと思いました。

変身ギミックが作動すると、このように光ります。


発光部分が大きい割に普通にLEDがピカピカ七色に光ってます。


マジョカポルテみたいにグラデ発光しないのが残念。


変身動作の解説図です。


カードが問題無くセットできれば歴代のガールズ戦士の変身アイテムにおいて、一番楽しく変身出来ると思います。
カシャカシャとカードのトレーを何度も差し込むシャッフル動作が楽しいし
変身BGMからキメ台詞まで収録音声がかなりの長尺だし。
可動部が本体のトレー、翼パーツと2つあてる点もポイントが高いです。

こちらがDX版に付属のカード10種です。


モードチェンジ用のカードも入っています。
ラブパトカードは別売りのモードチェンジとシャインのカードも購入済ですので
そちらもいずれ紹介できればと思います!

総括すると、本品はメッキや大きな発光部や多数のラブパトカードに対応ている点がかなり好印象です。
カードの読取りに関してはキッズ目線で操作が簡単に出来るか、どこか不具合が無いか
発売前にもっと慎重に制作すべきだったと思います。

2020~2021年にかけて放送されたラブパトは、シリーズで初めて前作に登場したキャラが変身しました。
ファントミでは敵だったサライちゃんが作中で改心し、ラブパトで変身する流れは激熱でした😊
ラブパトは敵が劇的に弱かったので苦戦描写が苦手なキッズでも安心して観れる仕様になっております。
残念だった点は、早々に変身アイテムと武器アイテムがリコールになってしまった点。
ここまで大々的なリコール騒ぎは魔女っ子おもちゃを収集していて初めてだったので
かなり鮮烈に記憶に残りました。
作品の良し悪しに関係無い部分でネガティブなイメージが付いてしまいました。
音声やギミックの一部に不具合がある、ではなくそもそもカードをまともに読み取れないって致命的です。
テスト段階で何故分からなかったのか不明ですが
キッズへの裏切りだと思うので今後は十分にテストをしてから販売して頂きたいです。
他の魔女っ子おもちゃ系のリコールはプリンセスパフュームでスカーレットのキーを挿したのに
マーメイドのボイスが流れる不具合によるものがありました。
こちらの場合はこのキーの読み取り以外は問題無く動作するのでここまで大事になりませんでした。

上で紙製のカードにも苦言を呈しておりますが参考までに
プリキュアのカードセット玩具「プリチェンミラー」と「プリカード」をご覧ください。


カードは全部透明なプラカードに印刷されています。紙より絶対にこちらの方が良いと思います。


こちらがカードトレー。
本体にセットする前にこのトレーにしっかりセットするので折れるリスクが多少減ります。
これでも発売当時はカードをセットし辛い、子供には難しいと口コミがありました。
プリキュアシリーズって売れた変身玩具のモチーフは繰り返し登場しておます。
例(カードコミューンミックスコミューン→ラブリーコミューン(スマイルパクト→スイーツパクト→トロピカルパクト
(ココロパフューム→プリンセスパフューム→レインボーパフューム(変身モフルン→変身コメコメ
しかし、プリチェンミラーの後のプリキュアシリーズではカードセットの変身玩具は無いんですよね…。
大人としては楽しいのですが、女児玩具においてカードをセットする系の玩具って鬼門だと感じました。
ジュエルパクトも読取り不具合あったし。


武器アイテムのラブパトウイングがアイドル界隈で人気アイテムになり
放送終了しているにも関わらず放送時と変わらないようなお値段で売られておりますが
本品はカードを入れても目立たないので人気も出ず、放送後1年の現段階ではお求めやすいお値段です。

 
DX版ではない通常版の方が高いのは何故…。
通常版はブラインドパッケージなので本体が黄変する可能性があります。

 

ビッ友ホイッスル

一応パッケージの写真だけでもデータとして補完しておく記事です。

ビッ友ホイッスル タカラトミー 2021年7月10日発売 1,496円

こちらは2021年7月より放送開始したガールズ戦士シリーズ第5弾「ビッ友×戦士 キラメキパワーズ!」に登場するアイテムで
役割としてはキラメキパワーズの証兼ビッ友の証です。
※ビッ友とは心にビビーッとくる熱い友達の事です。
棒状の笛パーツにピンクメッキパーツがそのまま結合していて非常に簡素な造りになっています。
廉価版ではない純正のなりきり玩具としてギリギリのレベルに感じました。
他のキラパワ玩具は気合い入ってカラフルなのになぜこのホイッスルはピンク一色…😓
ガールズ戦士の玩具はプリキュア玩具と違いドケチ感が少ない事が特徴でしたが
このビッ友ホイッスルは唯一の例外です。

参考までに2020年度のペンダント枠アイテムのラブパトホイッスルをご覧頂きたいです。

メッキ内の星の色が各戦士カラーに塗分けられていたり
本体カラーも白紫の2色で造形されていたりと本品より手が込んでいます。
ペンダントアイテム枠ではなく、応援アイテム枠として見た時に
去年のラブパトエール(拡声器型)をモブ用のプロップとして何十個も製造する事が大変だったのかなと😓
だからペンダント型と応援アイテムを合体させ、さらに造形も簡素なものにしたと予想します。

キラパワ本編ではクラリス編が終わりました。
キラリが絵を抱きながらクラリスに謝罪するシーンが感動的でした。
そして最後にこのビッ友ホイッスルをクラリスに渡したところもグッときました🥺✨
残る敵はマックララ様だけなのでクライマックス感が漂います。
4月頭時点で、当初は1話30分の1クールが残っていたと考えられますが
放送時間が15分に削れてしまったので2クール放送されないと6話分削られてしまった事になってしまいます😩
例年だと最後の方に展開がダレたり何度も総集編やったりするのでその辺を削って6月に最終回にするのか
15分版として2クールに伸びて10月最終回になるのか…🤔
1年間見守って来たいち視聴者としては削らず本来想定していた通りに放送して欲しいです😓

アイドルタイムマイク


アイドルタイムマイク タカラトミーアーツ  2017年4月1日発売 4,800円(税抜)

このアイテムはプリパラ4シーズン目の「アイドルタイムプリパラ」で登場するアイテムで
通年ライブ時に活躍していました。
こちらが本体

薄紫の本体と金メッキの組み合わせが特徴です。


この赤い点は一体何なか考察してみたのですが
紫→らぁら 金(黄)→みれぃ 赤→そふぃ、でSoLaMiSMILEのカラーって事…かな?🤔

本体の凹凸に塗装されていないのでシンプルな外観をしています。


左がゆいのマイク、右が本品。
個人的にはゆいのマイクみたいに星の部分を金色に塗装して欲しかった😓


アイドルタイムマイクはジュエルマイクと比べるとマイクのドームが小さいのに、持ち手の外周部分がやたらと大きく
マイク玩具としては変わってるシルエットだなと当初感じておりました。
玩具オタとして何故このような形状になったのかと考察すると…ずばり合体時の整合性の為だと思います。
参考までに以下が3期のジュエルマイクとサイリウムタクトを合体させたものです。


このようにタクトは逆さ向きになってしまい、マイクの引き立て役になってしまいます。
しかし、マイクとハープを合体させたものは上下で対になるデザインで
どちらが上でも下でも整合性のとれた形になっています。

マイクをハープっぽい形にする事で、合体時にどちらかの玩具が引き立て役と化す問題をクリアしています。
立体物として見たらマイクとハープはプリパラ玩具の最高到達点だと思います。
マイク単体ではジュエルマイクの方が王道のデザインで好きですけど
アイドルタイムマイクは持ち手の外周部も光るので
合体の斬新さと発光の美しさではこちらの方が一枚上手な印象です。
マイクとハープを合体させたものは、幅も重さも女児玩具的にはかなり大きい部類です。
この大型合体玩具をゲーム筐体との連動玩具として企画した事が凄いと思います。
筐体ゲームのガチ勢はこの2つを持ち歩いていたのでしょうか…。すごいお荷物。
ゲーム勢からすると、サイリウムチャーム程度の大きさの方が扱いやすくて良かっただろうなと思います😅

 

ギミックに関しては、以前紹介したゆいのハープ&マイクと色以外は同じ商品なので省略します。

sc-toy.hatenablog.com

www.youtube.com

 

ゆいのマイク&ハープは生産数が少なくあまり流通していなかった印象ですが
この通常版のアイドルタイムマイクは番組終了後も普通に余って流通していました
…が、もうすっかりプレ値化していてビックリしました。



現状では1万円越え…😖
気になったものは定価程度で購入できる時にサクっと入手した方が良いという教訓を与えてくれますね。
アニメのプリパラがマジで名作だった事と、プリパラのゲーム筐体で活躍したアイテムだったので
コンテンツのコアなファンにとってコレクションアイテムとして付加価値が大きいのだと思います。

プリパラはコアなファンが多いようでアニメ終了して4年経った今
新規でゲームアプリ「アイドルランドプリパラ」が開発されています。
いちプリパラファンとして非常に楽しみにしているのですがリリースが延期に次ぐ延期でいつ遊べるやら😅
連動アニメだけは先行で配信されているので、アプリコンテンツというより
そのままプリパラの続編がYouTube不定期配信されているような感覚😅
内容は相変わらずのプリパラで安心しました😊
アニメに登場したはマイク&鍵おもちゃ化しないかなぁ…
現行コンテンツであるプリマジですらおもちゃ商品が出ないので難しいかもしれませんね😅

ブログの更新頻度が相変わらず鈍っています。
現段階で楽しみにしている玩具も無いし、インテルのCEO曰く2024年まで半導体不足が続くそうなのでお先真っ暗につき
モチベも上がらずこの調子で、たまに見ると更新されてる系ブログになります😓

ハンプティロック&ダンプティキー~PEACH-PIT 20th Edition~

f:id:sc_toy:20220318215532j:plain

ハンプティロック&ダンプティキー~PEACH-PIT 20th Edition~ BANDAI 2022年3月14日発送  4,180円(税込)

 

去年しゅごキャラ連載15周年という事で、商品展開に動きがありました。
プリント系グッズが主なラインナップでおもちゃを模したような立体物はアクセサリー系でしか発売されていませんでした。
玩具好きとしてあまり期待はしおりませんでしたがプレバンより実物大スケールの本品の予約がアナウンスされて飛びつきました😍

スリーブ箱を取るとこんな感じ。

f:id:sc_toy:20220318215530j:plain
毎度おなじみ、ガシャデパ産アイテムは箱にこだわりを感じます。

中身を開くと

f:id:sc_toy:20220318215526j:plain
本体と美麗なあむちゃんのイラストがお目見えします…!
こちらが本体。

f:id:sc_toy:20220318215523j:plain


思っていたより超キラキラ
鍵がダンプティキーでロックがハンプティロックです。
予約時の見本写真ではハートの部分が白く濁っていたのですが
実物はキラキラでクリアなラインストーン仕様です…!
予約時にはクリアなハートのラインストーンが用意出来なかったのかも。

そして何より本体がメッキ…!

f:id:sc_toy:20220318215551j:plain

これにはメッキ教信者も大喜び。

当時の玩具はメッキではなく黄土色っぽいゴールド塗装で
ハートの部分は発光部でキラキラしていませんでした。
外観の煌びやかさより、ギミックが詰まってる感が漂う玩具でまた別の魅力がありました。

鍵を差し込んで回すと

f:id:sc_toy:20220318215547j:plain

私のココロをアンロック(解錠)できます!

f:id:sc_toy:20220318215545j:plain

 

ダンプティキーは本体を開く事が出来ます。
中にはあむちゃんのイラストシールが貼ってあります。

f:id:sc_toy:20220318215542j:plain

↓いにしえの顔バーンなアイテムを彷彿とさせますね🥰
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sc_toy/20170923/20170923230146.jpg

裏側までメッキがキラッキラです✨

f:id:sc_toy:20220318215549j:plain


ガシャデパ産なのでメッキの質は期待しておりませんでしたが珍しく綺麗な出来で安心しました。
原作漫画でもキラキラな感じに色が塗られているのでようやくイメージピッタリの立体物を入手出来て良かった😊



箱は何ヵ所も箔押しされています。

f:id:sc_toy:20220318215537j:plain

f:id:sc_toy:20220318215540j:plain

コレクションアイテムとしてそのまま飾れますね。

以上、ハンプティロック&ダンプティキー~PEACH-PIT 20th Edition~でした。
私はぴちぴちピッチにハマってからなかよしを度々購入していたので
しゅごキャラの原作漫画も読んでいました。
10年以上前、なかよしで安野モヨコ先生だったり、こげどんぼ先生だったり
他誌で活躍されている先生が大人気だった時代があって、PEACH-PIT先生もその内の一人でした。
それまではDearSローゼンメイデンなどオタ層向けに活躍されていた印象がありましたが
なかよしで女児向けの作品も生み出し、それも大ヒットするって凄い事だと思います。
作品の内容的には、男子高校生×女子小学生って今思うとやべーなと思いますが
当時の女児達にはこれが刺激的でウケたんでしょうね。
アニメ化した際はタカラトミー系列で玩具が展開し、私はアミュレットハートバトンを所持しております。

一番手前の両端にハートがついているものです。
OPテーマの「こころのたまご」も名曲で、ももちの声が可愛くて大好きでした。

放送当時タカラトミーアーツからハンプティロック&ダンプティキーのガシャが発売されていて
回したかったのですが発見できず😭

www.takaratomy-arts.co.jp
このクオリティで1回200円って…凄い安いですね。  
タカラトミー系列のガシャとは相性が悪かったのか シュガルンのエクルのガシャも発見できなかったんですよね…。
いろんなお店のガシャコーナーをふらふらと見回った思い出だけが残ってます😩
もう回せないかもしれませんが、希望は捨ててません。
何故なら家庭教師ヒットマンREBORN!という作品のボンゴレリングというガシャも
アニメ放送開始10周年記念で復刻し再びガシャ化した経緯があるからです。
もし私と同じようにガシャのハンプティロック&ダンプティキーやエクルが欲しいと思っている方
タカラトミーの商品を購入した際はアンケートにて復刻希望の旨を書きましょう。
しゅごキャラの商品化許諾権をタカラトミーがすでに失っていたらどんなにアンケートに書いても無理だと思うけど😭
とりあえず行動が大事なので!

ぴちぴちピッチミュウミュウしゅごキャラシュガルンなど2000年代のなかよし作品も大好きなので
玩具スケールのアイテム、もっといっぱい発売して欲しいです😆

くるくる変身!マーメイドアクアパクト

f:id:sc_toy:20220308175405j:plain
くるくる変身!マーメイドアクアパクト BANDAI 2021年6月19日発売 5,478円(税込)

 

こちらは「トロピカル~ジュ!プリキュア」の追加戦士キュアラメールの変身及び武器アイテムです。
今回もトロピカルパクト同様、箱の上部に「フタを閉じてもカワイイ❤」と太鼓判が押してあります。

こちらが本体。

f:id:sc_toy:20220308175434j:plain


貝殻型のコンパクトアイテム…!
私が狂おしい程ドハマリしていたぴちぴちピッチのアクアピッチコンパクトも貝殻型だったので


嬉しかったです…が

f:id:sc_toy:20220308175430j:plain
虫の羽みたいに開くのは頂けないです😂
なんだこりゃ😂似たような開き方をする女児玩具は大昔の汎用玩具「うらないコンパクト」が思いつきます。

セーラームーン うらないコンパクト ポピー/グリップトイ
魔法使いサリー版やミンキーモモ版も存在する汎用っぷり。

付属品含めた全体像。

f:id:sc_toy:20220308175425j:plain
右側の貝殻マークのリングが「パフュームシャイニーニング」でキメ技に使用します。
下側の棒状のアイテムが「マーメイドアクアブラシ」で発光部を回したり、キメ技時変形に必要なアイテムです。
左右に開くので発光部の横にハート型のミラーが付いています。

発光はプリキュア玩具の中でもかなり綺麗な方で、ブラシでくるくる回すと模様が変化します。

f:id:sc_toy:20220308180304g:plain

これには工夫を感じました。

f:id:sc_toy:20220308175422j:plain
蓋が半透明なので閉じた状態でも発光を確認できます。
ここまでのコンパクト的な形状が変身遊び用のフォームです。

以下は武器形状「シャボンフォーム」の紹介です。

f:id:sc_toy:20220308175420j:plain
ブラシを本体の底の面にブッ刺すとシャボンフォームに変形します。
自分の感性では、あんまり可愛く見えない😂
バブルガン型のつもりなのでしょうが、ガンダムビグザムやグルグルのベームベームが思い浮かんじゃいます😂


箱の解説ではこんな感じ。f:id:sc_toy:20220308175418j:plain
シャボンフォームはキメ技音声は鳴るものの、ギミック面では『変身の別モード』の域を出ません。
上部の宝石がラメールのキメ技・オーシャンバブルシャワーの銃口になっている設定ですが

f:id:sc_toy:20220308175516j:plain
宝石自体に発光ギミックが搭載されていない点は勿体なかったです。
ブラシのトリガーを引くと効果音が鳴るので、さらに発光する箇所が増える位はやって欲しかったかも。
宝石の内部の磨りガラスみたいな素材感は綺麗なので、もっとここを活かして欲しかったです。

f:id:sc_toy:20220308175410j:plain
ブラシの上部の宝石も同じような感じです。
武器アイテムとしてのプラスアルファの部分が少なく感じました。
中盤から登場し、変身アイテムも武器アイテムも両方新規で展開したサンシャインとエースとフォーチュンは
本当に力を入れていたんだなぁと思いました。

ブラシは本体に取り付ける事が出来ます。

f:id:sc_toy:20220308175413j:plain
この写真では取り付けていないのですが😂
取付け部分はこんな感じですって事で。


ハートクルリングは全種認識しません。ピンの認識口が2つ…😩

f:id:sc_toy:20220308175415j:plain
公式サイトに「別売りのハートクルリングをセットすると、
キュアラメールのオリジナルセリフがランダムで楽しめます。」と潔く書いてあります。
つまりリングをセットした事のみが認識可能で、リングを個別で認識する事は出来ませんって事です。
ラメールの声で色々なハートクルリングの専用ボイス聞きたかったな😢
私はガシャのリボンと王冠のハートクルリング持ってるのですがランダムでのセリフが流れました。
熱心にリングを集めて、クリスマスや誕生日にこのパクトを買ってもらったキッズを思うと心が痛いです😰

トロピカルパクトではサマー以外のリングは塗装でしたが
ラメールのリングはラインストーンやクリアパーツが使われていた点は良かったです。

f:id:sc_toy:20220308175428j:plain
この煌めきは絶対に必要だと思います。
『リングをセットして開く貝殻型のコンパクト。』字面では可愛いのですが
個人的にはコスメモチーフの玩具に変形合体ギミックを求めていなかったです。
ラメール専用の可愛い武器アイテムが欲しかったです…。
ラメールの技的には、シャボンステッキみたいな感じが良かった。。

www.google.com
チャチャのマリンちゃんの巻貝型ステッキでシャボン玉でたら最強に可愛かったと思う🥺

www.google.com食玩版でしか存在しないレアな立体物です。

スマイルパクトみたいにパフでぽんぽんするアクションだったら実際のメイクと通じるものがあり
キッズの憧れを再現できているとは思うんだけど
パクトの底にブラシをブッ刺すは、どの部分のときめきを刺激する狙いがあったのかが分からなかったです。
実際のメイクのアクションから遠のいてますよね。
セーラームーンの玩具で雑に再現コラージュするとこれ。

f:id:sc_toy:20220309115608p:plain

うーん…個々のアイテムは可愛いのに台無し😂

そして左右ではなく普通に上下に開閉するコンパクトが欲しかった😢

f:id:sc_toy:20220308175408j:plain

普通の丸型コンパクトとは違い、貝殻型コンパクトなんてトロプリ以外の他のテーマで展開するの難しいと思う。
プリキュアにおいて貴重な貝殻型コンパクトアイテムが左右開閉型式で
ビグザムバブルガン型に変形するタイプになってしまった事が残念です。
玩具オタとしては待望の貝殻型パクトに王道の可愛さが無かった点が引っ掛かりますが
トロプリファン並びにローラ・ラメールファンとしてはこのマーメイドアクアパクトが
原寸大劇中小道具というこれ以上ないファンアイテムである事には変わりません。
作中にてこのパクトは元々化石みたいな物体だったんですよね。
人魚はプリキュアになれないという概念を覆して初変身を遂げたシーンを思い出して胸が熱くなります…!
ローラをラメールに変身させるだけではなく変身解除後の人間の姿をも与えてくれた貢献度の高いアイテムでした。
コンパクト型アイテム大好物なので1シリーズで2つのコンパクトが出た点も嬉しかったです。

遊んでて気づいたのですがラメールのリング、カラー的にトロピカルパクトに合うし
サマーのリングのピンクのストーンのおかげでアクアパクトのリボンに合うなと思いました。

f:id:sc_toy:20220308175514j:plain

デザイン的にはこっちの方が好きかも。
純粋な玩具ファンと、トロプリを視聴していた人とでこの玩具の印象は大きく変わると思います。
私はトロプリが大好きでローラも大好きなキャラクターだったので購入して大正解でした。
以上、マーメイドアクアパクトでした。

トロプリのアイテムはほかにもミラーやpretty holicのミラーやハート型のケースを所持しております。
こちらもその内紹介します。

 

 

 


以下戯言です。


半導体不足問題が顕著化してきたのは去年からなので、
一昨年位から製造していたであろうトロプリ玩具は半導体不足の本格的な被害をギリギリ免れたと思われます。
今後更に不足に拍車がかかり電動ギミックが2000年代前半レベルの簡易的なものに退化するのか
マスクのように不足が見事に解消し、それまでの停滞を取り返すために超ギミックを搭載した玩具が増えるのか。
5年位経てば結果が分かりそうなので、トロプリ玩具は5年後レビューしたら面白そうと思っていました。
「トロプリを境に収集パーツをセット・認識する玩具が消えてしまいました」とか
「トロプリの頃は今に比べるとまだギミック面の技術が古く――」とか
5年後にしか書けないレビューを書けるかな、と。
しかしその時に今の準新品みたいな綺麗な状態で保管できるか不明なので番組終了直後にレビューさせて頂きました。
玩具の日焼け実験とかやっていると博物館のように厳重に保管してる感が出てしまってるかもしれませんが
力任せにぎゅうぎゅうに押し込んでるから箱は傷みまくるし
何かの羽型パーツ・ナージャオルゴールに付属のハンカチ・何かの電池蓋などが段ボール内に転がってる始末😂
年々収納スペースが無くなってきているので段ボールにぎちぎちに詰め込み過ぎて
5年後には準新品状態では無くなっている可能性が高いです😂
一番の希望としては、技術革新は起こらなくて良いので
フレプリ~スマプリ辺りの全盛期みたいな玩具が5年後にも展開されていたら嬉しいと思っています。

デパプリは玩具に関しては思う所がありますが本編は毎週楽しく視聴しています。
ローズマリーことマリちゃんが凄く良いキャラで今後の活躍に期待してます。
プリキュア観ていて推しがプリキュアではなくサブキャラになるのはまほプリの校長以来です。
しかし東映アニメーション不正アクセスを受け少なくても4週間は最新の本編が放送されない事になりました。
またヒープリみたいに本編の内容と玩具の発売スケジュールがズレるのかな😓
キュアヤムヤムやキービジュアルの銀髪の少年がまだ登場していないので
お楽しみは持ち越し状態🥺
早く不正アクセス問題が片付いて最新話が観れますように🙏

メイクアップ変身!トロピカルパクト

f:id:sc_toy:20220304220335j:plain

メイクアップ変身!トロピカルパクト BANDAI 2021年2月27日発売 4,730円(税込)

こちらは名作「トロピカル~ジュ!プリキュア」の初期面子用変身アイテムです。
プリキュアシリーズにおいて3個目のコンパクトアイテム。
(1個目・スマイルパクト、2個目・スイーツパクト)
今回からパッケージの箱がケーキの箱みたいな独特な形になりました。
玩具オタとしては飾って可愛い事より、流通時に日焼けしない事の方がずっと重要なので
ブリスター派ではなく断然箱派です。
箱の形がケーキの箱のように可愛くなった事は大歓迎なのですが、いたる所にテープが貼ってあり剥がす事が大変でした😅
こちらが本体です。

f:id:sc_toy:20220304220355j:plain
プリキュアの玩具にしては珍しく細かく塗り分けられていて
ピンク・紫・黄色・赤と、それぞれのキャラのカラーが取り入れられています。

f:id:sc_toy:20220304220733j:plain
箱にも写真付で蓋のデザインが特筆されているので気合いを感じます。

青色のコンパクトというモノ自体あ女児向け玩具ではとても珍しいです。
これ以外だと三代目アッコちゃんのコンパクトが思いつきます。

sc-toy.hatenablog.com
付属の変身用ハートクルリングを取り付けたところ。

f:id:sc_toy:20220304220332j:plain
リングをクルっと回すとコンパクトの蓋が開きます。

f:id:sc_toy:20220304220843j:plain
リング自体がフチの装飾に当たって開くというギミック。この点は安っぽくて残念😩💦リングが傷む😩
ミュークルのコンパクトみたいにカギを回すと中のつまみが動いてコンパクトが開く仕掛けであってほしかった😰
オープン

f:id:sc_toy:20220304220330j:plain
収集パーツの取付が外側なのでコンパクトの内部のデザインが完成されていて綺麗です。
水色とピンク2色で構成されているのでもう少し色数が欲しかったかも。
デザインは可愛いのに廉価版っぽく見える😅

中心のハート型の宝石のパーツはラインストーンのようにカットされています。

f:id:sc_toy:20220305092815j:plain
昨今のコンパクト型アイテムは中身に収集パーツをセットする方式が多く
このように宝石の造形が入ってるものが無かったのでいにしえの女児玩具好きとしては嬉しいです🥰

f:id:sc_toy:20220305092813j:plain
ハートの奥底から光ります。セーラームーンの当時品のコズミックを思い出します。
そしてコンパクトの真ん中が宝石で押すと光るというギミックはクリスタルスターみたいでときめきます🥰
蓋がクリアパーツなので、閉じた状態でも光っている点も素敵です。

f:id:sc_toy:20220305095644j:plain

ブラシが蓋にカチっと取付られています。

f:id:sc_toy:20220304220343j:plain
このブラシで真ん中のハートの宝石をぽんぽんすると変身が進んでいきます。
このブラシ、当初光るものだと勝手に思い込んでいましたがまさかの光らない仕様
プラスチックの塊です😅

f:id:sc_toy:20220304220325j:plain
公式的にはブラシのクリアパーツを光に透かすとブラシが光っているように見えると謳っています。貧乏臭っ!

ギミックは無いですがこのリボンのところが特に可愛いと思いました。

f:id:sc_toy:20220304220322j:plain

 


コーラル・パパイア・フラミンゴのハートクルリング

f:id:sc_toy:20220304220327j:plain
サマーのハートクルリングとは異なり真ん中の宝石がラインストーンではなく、まさかの塗装…。
比べるとこんな感じ

f:id:sc_toy:20220304220320j:plain
圧倒的に煌めきが不足しています😩
これはかなりの悪手だったと思います。何故なら女児人気ナンバーワンはコーラル(紫)だったからです。
せっかく買ってもらったのに、自分の推しキャラが格下げ仕様だったなんて残念過ぎる。
これではコンパクトを買ってもらったとしても、その後の購買に繋がらないと思います。
格下げ仕様はまだまだ続き、ルージュロッドのプレートに至っては塗り分けすらされていません。
過去に羽の無い羽ペンにがっかりしましたが、今回もバンダイの悪いドケチ癖が発動してしまいました。
コンパクトやロッドでがっかりしたキッズが他のハートクルリングを収集したり
大技用のドレッサーを購入したかは不明ですが公式が玩具においてキャラの優劣を付けてはいけないと思います。


f:id:sc_toy:20220304221813j:plain
箱の側面にハートクルリング全種認識とありますが
別のリングを装着しても新しい音声が流れるのではなく、音声パターンの組み合わせが変わるだけです。
リングでケチった分ギミックに注力して欲しかった😢

裏面はこんな感じ。

f:id:sc_toy:20220304220337j:plain
正円ではなく雫型。MADE IN THAILAND…。
スタプリまでメイドインチャイナでしたがヒープリよりメイドインタイになりました。
中国の人件費が高騰してるんでしょうね。

トイネス情報によると、このトロピカルパクトは2021年で最も売れた女の子向け玩具だそうです。
ラインストーン仕様ではありませんでしたが、4人分の変身用リングが付属している点は成功していると感じました。
これさえ買えば初期面子全員分の変身遊び出来るのは例年に比べかなり手を出しやすいと思います。
しかしながらトロプリの年間成績はプリキュア全シリーズの中でもあまり振るわなかったそうです。
この事から女児玩具市場がかなり縮小している事が伺えます。
玩具の仕様からも、市場の縮小傾向は見て取れます。
何故ならトロピカルパクトが10年前のスマイルパクトのダウングレード版みたいな印象の商品だったからです。
スマイルパクトはパフ光るし、デコルも何十種も認識するし、小さいですがデコルには全員ラインストーン付いてるし。
トロプリの玩具の成績がいまいち跳ねなかった事も、そりゃそーだろ、と思います。
意図的にグレードを下げているのだから。
10年前に比べ売上見込みが減る→発注個数が減る→1つ1つが割高になる→コストを掛けられなくなる
という事なんでしょうね😅
それと生産国の人件費高騰も大打撃で、更にコストが掛けられなくなる悪循環…🥺
スマイルパクトは初版10万個以上売れたし、名品ココロパフュームが活躍したハトプリは歴代最高売上でした。
両方とも玩具オタ目線でも素晴らしい玩具だし、売れたのも納得できます。
まとめると、玩具が売れなかった=子供の心を掴めなかった作品という事ではなく
初段で発売する玩具自体がキッズにとって名品であるかどうかという点が重要であり
塗装仕様のリング等の目に余る手抜きが見られる製品が初段だった場合
その後発売する玩具の成績をさらに引き上げていくのは難しいよね、という話です。
そして現状では右肩下がりなので見込み数を上げる事も難しく人件費も高騰し
全盛期みたいなアイテムを作る事も困難。今が正念場だと思います。

製品としては思うところがありますがトロプリのファンアイテムとしては
これ以上無い最強アイテムである事には変わりません。
最終話で別れ際にローラが夕日の海で舞い跳ねたシーン、思い出すだけで泣けてきます😂
その後エルダ達を介してお互いを思い出すというストーリーのギミックも最高😂
あと最終奥義で召喚されたトロピカルパラダイスさんがサンバを踊りながらラスボスを叩き潰した所も予想以上すぎた😂
そんな名作トロプリの中で通年使用された変身アイテムなので
トロピカルパクトは作品のファンとして絶対に購入する価値の有るアイテムだと思います。
蓋のクリアパーツのキラキラ感も素晴らしいです。
f:id:sc_toy:20220304220340j:plain
トロプリファンの方はもちろん、
90年代末期から謎に到来したケルトンブームを取り入れた女児玩具がお好きだった方にもオススメです。

f:id:sc_toy:20220305101541j:plainf:id:sc_toy:20220305101623j:plain
スーパードールリカのコーリングリング等が思い当たります。探せば他にもあるかな?
本来隠すべき内部の電子部品や回路がうっすら見えるという点が売りのデザインなので
厳密にはトロピカルパクトはスケルトンでは無いのですが
特有の軽めなデザインの風合いが何となく通じるものがあると感じました。
以上、トロピカルパクトでした。


Amazonの商品レビューにコーラル・パパイア・フラミンゴのリングを改造してラインストーン仕様にされた写真がありました。
素晴らしいアレンジ🥺✨これが欲しかった!笑😂

PROPLICA クライシスムーンコンパクト

f:id:sc_toy:20220205112629j:plain

PROPLICA クライシスムーンコンパクト BANDAI 2022年1月25日発送 8,800円(税込)

劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」よりクライシスムーンコンパクトがPROPLICAより発売しました。
去年2021年のうさぎちゃんBDイベントで情報解禁され、8月に予約開始されたものなので
発表から入手まで半年以上かかりました😓
こちらが本体

f:id:sc_toy:20220205112636j:plain
き…っキラキラしてる…!
PROPLICAらしく、とても造形が良いです!

開くと

f:id:sc_toy:20220205112646j:plain
ミラーに窓が付いていて、閉じていても発光が楽しめる仕様となっております。
銀水晶がクリアである点もポイント高いです。
銀水晶廻りの模様は当時の玩具版より虹色の模様の彩度(濃さ?)が上がっています。
左が95年に発売した方、右側が再放送版です。
f:id:sc_toy:20220205114606j:plain
95年版から再放送版にかけて大きく劣化したポイントが、ミラー部に窓が無い所。
コンパクトを閉じた状態でも発光を楽しめる点がクライシスムーンコンパクトの最大の特徴だったのに
95年版のみ搭載されていたセーラーリンク機能が削られた事が原因で閉じた状態で発光する必要がなくミラーに窓が無くなってしまいました。
で、その窓がPROPLICA版にて復活しました!!
PROPLICA版の蓋閉じて発光している所

f:id:sc_toy:20220205114349g:plain
当時の玩具ファンとして閉じながら発光が復活してくれてとても嬉しかったです!
コンパクトを開いた状態だと変身シーンの音声、閉じた状態だとセリフや映画主題歌が流れます。
開閉によって流れる音声が異なるというギミックは面白いと思いました。

銀水晶アップ。

f:id:sc_toy:20220205112648j:plain
今回も前回のカレイドと同じく発光していないときはLEDが見えない仕様です。
今までのセーラームーンのPROPLICAのコンパクトは発光部がクリアパーツではなく濁っていたので
全部クリアパーツ化して作り直して欲しい🥺

f:id:sc_toy:20220205112650j:plain
発光するとこんな感じ。

f:id:sc_toy:20220205114343g:plain
普通にLEDがピカピカ光ってる😅


セーラームーンではなく、ちびムーンのアイテムの発光部は何年も前から透明だし光り方も綺麗。

f:id:sc_toy:20220206132654g:plainf:id:sc_toy:20220206132918g:plain
本品も光り方にもう少し工夫を凝らして欲しかったかも。

蓋のクリアパーツのカットの美しさは素晴らしく、どの角度で撮影したものがベストなのか分からなる程です。

f:id:sc_toy:20220205112638j:plain

f:id:sc_toy:20220205112641j:plain

f:id:sc_toy:20220205112643j:plain
個人的には3枚目の↑の角度がベストに見えます。
ホロ紙に頼らずクリアパーツのカットでキラキラ感を表現する点はさすがPROPLICAです。

f:id:sc_toy:20220205114609j:plain
当時の玩具はホロ紙でキラキラが表現されています。
おもちゃ!って感じで玩具ファンとしては、こちらもこちらで好きです。

 

裏面

f:id:sc_toy:20220205112627j:plain

今回も電池蓋隠しが徹底されていて本物感の演出が徹底されているように思いました。


箱もいつも通り箔押しされていて高級感があります。

f:id:sc_toy:20220205112634j:plain
裏側に掛け声が書いてあって、開封しながらワクワクしました😊

f:id:sc_toy:20220205112632j:plain

この製品自体はめちゃくちゃ良い商品だと思いました!
惜しまれる点は原作基準の新作映画「美少女戦士セーラームーンEternal」版である所😂
カレイドの時と同じく、90年代に毎週刷り込みのように聞かされていたあの音声が鳴らず
さほど愛着のない新劇場版の音声が流れます。
あの頃のクライシスのリメイクではなく完全な新製品を購入した事を実感し微妙に気落ちします😅
武内先生の作画において、アイテムは繊細で透き通るようななガラス工芸や宝飾品のようなイメージに近く
製品化するにあたり『玩具』が一番映えるようには思えないのです。(個人的な感想です)
あの繊細さを玩具で表現可能なら今後も原作基準での玩具を当時品版と併せて展開して欲しいです。

最近の玩具市場ではメッキのキラキラ製品が枯渇している事と
おそらくこの商品が売れないと次に繋がらないので購入してはみたものの
90年代版のクライシスが欲しい~~ッ!!!という思いは変わりません😭
ちびムーンコンパクトが90年代版、クライシスが新劇場版なのでチグハグ状態になっているので
今後、クライシス90年代版が発売される事をマジで祈るばかりです。
もし発売するならSsの変身シーン的に交互に銀水晶光って掛け声がぴったり合う仕様が絶対良いのですが
2019年に先行して発売しているちびムーンコンパクトに、
2022年以降に発売するか定かではなない製品とのリンク機能なんて絶対搭載されていないだろうな😂
90年代版が発売しないかもしれない…という根拠は
当初魂ネイションの公式Twitterでは本品の紹介に「-Eternal edition-」の文字が有りました。

「-Eternal edition-」であるのは、90年代版基準の「通常版」が控えているからだと考えていました。
でもプレバンもセーラームーン公式でも「-Eternal edition-」の文字が無いんです😢
その後魂ネイションのTwitterでも「-Eternal edition-」の文字が消え
普通に「PROPLICAクライシスムーンコンパクト」になりました😰
つまりコレが90年代版基準の復刻的役割も含めた「クライシスムーンコンパクト」であり
今後Eternal版ではない普通のクライシスは発売しないって事なのかな…と。。

「-Eternal edition-」だと後々通常版が発売しそうだし、そっちの方が需要があるから
販促戦略の一環として「-Eternal edition-」の文字を消しただと良いのですが
その場合、発売元がEternal版の方が人気無い事を半分認めてしまっている事になるので
それも微妙だよなぁ…😩
90年代版のPROPLICAクライシスを発売してほしい気持ちが強いですがどっちに転んでもモヤモヤします…😒

「-Eternal edition-」として最初にお披露目されたのは2019年の魂ネイションでした。

この頃はちびムーンコンパクトとセットで飾れる台座も付属していたし
中のホログラムも本品とは違う色です。
メッキの黄味のムーンカレイドと同等の黄ばみっぷりでしたが
本品は黄味がかなり抑えられていて、その点も良かったです。

f:id:sc_toy:20210911123323j:plain
↑プロプリ彩色さん大好物の真っ黄色カレイド

f:id:sc_toy:20220205112641j:plain

↑黄ばみが抑えられているクライシス

Eternal版も90年代もガワはそんなに変わらないんだからどっちでもいいのではと思われそうですが
原作基準Eternal版と当時の玩具版と翼の角度が違うのです。
ガチ勢以外よく分からないかもしれないので写真で解説致します。

f:id:sc_toy:20220205115213j:plain
上側の「下向きの翼が原作基準Eternal版」下側の「上向きの翼が当時の玩具版」です。
同じスーパーセーラームーン変身用アイテムである聖杯の羽が下向きでした。
f:id:sc_toy:20220209201149j:plain
ニュアンスとしては下向きのままの翼(Eternal版)だと聖杯の力を継承したアイテム
上向き(当時の玩具版)だと聖杯よりさらにパワーアップしたアイテム
みたいな感じの微妙な違いを感じます。

セーラームーン30thのアイテムたちもEternal版ばっかりで今後も90年代版の展開は積極的に成されない予感😂
一部のEternalファンには古参ファンは黙って昔の作品観てプレ値で当時品買ってろよ!と思われそうです。
セーラームーン20th始動当初に90年代からの根強いファンが爆発的にグッズ課金した応酬で25、30thまで続いている訳で。
そう言い切れるのは「セーラームーンcrystal1・2期」がアニメ作品としてはズッコケた結果となったからです。
グッズ課金したのに古参ファンの愛する90年代版を蔑ろにされ、別コンセプトの新作で展開され続けたら不満が募る事もご理解頂きたいです😩


あの根強いファン達による爆発的グッズ課金が8年前の2014年。
せっかくなので振り返ってみます。
f:id:sc_toy:20170923225753j:plain
予約希望アクセス殺到しすぎてプレバンに繋がらなくなったシャイニングムーンパウダー。
ネット記事にて、企画したバンダイ女性社員が予想を大きく上回りすぎてビックリしたと書いてありました。

f:id:sc_toy:20170923224925j:plain
争奪戦になり速攻プレ値になったコンパクトガチャ。後々再販されました。

f:id:sc_toy:20170923225654j:plain
売り切れて即再受注になったミラーケース。

f:id:sc_toy:20170923225251j:plain
当初入手困難だったダイキャストチャーム。
これらすべて90年代版基準で作られています。

このまま半導体不足が続けば次のセーラームーンのPROPLICAはかなり先になりそう😰
とにかく、当時発売した玩具版のクライシスの発売を信じて待ちます😂

Pretty Holic プリティアップリップ キュアパパイア&フラミンゴ&ラメール・サマー&プレシャス

f:id:sc_toy:20220123223648j:plain

Pretty Holic プリティアップリップ キュアパパイア BANDAI 2021年2月27日発売 1,188円(税込)
Pretty Holic プリティアップリップ キュアフラミンゴ BANDAI 2021年2月27日発売 1,188円(税込)

Pretty Holic プリティアップリップ キュアラメール BANDAI 2021年6月19日発売 1,188円(税込)

 

新シリーズでもPretty Holicが続投する事を記念して前回の更新に引き続き、プリティアップリップです😂
Pretty Holicはパケのイラストが水彩っぽくてとにかく可愛いのでデータ補完的な役目でパケの写真だけ載せておきます。
サマー・コーラルと商品自体は同じものなのでレビューは割愛致します。
(あまり色が付かない子供用のリップです)

前の更新分のサマー&コーラルの写真は5月ごろに撮影していたもので
その後リップの品薄も緩和され、サクっと全員分入手おりました。
色とパケ以外同じだし、紹介しなくてもいいかな?と思っていましたが
Pretty Holicシリーズがプリキュアに根付くかも…だとしたら、トロプリのPretty Holicが記念すべき初代ラインナップという事です。
なので一応リップを全種載せようと思いました。
でもデパプリのPretty Holicの数字が振るわなかったら根付かず終わる予感もする😅

トロプリもいよいよ佳境です。残すところあと1週。
ヒープリがかなりシリアスで重いテーマを取り扱った作品だったので、反動でより楽しく視聴する事が出来ました。
最後までトロプリらしく楽しい作品で、最後のトロピカルパラダイスさんの攻撃が最高でした!😆
バトルが所々少年漫画みたいなタッチになっていて、凄かったです。
姫プリでもすごいグリグリ動く作画の場面がありましたが、更にパワーアップしている感じというか。
子ども向け作品だけど手抜きせず上質な作品を作るぞって気合いを感じました。
「またみてね」も毎週楽しみでした。
あと、秋の映画も印象的でした。
トロプリで一番シリアスで後味が悲しいエピソードだったと思います。
いつか絶対スノーハートクルリングをゲットするんだ…😭

プリキュアってお説教好きだからプラゴミの海洋汚染問題とか入れてくるかなと思いましたが
それ系のプリキュアで伝える必要性の感じない社会問題とか無くてホッとしています😅
次作でも食品ロス問題とかやらないで欲しいものです😅

f:id:sc_toy:20220123223700j:plain

Pretty Holic プリティアップリップ キュアサマー&キュアプレシャス スペシャルver. BANDAI 2022年1月22日発売 1,188円(税込)

本品はPretty Holicのバトンタッチ的な商品で、サマーとプレシャスのイラストが描かれています。
中央のハートのラインストーンがクリアカラーで、キュアサマーっぽさを感じますね。
よく見ると、トロプリのリップと異なりリボンのタレ部分まで造形されています。
『キュアサマーとキュアプレシャスをイメージしたリミテッドピンク22がほんのり色づく』
『パール感のあるリミテッドピンク22色♡』という事ですが
22色のピンクが配合されてるって事?よく分かりませんが、初回生産限定品らしいのでとりあえず購入しておきました。

来期のプリキュア「デリシャスパーティプリキュア」ことデパプリが1月9日にお披露目されました。
今年は年越しての発表だったので例年より遅めでしたね。
デパプリはコスチュームのデザイン・絵柄のタッチがめちゃくちゃ可愛いです!
そしてPretty Holic が2年目も続投!これが自分的には一番サプライズでした。
勢いに任せてこのリップを予約してしまう程に😅

本品をPretty Holicのバトンタッチと書きましたが、今年のバトンタッチアイテムってPretty Holicだけなの?
トロプリのロコモコレシピッピとか登場しないの?😅
だとしたら、例年と流れが変わってきていますね。
デパプリの玩具、半導体が不足しているので番組開始と同時に発売できるか心配しておりましたが
相変わらず予想の斜め上を行くような商品展開がお披露目され一安心☺

デパプリの玩具最高に可愛い!ウォッチも買うし、レシピッピ集めに燃えるぞー!って方は以下は読まないように😓


ここは90年代の魔女っ子玩具好きの管理人が運営しているブログである事を念頭に置いて欲しいのですが


デパプリのなりきり玩具
微妙~~~~ッッ!!!


っていうのが率直な感想です😅

半導体が不足しているから仕方がないとはいえ、妖精のマスコットで変身かぁ…😩
腹にあるボタンを押すと変身モード作動・振動センサー認識で変身に進むというギミックで
光らないし収集アイテムと連動しないみたいです。
妖精キャラ自体は可愛いですが、玩具製品として例年に比べかなり簡略化されたなぁという印象。
今までステッキなどの武器アイテムが連動しない事は有りましたが変身アイテムが連動しないのって、この商法が始まって初…?
(収集アイテム商法が始まったのはハートキャッチのこころの種からだと思います。)
この簡略化された変身妖精ぬいぐるみを3種類も出すんだから商魂たくまし過ぎて関心してしまいます。
製品画像が解禁されていないコーヒープレス型銃みたいなおもちゃも買わない予感😅
現代キッズにはあの銃型玩具が魅力的に見えるのかな。
いち古参玩具オタは全くときめかない😅
続いて、収集アイテムが専用の立体物ではなくQRが貼ってある小物みたいになってしまった事も残念です。
これだと収集アイテムが立体物である必要性が皆無ですよね?💦極論、紙でも可能な訳で。
ハートキュアウォッチ自体が画面内での遊びが本体みたいな商品なので、
造形にこだわってるミニチャームコレクションにラインナップ されている事も何だかなぁって感じ。
これなら黄色い星の部分をメッキにしたスターカラーペンダントやメッキのプリンセスパフュームの方が良かったかも。
グラスも製作途中品かと思っちゃう程真っ白だし😩
私のような面倒くさい古参魔女っ子おもちゃファンは購買層から完全に外された感が否めません😅
では、いち面倒くさい古参魔女っ子おもちゃファン的にどんなデザインが良かったのか
妄想を膨らませてお絵描きしてみました。

f:id:sc_toy:20220122183328p:plain
…こんな感じ…?
最近のプリキュア感を損なわないようにトロプリの玩具写真を参考にしながらデザインしてみました😂
コンパクトの上にパーツをセットするのは鬼滅の刃のコンパクトが参考元です。
冷静に考えてみるとクリスタルってミライクリスタルで使っちゃってるから無理だし、コンパクト型続投もありえないですね😂
コンパクト型ではなくパフューム型かペンダント型で考えれば良かった…😂


色々とギャーギャー申しておりますが
プリキュアの大部分を占める消費者層はキッズなので、キッズが喜んでくれたら全く問題無いとは思います。
妖精型玩具、毎年キッズに人気だし。
でもいち玩具オタとしては、あの可愛いキャラクター達が可愛いアイテムを持って戦って欲しかったと思ってます。。
絵のタッチもコスチュームのデザインも好みなので変身ヒロインもの作品としては凄く楽しみですが
玩具に関してはすでに2023年のプリキュアに期待してます😂
半導体不足が続くなら2023年のプリキュアも微妙になりそう…

 

なりきり玩具は微妙ですけど、新しいPretty Holic超かわいいい~~~~ッッ!!😍😍
大人の可愛い玩具好きはこっちをどうぞ、ってバンダイから声が聞こえた気がした😂
今年も気に入ったPretty Holicは集めていこうと思います。


Pretty Holic プリティアップリップ キュアサマー&キュアコーラルと2021年まとめ

f:id:sc_toy:20210609114711j:plain

Pretty Holic プリティアップリップ キュアサマー BANDAI 2021年02月27日発売 1,188円(税込)
Pretty Holic プリティアップリップ キュアコーラル BANDAI 2021年02月27日発売 1,188円(税込)

そろそろクライマックスが近づいている予感なトロピカルージュプリキュアより
プリティアップリップを紹介致します。
こちらはプリキュア初のコスメブランド「Pretty Holic」より展開されているアイテムで
よくあるプリキュアのイラストがプリントしてあるキッズコスメ系グッズとは一線を画すアイテムです。
作中にも登場したり「Pretty Holic」単体でCMが放送されていたり、BANDAIがかなり力を入れている事が伺えます。

 本体はこちら

f:id:sc_toy:20210609114714j:plain
王道の可愛らしいデザインのリップです。
プリキュア玩具にありがちな異形ともとれる斬新すぎる形状や、ゴテゴテしすぎる特有のクセが無く
いにしえの老害玩具オタにも響きやすいアイテムだと感じました。
作中だとこのリップが攻撃アイテムであるハートルージュロッドに変化します。

f:id:sc_toy:20210610082717j:plain
リップ本体はこんな感じ。コーラル版は紫。
あんまり色は付かないので唇が乾燥したら塗布するのはもちろん、口紅の下地に使ったりも出来そうです。
キャラごとに色が違っていて、サマーはピンクでフラミンゴは赤、パパイアは黄色でラメールは水色です。
CMでは塗ったらツヤっと色付いているんですけど、実際試すとCM通りにはなりません😓
多少はみ出しても目立たないし、これならキッズメイクにぴったりだと思いました。


プリンセスパフュームとかココロパフュームとかプレバンで本物の香水化しないかなー…
歴代のコスメ型アイテムを本物のコスメとしてPretty Holicから展開して欲しいなーとか考えておりましたが
携帯電話型変身アイテムのリップバームが発売されただけでその後歴代プリキュアアイテムのコスメ化はありませんでした😂
販売数が期待値に届かなかったんだろうけど、コスメと親和性ゼロの携帯電話型アイテムで売上図られても…😅


このプリティアップリップ、発売当初は売り切れてしまう程大人気でなかなか購入できませんでした。
食玩とかガチャは除き、玩具売り場で購入するタイプのプリキュアアイテムで発売直後に売り切れたのって超久々な気がします。
最近の女児玩具はメインアイテムが水色だったり、変形したり合体したり仮面ライダーの玩具みたいな音声が流れたりと
男児向け玩具風に傾倒している中このようにド直球な女性的アイテムが売り切れる程の人気を博していたのは感慨深いです。
玩具会社が女の子向け・男の子向けの表記を無くしたみたいで、それはとても素晴らしい事だと思います。
私的にコスメやピンクのキラキラ魔法のコンパクトを男性(男児)が欲しがっても良いと思うし
逆に合体ロボや怪獣ソフビや変身ベルトを女性(女児)が欲しても良いと思っています。
玩具自体が、女性の為でも男性の為でもなく性別関係無しに「好きな人の為」に存在するべきだと考えております。
つまり変わるべきは異性向けの玩具を欲しがったら『変わった子』と見なしてしまう人間の「認識だけ」であり
玩具自体を変える事ってちょっとズレてると感じております。

対象年齢が6歳以上という点も今までのプリキュアアイテムとは異なっていますね。
大体が対象年齢3歳以上なので。
プリキュアって未就学児が理解できるか不明な難解なテーマや社会問題に切り込んだりする事もあり
小学生程度の理解力が必要なのではと感じる事も多いです。
ライバルのガールズ戦士シリーズを見ていると本来の対象年齢が未就学児の番組ってこうだよなぁと気付かされます。
プリキュアを一番楽しんで観れる層って年下の妹弟に合わせて
半ば強制的に視聴させられている小学校1~3、4年生の層な気がする😓
なので一部商品の対象年齢を上げた事も成功していると思いました。
以上プリティアップリップでした。

 

 

以下は2021年まとめです。



今年も更新回数が少なくて申し訳ございませんでした😅
去年より設けた個人的に今年一番良かった玩具を発表させて頂きます!
玩具ブロガーの私が選ぶ2021年マイベスト玩具は




 

 

 

f:id:sc_toy:20211229095016p:plain

ミュークルレインボウです!
…まだ紹介していない玩具ですみません。
現在品薄みたいで高騰してしまっているので紹介は少し後に回そうと思います。
ミュークル2期が終了するまでには紹介したいです。

2021年印象に残った事は
マジョカアイリスが電子部品界隈で人気を博した事です。

sc-toy.hatenablog.com細長い液晶が採取できるそうです。
純粋なマジマジョファン・玩具ファン以外からの注目ってどうなんだ😅と思いましたが
転売屋みたいに本来の需要層からの購買の邪魔になっている訳ではないし
余り過ぎてる在庫も省けてこれはこれで良かったのではないでしょうか。
それでもまだ山の様に在庫あるので一体どれだけ大量に作ったんだろうと。。
ミラちゅー後半人気爆上がりで12月から品切れした玩具を再生産せずアイリス生産に全力を尽くしていたんだろうな😩
結果ミラちゅー玩具はプレ値化するしアイリス3年経っても在庫過剰だしマジで采配を間違えたよなぁと…😞

それと、K-POP界隈ではラブパトウィングが流行したようです。

sc-toy.hatenablog.com本来ならラブパトカードをセットインしバーコード読み取りして楽しむのですが
推しのトレカをセットインして扇状に変形させ楽しむ謎の遊びに使用されているようです😂
今年は本来の需要層とは違った方面から注目された事が新鮮で印象深い出来事になりました。

ネガティブな方面で印象に残った事はキラパワタクトとキラパワルミナの発売が中止になった事。
キラパワでガールズ戦士が5周年を迎えるのでアニバーサリーアイテムとして企画されていたのに
予約を募っている段階でいきなり理由も述べられずに発売中止に…😩
ファンの間で囁かれている発売中止理由は半導体が不足しているから、というもの。
この説は濃厚で、玩具業界どころか製造系全体的に半導体が不足していて苦境に立たされているそうです。
それでも発売予定日より遅れてもいいから発売して欲しかったです。
ミラちゅー、マジマジョの記念アイテムは発売せずファントミだけ「キラパワトリック」が発売しました。
ファントミは大好きなんですけど、公式が作品に優劣つけているみたいで残念です。
ミラちゅーから応援しているファンの一人として悲しかったです。
ただ、タカラトミーは前科があってダイの大冒険の一部玩具や刀剣乱舞のドールも過去に発売中止にしているので
無責任に発表だけしておいて予約数で本当に発売するか様子見しているフシもあり不信感が拭えません🙄
もうタカラトミー社製品を予約買いするの辞めようと思いました😩
無事に発売したものだけを買う事にします。


玩具展開に関して思うところはありますが、キラパワ自体は毎週楽しく視聴させて頂いております。
ミラちゅーに次いでストーリーが面白く、飽きさせない工夫を感じます。
f:id:sc_toy:20211230111527j:plain
キラリの髪型が今までのピンクみたいにツインテールではなかった事が衝撃でしたが
彼女のキャラクター的にオールバックの天辺結びが確かに似合っていて今ではしっくりきています。
底抜けに明るく直球な性格は物語を動かす主人公としてとても合っていると思います。
ファントミとラブパトは敵がコメディタッチで描かれていたのに対し
キラパワは敵側がシリアスで悪意や敵意が明確に描かれている点が良いと感じました。
敵が強くないと応援する意味無いですし😅
敵サイドに怖いボスが居て、味方サイドにも女王様が居るという構図も原点回帰しているようでミラちゅーファンとして嬉しいです。
ヤミジロウとヤミサブロウの兄弟のお話とか、敵側にもストーリーがある点も良いです。
惜しい点はキラパワ4人の魅力をもっと知りたいのに彼女達の日常生活がほとんど描かれておらず
普段どんな子なのかよく分からない所です。
普通の女の子が変身して強いから変身ヒロインものって面白いのであって
キラパワの変身前は「普通の女の子」ではなく「まだ変身していない状態のキラパワ」でしか無いです。
ガールズ戦士が一番刺さる層ってあくまで3~5歳くらいの女児であるべきだと思っています。
大人目線では良い点も、女児が観てどう思うんだろうと思う所も何点かあります。
ヤミジロウとヤミサブロウの兄弟話、大人としてはいたく感動したし、ヤミサブロウの迫真の演技は最高でした。
でも父親と同い年位の男性達による兄弟愛のドラマ、何週にもわたって描いて果たして女児が面白いのか多少疑問に思います😅
放送当初から根本的な疑問に思っているのは、現代の3~5歳くらいの女児ってドラクエとかのRPGゲームをプレイしてるの?って事😅
勇者、バトルマスター、癒し手、クエストなどのRPGな要素や単語が
ターゲット層である女児が理解し楽しめているのか謎なんですけどどうなんでしょうか😂
玩具誌によるとキラパワチェンジは例年から順位を落として初登場64位だったそうで…
玩具の売り上げ不振要因は作品云々ではなくコロナで集客イベント出来ない事と、去年の玩具の初期不良騒動も一因だと思います。
初期不良は無いとはいえ、去年と同じコードの読み取り式を続けた事も首をかしげてしまいます。
去年の二の舞になりたくない女児には選ばれにくそう😞
ガールズ戦士にはシリーズとして長く続けて欲しいから博打的に奇をてらった事をせず定石を踏んで欲しいです。
東映不思議コメディーシリーズ」の元祖女児向け特撮シリーズは6年間続いたので
ぜひガールズ戦士にも頑張って欲しい所です。


来年も半導体不足引きずるだろうし玩具オタ的にはあんまり期待出来ない一年になりそうな予感しかしません😓
現段階で気になっている事は声優アイドルの引き立て役みたいな使われ方している東京ミュウミュウ
子供向けに展開し玩具が発売するかどうかです。
ミュークルの実写回キャスト二人の動画にミュウミュウ声優アイドルがゲスト出演したので
子供向けに展開する確率も1%位は残ってそうな気も…

ミュークル3期は有るのかって事も気になります。。

来年はアイドルランドプリパラも楽しみです!

f:id:sc_toy:20211230111642j:plain
連動アニメ内ではマイクと鍵がキーアイテムとして扱われていました。
アプリ主体だと玩具化は厳しそうですがもし玩具化したら絶対欲しい🥰


…長くなりました…。ぼやきはこの辺にしておこうと思います。
来年もマイペース更新になりそうですがよろしくお願いします。
虎にまつわる女児向け玩具が思い付かないので
来年は干支玩具更新は無しです😂

ドリーミーコンパス

f:id:sc_toy:20211210212841j:plain

ドリーミーコンパス メガハウス 2021年10月17日発売 4,378円(税込)

こちらはミュークルドリーミー2期のアイテムです。
変身してユメシンクロしたり、探し物の探知する役割があります。
作中で登場後半年でようやく発売となりました。
注目すべきは発売元がメガハウスである点です😂
ミュークルの玩具はアガツマが発売していたのに2期目のアイテムからは
フックトイを中心に展開するメガハウスに変更になりました😓
何故このように変更になったのかの考察は後述させて頂きます。

玩具本体はこちら

f:id:sc_toy:20211210212839j:plain
デザインなら2021年発売玩具の中でもトップクラスに好きです!
作中の作画や立体モデルから省略されずそのままの形でリリースされて良かったです…!
本体のデザインと箱のデザインがとにかく可愛いという事がこのドリーミーコンパスの価値の大部分を占めていると思う😂

立体的な角度で見るとこんな感じです。

f:id:sc_toy:20211210212836j:plain
予想していたより分厚くて結構なギミックが搭載されていそうですけどそんな事はありません😅
このドリーミーコンパス、「本体はめちゃくちゃ可愛いけど現代の基準ではギミックが微妙」これに尽きます。

どれみ位の年代の玩具だとピカピカ光って鳴るだけで充分だったのですが現代基準だと物足りない印象でした。
ユメシンクロのなりきりモードを発動した時の光り方がこちら。

f:id:sc_toy:20211210212831g:plain
上部がピンクでピカピカ光るだけ。
作品が忠実に再現されていますが、BGMは豪華さに比べて光り方がしょぼい😂
↓おしゃべりモードの方が光り方が豪華😂どうなのこれ…

f:id:sc_toy:20211210212826g:plain
発売元がアガツマだった場合、上部のピンクの星の所がクリアパーツだったと思うし
羽も作中みたいに光ったんだろうな…と。

f:id:sc_toy:20211211111309g:plain
発光のエフェクト自体もアガツマの方が良かったと感じてしまいました…。。

文字盤の模様が印刷で表現されている点が安っぽいプリントアイテム感が出てしまい勿体ないと思いました。

f:id:sc_toy:20211213110545p:plain

星形やしずく型の宝石もプリントで表現されています。
玩具の醍醐味である立体感や電動ギミックで表現して欲しかったです。
宝石はクリアパーツ、文字盤の虹色はアイドルウォッチみたいに光って欲しかったです😞

f:id:sc_toy:20211211110802g:plain
あと箱にコンパスの針がクルクルまわる★と書いてありますが

f:id:sc_toy:20211210212844j:plain
手動です。

f:id:sc_toy:20211210212851g:plain
まわる★ではなく、まわせるよ★の方が正しいかも…😓
コンパスにおいて肝である針がギミックに関係していない点も残念でした。
針の指す位置で喋るキャラが違うとか、針の回転で発光してSEが鳴るとか
色々あると思うのですが…
針の中央も水色のラインストーンから乳白色のボタンみたいな造形に変更されてしまいました。

本体裏側

f:id:sc_toy:20211210212848j:plain
電池蓋のデザインが可愛かったです。
↓コンパクトと同じデザインが共通規格っぽくて好きです

f:id:sc_toy:20211213110851p:plain

本体のデザイン自体が可愛いさとギミックのクオリティが釣り合っていない気がします。
ただ、本品が無事発売されただけで良かったと思います。

以下は『ミュークルドリーミー』についてとアガツマメガハウスになった事の考察です。

f:id:sc_toy:20210729172057j:plain
2020年の4月からスタートしたサンリオのアニメ・ミュークルドリーミー。
プロットやお話の構成はほぼ『おねがいマイメロディです。
正確には毒気や起伏が抜け、安心して視聴できるおねがいマイメロディといったところ。
マイメロディは欠かさず全話は観ていないんですが、たまに観ていて
サンタクロースがすっ裸でバイオリン弾いてる狂気じみた絵面が鮮烈に記憶に残ってます(白目)

www.google.com

ミュークルは全体的にほんわかしてファンシーな空気が漂う作品です。
悪の女王様が悪さをしていた原因が作り途中のたくあんを勝手に捨てられたからって所はちょっと狂っていましたが
基本的には、日常に少しおかしな事が起こり、マスコットと一緒に不思議な力で解決するというお決まり展開が一年間続きました。
しかし玩具展開は徐機を逸しており、まともだったのは一期目開始時にステッキとコンパクトが発売したところだけ。
その後は毎週集まるストーンを収納する「ドリーミーボックス」が発売せず
夏にはなぜかお邪魔キャラである「ゆに様」のグッズを大量連発。
作中でゆに様が子供に人気になるようなエピソードは一切無く、ひたすら一般人を闇落ちさせる役目は変わりませんでした。
さらに、これは悪手だと思うのですがスタート時に発売したステッキとコンパクトに
新しくストーンを追加したセットをクリスマス商戦で発売しました。。
プリティーシリーズでも似たよな事やってますが、さすがに色を変えたり多少仕様変更しています。
キッズにとっては貴重なクリスマスプレゼント権。
すでにコンパクトかステッキを所持しているキッズはこのセットはまず購入しないでしょう😩
もう一つのクリスマス商戦系アイテムとして空の上のお城(一期目ではあんまりいかない場所)のハウス系玩具も発売しました。
そして後半毎週バンクで登場していた「ドリーミーボックス」が発売しないまま1期目がラストに差し掛かった時
2期のメインアイテムが1期目のうちにパワーアップアイテムとして登場。
で、2期目内で発売する玩具は、発売元がアガツマからメガハウスに変更されました。
同シリーズにおいてメインの玩具会社が変更になった事って今までのありましたっけ?😅
どのような内部事情があったかは定かではありませんが
1期目でアガツマが発売した玩具売上が好調なら2期目もそのままアガツマが開発・発売すると思う。
…という事は…良い数字が出なかったんだろうと思うのです。
それを裏付けるように、ディスカウント店にてミュークルの玩具が半値以下で流れてきていました。
この結果を残念に思うほど番組内でバシバシと玩具販促していたかというとそんな事もなくて
ステッキとコンパクトを使用する「ユメシンクロ」をしない回もあったりしました。
とにかく謎すぎる商品展開を繰り広げているミュークルドリーミー。
何故こんな謎展開をしているのか妄想・考察してみます。
f:id:sc_toy:20200412103211j:plain


恐らくステッキとコンパクトのセット販売はする予定は無く
本来はドリーミーボックスを発売するつもりだったのでは、と思います。
何故かというと既に書いた通りステッキかコンパクトを購入済みのキッズはこのセットを絶対買わないからです。
さらに『後々もっといいやつが出る』という状態を作るのは「次に出すアイテムの初動が鈍るリスク」を作ってしまいます。
商品の売上において初動がとにかく大切で初動の数字で今後増産するかどうかを決める程です。


で、何故にドリーミーボックスが発売出来なかったのかというと売上云々ではなくコロナが原因だと思います。
先に発売したステッキとコンパクトやゆに様グッズが売れなかったからこれ以上投資出来ず…という訳ではなくて。
競合他社であるタカラトミーがコロナで中国の工場が稼働せず生産の目途が立たないという記事を目にしました。
アガツマでも似たような事が起こっていたのではないでしょうか。
さすがに4月と8月の売上を鑑みて10月に発売する玩具をどうするか決める事はスケジュール的に絶対無理だと思います。

玩具って1年前から発売に伴う企画・製造等の準備をしているので
■2020年4月に番組開始と同時に発売するステッキコンパクト→2019年内後半頃には工場に頼んでる
■夏頃に発売するゆに様グッズ→上記のアイテムの製造が終わったら続けて製造
■クリスマスに発売する玩具→2019年終盤~2020年初旬、コロナ禍に差し掛かり一部商品が工場に頼めない
その「一部商品」こそがドリーミーボックスだったのではと思います。
同じクリスマス商戦アイテムの『空のお城』はドールが別売りになっていて
コレがポシャったら先に発売するドールの発売にも影響してしまうので
空のお城は必ず発売させなくてはいけない物だったと考えられます。
なりきり玩具で1万円程度のクリスマス商戦アイテムが発売できないので
先に発売していたコンパクトとステッキをセット発売したのではないでしょうか。

f:id:sc_toy:20211020183612j:plain
ここからも引き続き勝手な憶測ですが、1期目は思った様に展開出来なかったので
2期目こそ!と意気込んで早々にレインボウを製造したけど
その頃には今まで発売していたミュークルの玩具の成績が全く期待値に届いていないという結果が出てしまっていて
同タイトルの2期目に玩具を発売し続けでも採算取る事が難しいし、現段階で出た赤字の補填をしなくては、という事で
ミュークル2期内に登場する玩具の商品化許諾権を他社(メガハウス)に売却。
これによって既に製造済だったレインボウを2期目内に登場させる事が出来なくなり1期目から無理やり登場。

アガツマが手を引いたことにより当初玩具化予定だったと思われる「ミュークルスター」が作中でほぼ空気化
一応毎週出てるけどコンパス起動時にかざされるだけで作中活躍ゼロ。
あとちあちゃんの育成要素も空気化されてません?😓
アガツマだったらギミック付のチアちゃんお世話ぬいぐるみやお世話セットが発売していたんだろうなと思います。
サンリオから申し訳程度のギミック無しのぬいぐるみしか出なかったので
せっかくの新キャラなのに推されてない感が伝わってしまいます😓

2期目玩具を展開するメガハウスは基本的にフックトイを中心に展開している会社で
DXなりきり玩具を第一線で企画開発及び発売している会社ではありません。
メガハウス社の商品のラインナップを見る限り複雑な電動ギミックを搭載している製品はほとんど無いのです。
玩具の開発と製造なんて大体がメーカーの下請けが担っているので
メガハウス(メーカー側)が「アガツマ社が発売したものに劣らないギミックを!」と下請けに開発依頼していれば
作中のようにミュークルスターと連動して起動したり羽が発光するギミック再現も可能だったと思います。
しかしミュークルは最初から採算をとる事が難しいという形で譲り受けたタイトルだったので
開発に予算を割く気は更々無かったと推察されます。
本記事でコンパスのギミックは微妙とまとめましたが、その原因はこのようなものだったと勝手に予想しています。

もう少し具体的な考察だと
アガツマが下請に依頼して製作途中だったコンパスの発売権が別会社(メガハウス)に移って
別会社(メガハウス)によってギミックを大幅に簡略化しコストを落として発売に至った。
f:id:sc_toy:20211213110545p:plain
元々針の真ん中は水色のラインストーン型のギミック付のボタンだったけど、コストカットの際に外されて
乳白色の押せないボタンみたいなのに変更された。とか?🤔

以上、私が勝手に妄想しているだけのミュークルドリーミー玩具展開が常軌を逸している理由でした。

同じくメガハウス製のチアふるステッキは、スタプリの「トゥインクルステッキ」にそっくり。
ギミックはカラフルに発光するのみでスピーカーすら搭載されておりません。
このように超シンプルなギミックの商品が令和のなりきり玩具の第一線で発売される事もある意味貴重です。
なりきり玩具で1期目と2期目で違うメーカーから商品展開される前例が思い付かないので
コンパスとチアふるステッキは存在自体が稀有だと思います。


本来ならとっくの昔に購入済みだったレインボウの紹介を先に済ませたい所でしたが
クリスマス前という事もあり(?)謎に高騰しているので今の所も通常価格で購入できるコンパスを先に紹介してみました。