sweet candy 魔女っ子おもちゃ ブログ

可愛いと思った魔女っ子おもちゃを紹介していくブログです。ブログ内の全画像の無断転載禁止。

SC

Pretty Memories ふたりはプリキュア Max Heart タッチコミューン&プリティチャームコスメ シャイニールミナス


Pretty Memories ふたりはプリキュア Max Heart タッチコミューン BANDAI 2024年3月25日発送  7,678円(税込)

プリキュアの大人向けなりきり玩具ライン「Pretty Memories」第二弾タッチコミューンを紹介致します。
こちらは初代ふたりはプリキュアの2期目であるMax Heartから登場したキャラクター「シャイニールミナス」の変身アイテムで
妖精キャラであるポルンが変身した姿でもあります。


こちらが本体。


パッと見当時のタッチコミューンとあんまり変化無いように見えますね。
ミントカラーの塗装は当時の玩具と異なりパール塗装っぽく塗られてるように思いました。
一応当時の玩具は所持しており、格納庫奥地に収納してしまった為取り出して比較する事が困難となっております😅

アイテムの名前のコミューンって、フランス語で共通とか共同って意味らしく「パクト」の名は付いていないのですが
プリキュアシリーズにおいて紛れもなく初のコンパクト型アイテムだよなぁ…。
プリキュアシリーズって当初「それまでの美少女戦隊作品との決別」みたいなスタンスをとっていて
コンパクトやステッキは無し、ドラゴンボールみたいに戦う新時代の女児向作品!みたいな売り込みだったので
(当時のアニメ誌にそんな事書かれてた記憶…)
これをコンパクトという名目で売れなかったのかな…と😅
作中でもコスメとして描かれて無かったので、形状はコンパクトでも扱いは別という位置づけなんですよね。

エンブレムがメッキで高級感あります…!

ハートのボタンが付いており、ここを押す事で開閉します。


当時の玩具と同じくポルンのフェイスパーツが存在感を放ちまくっています。


当時、初代カードコミューンには妖精顔パーツが付属しておりましたが
翌年Max Heartハートフルコミューンは妖精の顔パーツがリストラされてしまったので
その分タッチコミューンは妖精成分が強めですね。

フェイスパーツは柔らかく、シリコン素材のようなぷにぷに感があります。
当時品と似ていますが、造形は一新されていてシリコンの質感はマットになり、顔プリントがより作画に近いものになりました。
このフェイスパーツ自体がスイッチになっており
左耳・顔・右耳・そして王冠部分の手かざしセンサーで操作します。
おしゃべりモードでポルン&ひかりとおしゃべりしたり
変身やハーティエルアクションなりきり遊びができたり
主題歌のMax Heartバージョンも収録されています。


おしゃべり中や楽曲中に手かざしすると、このように王冠が発光します。


手かざしセンサーの反応というか感度がイマイチで
私の個体だと夜間照明下では手をかざさなくても、ずっと反応してしまいます😅
で、なりきりモードのハーティエルアクションを連発してる…😓
関節照明つけたり昼間だと動作に問題ありません。
明るさに対応するタイプの遮光センサーで薄暗い=ずっと手をかざしてると認識されてしまうようです。
この個体が不良品で、他の個体だと夜間照明下でも問題無く動作するんでしょうか?
1つしか購入しておらず比較不可能だし、一応動作はするのでま、いっかって感じですけど😅
大人向けアイテムなんだしもう少し良い性能のセンサー付けて欲しかったと思いました😓

裏面。


スピーカー穴にエンブレムのレリーフが施されています。


以上タッチコミューンでした。
センサー感度がイマイチでしたが全体的な出来やその他のギミックには特に不満点無く
当時の玩具のリメイクとしても、シャイニールミナスのファンアイテムとしても価値ある一品だと思いました。
シリコンも加水分解が起こるので、いつかポルンのフェイスパーツをベタベタになっちゃうのでしょうか😅

当記事執筆時、Pretty Memoriesタッチコミューンは2次予約受付中なので
欲しい方はお急ぎくださーい🥳


続いて、Pretty Memoriesタッチコミューンと同時に予約が開始されたアイテムの紹介です。


プリキュア プリティチャームコスメ シャイニールミナス BANDAI  2024年3月25日発送  2,530円(税込)

変身アイテムをミニサイズチャーム化し部分的にメッキ塗装&コスメアイテム化するシリーズである
「プリティチャームコスメ」より、タッチコミューンも発売しました。
お披露目と予約開始がPretty Memoriesタッチコミューンと同時だったので
シャイニールミナス推しの方は大興奮な告知だったのではないでしょうか😄
箱のイラストが可愛いです。

こちらが本体


メッキ最高~~ッ!!
そしてめっちゃチェーンが絡んでしまってる😂
これ見ちゃうとPretty Memories版でもエンブレム以外のゴールド箇所全部メッキにして欲しかったように思っちゃいます~😂


仕上がりが全体的にツヤっとしててとても綺麗です。


開くと


ポルン型に緑色のバームが入っています。
ミントをイメージした爽やかな香りだそうです。
よく見ると、タッチコミューンと同じ王冠のレリーフの造形が有りますね。
元アイテムをリスペクトしている事が伺えます。


このシリーズを集めてる人やシャイニールミナスのファンにはオススメできる1品だと思います。
以上、タッチコミューン2品の紹介でした!

以前にも書きましたがキュアモ型のプリティチャームコスメが
「Pretty Holic Luxe」シリーズの一つとして存在していたので、Pretty Memoriesキュアモの予約と共に再販されるかなーと思っていたのに
結局ありませんでした😅
プリティチャームコスメ シリーズこれにて打ち切りなんでしょうか?😂

sc-toy.hatenablog.com

私的にはコミューンやデバイス型のアイテムを無理やりコスメ化したようなものも可愛いのですが
折角ならココロパフュームやスマイルパクトなどのコスメ型アイテムのコスメ化して欲しいので
是非このメッキコスメシリーズには続いて欲しい~!
本当はおもちゃで欲しいけど、Pretty Memoriesはエンブレムの箇所しかメッキ加工していないので
ゴールド部分を豪華に全てメッキ化するのってコスメシリーズだけでしょ?😅
スマイルパクトは当時メッキのコスメが出たんですけど塗装ゼロで、全面のピンクメッキをシワ加工させた謎仕様だったので
いつか食玩のミニチャームコレクションをそのまま大きくしたようなコスメ型アイテムの商品化を期待したいです😄

 

 



以下第一弾カードコミューンをすっ飛ばした理由兼戯言です~😅


 Pretty Memories第一弾カードコミューンの紹介をすっ飛ばしている理由は
6年前に発売した大人向け完全版カードコミューン「15th Anniversary Edition」の下位互換みたいなアイテムだったからです。
後発の商品…、つまり、たたき台があった上で、なおかつ大人向けアイテムで
シリーズ展開記念すべき第一弾としての商品開発なんだから上位互換であって欲しかった😅
これは15th版を購入した玩具オタの戯言であり実際はコスト面でかなり苦慮したんだろうとは思います。
Pretty Memoriesで展開する3商品、今のところ一律7,678円なのでここは統一していると考えられます。
Pretty Memoriesは15th版より1,000円程度安く設定されているんですね。
そして現在未曽有の円安により外国の工場で作って持って来る、それだけで凄まじいコストが発生してしまいます。
なので15th版よりコスト掛けて安く売らなくてはならない無理のある状態だったので
下位互換にせざる負えない状態だったのではないかと思います。
15th版は送料入れると9,000円…つまり1万円の大台目前みたいな箱物アイテム価格だったので
ライト層には手を出しにくく、数も想定以下だったのではないでしょうか。
7,678円(税抜6,980円)は箱物ではなく、プリキュア新シリーズ放送開始に発売する変身アイテムDXセット程度の価格帯なので
幾分手を出しやすく、これが功を奏したようでPretty Memoriesカードコミューンは1次受注が早期に終わったり
現物のポップアップストアであるなりきりワールド東京会場では売り切れていて、15th版よりも人気アイテムになったように見えます。
この状態を玩具オタが取り上げて下位互換云々と忌憚無きレビューするのもお門違いかなと考えています。
なので、Pretty Memoriesシリーズの総決算として忘れた頃にレビューするかもしれません。
これだけ先に言わせて頂きたいのはPVC素材って経年劣化でベタベタになるので
頬を光らせるギミックを削減したのなら妖精顔パーツはABS素材にして欲しかった😅
という事です。
これは暗所保管系コレクターの戯言で、何年も先の事なんてどうでも良いと考える方が大半ですよね😓
15thを購入しておらず、PVCとかABSとかこだわり無い初代ファンにとっては素晴らしいファンアイテムだと思います。

今プレバンで再販の受注受付中なので定価で購入できる内に欲しい方は是非~

 

 


 

2024.05.07追記
この記事更新した翌日、かなりの閲覧数を頂き、はてなの注目記事に掲載されました!

 


女児玩具の注目度を上げたいと考えているので嬉しい限りです。
ありがとうございます!!🥳

パムポップンセット -クリィミーカラーver.-


パムポップンセット -クリィミーカラーver.-   BANDAI 2024年3月15日発送 5,940円(税込)

魔法の天使クリィミーマミのコンパクトとステッキとルミナスターのミニ立体造形物がセットになりました。
5年前、いち早くステッキやルミナスターの立体化をやってくれたBANDAIのガシャデパですが
まさかの総メッキ化されており、自分的にはネオンバージョンという位置づけになっております。
箱のデザインも夜っぽいデザイン。

sc-toy.hatenablog.comで、これが5年前に筋金入りのマミファンからブーイングが起こり
そこからマミアイテムの立体物は4年後にスペメモのコンパクトが出るまで
バンダイからはほとんどリリースされていなかったのですが
2023年はマミの40周年イヤーという事で、同造形・同スケールで作中の色に合わせた
クリィミーカラーverが発売される事になりました。
ステッキと予約期間が被っており「ギミック付のステッキが発売されるならこっちは買わなかった💢」って状態にならないよう
配慮されていました。バンダイにしてはとても良心的😲

箱を開くと美麗なマミのイラストがお目見え。


このイラスト、放送終了後に描き直されたものでしょうか?
タッチや描きこみが作中と異なって見えるのですが😅
とても可愛いんだけど、私的にはアニメのタッチと同じイラストの方が嬉しかったかなと思いました。



毎度前置き長いですがこちらが本体。


…あれ、思ってたより可愛いぞ👀
こちらが予約時に公開された写真↓

予約段階ではもっと当時の玩具に近い薄ピンクを基調とした雰囲気が打ち出されていたのに
実物はサンプル写真程色が薄くありません。
私的には実物の分かりやすいピンクの方がより可愛いと感じたのですが
当時の玩具により近い色合いであったりパステル感に惹かれて購入された方にとっては複雑だっただろうなと感じました😓


当時品のピンクはかなり薄めです。

重要な事なので先に申し伝えておくと
塗装の質は私に届いたものはプレバン史上最悪レベルでした😂あくまでも私に届いた個体での話です!
明るさを上げた写真では分かりにくいかもしれませんが、ハゲてたり埃が混入してたりぼこぼこになってたり
検品が適当すぎる😂と思いました。
同じく購入した友人に聞いてみたところ
彼女の元に届いたものも箱付ガシャポン言ってしまえるレベル質の塗装だったという事なので
どの個体も似たり寄ったりといった所かもしれません。
…と塗装の質はイマイチではありますが、パムポップンセットは
マミのアイテムであるというこの1点に大変な価値があるアイテムだと思っているので
40年の時を経てこの3点セットを立体化してくれた事への感謝の方が塗装の質に勝ってしまいます。
という事でそれぞれの好きな所をピックアップさせていただきます。

ステッキはハートのぷっくり感は素晴らしいです。


初版の総メッキ化版では英字レリーフが施されていていました。


これはこれで記念品感あり別の良さがありましたが
劇中なりきりアイテムとしては改変せずシンプルなまま再現されているのが一番だなーと思いました。

ルミナスターの赤い点は塗装ではなくクリアパーツが良かったかな😅
予算の都合上難しかったのかもしれませんね。


星の表面に膨らみがあり、ドーム状に造形されていた当時の玩具版にこのフォルム感が近いです。
あくまで星のフォルム感だけです。当時玩具はクリア+ラメ素材+顔シール+鈴付きだったので雰囲気は全然異なります。
今予約受付中のスペメモ版は星の表面が平らでより作中に近いものになっています。
総メッキ版だとステッキ同様ハートの箇所がクリアパーツに覆われていて英字レリーフが施されていたのですが


↑こんな感じ
本品だと普通に黄色くベタ塗りされていて劇中に近いものになりました。


まほうのコンパクトは蓋が半透明。
ボタンは押せませんがコロンとしていて可愛いです。

半透明の蓋は開閉可能。


劇中同様ミニ版のステッキが入っています。


塗装に省きが無く素晴らしいです。
初代メッキ版パムポップンのコンパクト内ステッキはこんな感じです。


こちらは塗装は省かれているので今回は頑張ったんだなーと思いました。

メッキ版と同様、中は鏡になっています。




このクリィミーカラーver.には、展示用のパネルが付属しております。
総メッキ版には付属しておりませんでした。
前述した私の数少ない玩具収集家リア友兼マミファンの友人がパネルと一緒に飾ったようなので
頼み込んでお写真頂きました。(私は既にクローゼット奥地に格納しちゃってました😂)


こんな感じになるそうです。
飾る派にとっては嬉しいアイテムなのではないでしょうか。

以上、パムポップンセットでした!
今年はペルシャの40周年イヤーという事で、マミに続きペルシャのアイテムセットは出ないでしょうか!
立体物の展開を期待したいです😄


もうこちらのパムポップンセットの受注は終ってしまっているのですが
ギミック付の豪華なスペメモ版が3種とも、今なら購入可能となっております!!!
4ケタ代のマミのギミック付玩具が3つも予約受付中であるのマジで異常事態
こんな奇跡みたいな時に巡り合えるチャンスはとても貴重だと思います。
長い事玩具オタやってて初めてです。
これを逃して次も受注があるのかどうかも不明なので気になった方は絶対予約購入した方が良いと思います!!

  

Special Memorize おジャ魔女どれみ ペペルトポロン


Special Memorize おジャ魔女どれみ ペペルトポロン BADNDAI 2024年2月14日発送 5,390円(税込)

安ぅ!
今まで似たような値段で小物入れと使用目的の無いコスメ買わされてきたから
ギミック付きでこの値段なのが滅茶苦茶に安く感じる😂
みならいタップと同じフォーマットの箱デザインでコレクター心をくすぐってきます。
玩具オタ大歓喜シリーズSpecial Memorizeよりみならいタップに続きペペルトポロンまでもが発売されました!!!
みならいタップの記事に「願わくばSpecial Memorizeシリーズが続き、ペペルトポロンやクルールポロン、リズムタップ
マミのルミナスター、他の素晴らしい過去作の玩具が再度商品化しますように。」と書いたのですが
リズムタップを除き全部スペメモ化してる🥺✨
このシリーズを推してる皆様も同じ希望をお持ちだったんだなぁ…と嬉しくなりました。
そしてそれを汲み取って商品化に尽力してくれたバンダイの企画様にも大感謝🥺🙏

ペペルトポロンを今更紹介させて頂くと、おジャ魔女どれみの最初のシリーズで最初に手にしたステッキで
いわゆる初期装備品
作中では主人公春風どれみの専用品で、他のメンバーはバトン状であり
はづきはプワプワポロンあいこはポップンポロンと唱える呪文によって名前が異なります。
当時品はステッキ状とバトン状の2本をセットで発売していました。

sc-toy.hatenablog.comその後どれみの妹ぽっぷも魔女見習いになり、ペペルトポロンを使用する事になります。

前置きは長くなりましたがこちらが本体です。


20年越しにペペルトポロンを新品で買えた!!
という喜びが湧きたってきます😭🙏
パッと見た感じ本体は当時品からスケールダウンしただけに見えますね。
…いえ、じっと見ると当時品より小型化した事により密度間が増し、さらにキラっとツヤっとしているように見えます。
当時玩具のサイズから二回りほど小さくなるのは予約段階で分かっており
実際どの位小さいのか少し不安がありましたがステッキ玩具として違和感のない程度の大きさがあり
安心しました😄
魔法玉が当時品と異なり気泡が無く、ビーズというよりガラス玉っぽい質感のものになりました。


ビーズにもなる当時品とはまた違う魅力があり、とっても綺麗です。

ギミックは本体を振ると、当時玩具でも鳴っていた
ペペルトポロンで呪文を唱えている時の魔法発動メロディが鳴ります!!
当時のペペルトポロンには「振る」という動作よって発動するギミックが無かったので
とても新鮮でした。
当時品より音質が進歩し劇中で流れているものがそのまま鳴ってるように聞こえます。

中央のボタンを押すと魔法を放つ時と同じ効果音が鳴ります。
ボタン長押しでマジカルステージの音楽が鳴ります…!
マジカルステージは3人揃ってから解禁された魔法なので、当時のペペルトポロンには搭載されていなかったんですよね。
ペペルトポロンからマジカルステージの音が鳴るのもとても新鮮です。
唯一削減された箇所は魔法発動時の発光ギミックですね。
当時品は効果音と共にココが光ったのですが本品では音声が流れるのみで光りません。


このように当時の玩具は装填部のカバーに丸く穴が空いていて
カバーを閉じた状態でも奥にあるLEDの発光が分かるようになっていました。


スペメモ版はカバーに穴が空いておりません。
魔法玉を入れる時はスペメモ版も発光するので、発光ギミック自体が丸々削れている訳ではありません😓
何故このような仕様なのか勝手に推察させて頂くと
・穴をあけると本物感を損なうから辞めた。
ボタン電池+LEDではカバーを透かして光って見えるための電圧が足らない。
…といった説を考えてみました。
それとも単純にコストカットでしょうか?ただのオタクなので専門的な事は分かりませんが
当時品のようにメッキパーツに丸い穴を空けるのは思いのほかコストが掛かるのかもしれませんね🤔

魔法玉の装填は相変わらず楽しい!

メッキのパーツをクルっと回すと魔法玉を装填する穴はしっかり空いています。
魔法玉を押し込むとステッキに装填される仕組みになっています。
装填時に効果音+発光するギミックがあり楽しいです😄
これは当時品を完璧に再現していると思います。

付属の魔法玉は全部で12個。


こんな感じにブリスターに貼り付いている透明の千歳飴の袋みたいなのに魔法玉がみっちり入っています。


魔法玉は取り出す時はというと…


ここのバーを引くと内部のストッパーが外れ魔法玉を一気に取り出せます。
当時の玩具は魔法玉が足りてない中古品の出回りが多いです😂
みんなこの魔法玉の出し入れギミックで遊びまくったんだろうなぁとしみじみ。

裏側はこんな感じ。


当時の玩具はスイッチのバーが黒かったのですが、本体カラーと同じピンクになりました。

以上、Special Memorize おジャ魔女どれみ ペペルトポロンでした!
みならいタップ予約開始時から自分の中で快進撃が続くスペメモシリーズ初のステッキタイプで
こちらも超絶ときめく一品です。
魔法玉の出し入れなど、当時品の良かった所…というか個性のようなものがしっかり再現されていて
当時の玩具をリスペクトしている事が伝わってきます。
どれみをご存じの方はもちろん、純粋に女児玩具可愛いから収集しているって人にもおすすめです。
今度催されるNARIKIRI WORLD Store Pop UP 2024にて販売されるようなので
気になった方は是非~✨

さて、ペペルトポロンの反響が良かったようで無事にクルールポロンが商品化する運びになったようです…!
現在予約受付中!
クルールポロンはハブられる事も多く😂次の商品化はリズムタップかな~なんて考えていたから
マジで嬉しいです!

sc-toy.hatenablog.comこの記事の文末で復刻を願っていましたが6年越しに実現しました!!
どれみにはコアなファンが多くいらっしゃる事が分かりますね。
超名品クルールポロンが新品で入手出来るチャンスが到来した事を玩具オタとして嬉しく思います…!
ストアに行く電車賃やら時間的拘束を考えると
通販購入が一番確実&手軽&安価なので気になっている方は通販で購入しましょう!

Special Memorize アクアピッチ 七海るちあ

 


Special Memorize アクアピッチ 七海るちあ BANDAI 2024年2月22日発送 4,950円(税込)

かつて大大大好きすぎて、e-pitchマイク購入してリビングのTVで熱唱する程ハマっていた作品「ぴちぴちピッチ」の
変身アイテムが時を越えあの玩具オタ大歓喜シリーズSpecial Memorizeより復刻しました!!!
予約開始されたときこれって夢なの…?と自分の意識の状態を疑ってしまうレベルに嬉しかったです…!!
というのもぴちぴちピッチってタカラから玩具が展開されていて
タカラ肝煎りのカラオケ玩具e-karaとのタイアップしたアニメという事でタカラ色が激しく強めの作品でした。
まさかBANDAIからアクアピッチが出るなんて…!
ピッチ1期放送当時の2003年はナージャ、実写版セーラームーン
ピッチ2期放送当時はふたりはプリキュアCCさくら(再放送)がBANDAIから玩具発売されており
当時2社はバチバチやり合ってました。
BANDAIぴちぴちピッチの玩具という奇跡!!スペメモに乾杯!!!


という事でこちらが本体です。

 


か…だ!!!
まず、外観が当時の玩具よりコロンとしていてめっちゃ貝感強め。


本物っぽさがグッと増して良アレンジだと思いました!
全体的にパール塗装されています。
正にピンクパールボイス!!って掛け声と共に変身するに相応しいアイテムに仕上がっています。


どの角度から見ても可愛いです🥺✨
ちらりと映っている金具は付属しているピンクのネックレス紐を通すための物です。

それではオープン。


個体差なのか、私の個体はちょっとだけ開閉が固い😅
当時の玩具から柄の変更はありませんね。


4つの雫型のストーンが透明感ありとても綺麗です。
ここの箇所は当時品だとパールと同じクリアパーツで造形されておりました。




紋様はしっかりとキラキラ金メッキ仕様です…!


光らせるとこんな感じです。


明るいピンク色に光ります。
LED電球隠しでパールに網目のような模様が施されております。
2003年当時発売されていたアクアピッチコンパクトの廉価版「ミニアクアコンパクト」も
これと同じようにパールが網目仕様になっており更に本体のパール塗装も本品に近いものになっております。
という事で、今回のSpecial Memorize アクアピッチは当時の玩具版と廉価版二つのDNAを引き継いでいるという事になります…!
Xにてレア玩具情報をご提供下さるDreamさんという方のお陰でこの事が分かりました!ありがとうございます🙇🏻‍♀️
ミニアクアコンパクトはめちゃくちゃ貴重な一品でして、廉価版というポジションでありますが
放送当時ですら出回りはあまり多くなかったと思われます。
当時ピッチ大好きでしたが見たこと無かったです。


光り方も強弱付いてて安っぽくありません。


作中と同じ変身メロディ&神挿入歌「Legend of Mermaid」が鳴ります!!!
これ、とても価値がある事です。
何故なら当時の玩具は謎SE(恐らく汎用SE)が鳴る仕様でなりきり度がイマイチだったんですよね😅
プレ値で出回ってる事も有り大きな声では言えませんがこの頃のタカラの玩具って
正規の純正版なのに廉価版みたいなチープ感が漂っている事もしばしば有りました。
恐らく液晶ゲーム版の「アクアピッチペンダント」の方に力を注いでいて
こちらのなりきり版は純廉価版みたいなポジションだったんだろうな~、、と推察。
当時はまだたまごっちブームからの何でも液晶つけちゃえブームから抜け出せずにいて迷走していました😓
ちなみに後期に発売するブレスレットにもなりきり版と液晶版が存在しています。


裏面


スピーカーが貝殻模様で可愛いです😄
裏面も手を抜かず可愛く作ってあり、コレクション品として申し分ないです🥰


発光&音声の作動ボタンは当時品はパール部分を直接押すというものでしたが
Special Memorize版は裏面のスイッチを押すというものです。


私的にはパールを押す方が感覚的な操作が出来る感じで好きでしたが
恐らくこっちの方がコストが掛からないんだろうなぁ…と。
個体差なのか、私の所持しているものはスイッチがちょっと硬いです😅


以上、Special Memorize アクアピッチ 七海るちあでした!
これがずっと欲しかった!!と言えるような素晴らしいアイテムです。
波音とリナのアクアピッチが届くのが更に更に楽しみになりました♪
本品を買い逃がしてしまった方に朗報で、なんとポップアップストアが催されるようで
そこで今までのSpecial Memorize の一部が販売されるそうです!!
数に限りがあるそうですが、このアクアピッチ(ピンク)も販売されるそうですよ。

toy.bandai.co.jp超絶可愛いホームページで最高すぎる🥺✨
キャラではなく、アイテムが前面に押し出されたピンクのビジュアルが尊過ぎる!!!
やっと、やっとBANDAIが女児向なりきり玩具の可愛さに気付いてくれたって感じました😂
こんな時代が来るなんて…!魔女っ子おもちゃオタやってて本当に良かった!!
欲しいもの全部予約して買ってるんでここに行って買う必要のある物は無いのですが
展示を是非是非拝見させて頂きたい🥺✨

 

Special Memorize クリィミーマミ まほうのステッキ

 



Special Memorize クリィミーマミ まほうのステッキ BANDAI 2024年2月22日発送 5,940円(税込)

「まほうのステッキ」はクリィミーマミの変身アイテム&魔法仕様用アイテムです。
魔法のコンパクトからステッキ(ミニサイズ)をキャノと呪文を唱えてを取り出すと
大きいステッキに変化し、変身が進んでいきます

…という事で、あの玩具オタ大歓喜シリーズSpecial Memorize より
まほうのコンパクトに続きステッキまでも発売しました!!!
玩具オタやってきて本当に良かった…!
この価格帯でマミの玩具が新品購入できる奇跡に乾杯!!
ありがとうございます🥺✨
箱はコンパクトと同様のデザインなので飾っても楽しめる仕様で正にコレクターアイテムにぴったり。
作品のファンとしても、魔女っ子玩具オタとしても絶対押さえておきたい一品です🥺

こちらがステッキ本体


シンプルなデザイン、そしてパステルの色合いが最強にかわいい🥺
80年代のファンシーブームの空気感が伝わって来るようです。
トップにボリュームが有るハートステッキの元祖的なアイテムではないでしょうか?

デザインとして圧倒的に完成されているのでレリーフやラインストーンなど不要ですね。
私的にグリーンの使い方が唯一無二だと思います。

当時品はサイドに黄色いボタンが付いていましたがSpecial Memorize版は真ん中に付いています。



造形面ではハートがぷっくりしている点が特に気に入りました!


星とハートの黄色いパーツは乳白色を黄色にしたような感じです。
これはギミック用に光りを通す素材にしたかったのだと思います。
ボタンを短押し変身時のメロディが鳴り長押しでBIN♡KANルージュが再生され
ハートの両端が光ります。


公式の説明によると、両端が光る事によってハート自体が照らされるという事ですが
個人の感想としてはハートが光っているというより枠の両端が光ってるなぁという印象😅
あんまりハート自体に光りを感じませんでした😅
私は機械的な事は詳しくはないのですが恐らくこれが精一杯だったのかと思います。
技術的にはお祭りで売ってる光る回転ステッキと同じく
電線の入った軸を回転させるというよくある手法で可能だと考えられますが
実現するには追加で部品(少なくとも軸)が必要になり
そこの捻出が厳しかったのでは…と予想します。
この手のニッチ層向けの商品は生産個数が一般販売品よりかなり少ない為に
最低限の採算ラインが多少高めに設定されているのではないでしょうか。
推察するにリアタイ放送から40年経っちゃってる+10年前に静電舎さんから1/1スケールが出た
という事で購入者は25thのどれみよりも少ない事が推察されます。



あと、ハートの回転は指回しになります。


指回しアイテムって初めてかも?🤔
これが何故なのか勝手に予想させていただくと
プレバンの15歳以上向けの魔女っ子玩具系ラインって基本ボタン電池なんですよね。
これはPROPLICAシリーズでも同じで、一部商品は光り方があきらかに弱い仕様です。


↑薄暗い部屋でのPROPLICAムーンカレイドの発光
比較用に乾電池の他社製品↓


乾電池の電圧の方が高いので発光の眩しさが全然違います。
何かしらのポリシーや制約の中でボタン電池なのかな?と。
・一つは乾電池の場合ある程度厚みが出てしまうので製品の外観を重視する場合ボタン電池一択になる
・短時間光って数種類の音声が鳴るのみなギミックの場合ボタン電池になる。
同じPROPLICAでも人形が回転するタキシードミラージュオルゴールや
80種や100種の台詞を収録していたり遊ぶうちに台詞が増えるモードなどを搭載している場合乾電池のようです。
つまりギミック部分に予算をつぎ込める場合乾電池で
外観を重視する場合&光って数種の音声が鳴るのみギミックの場合ボタン電池になるのかなと🤔
で、乾電池とボタン電池が何なのかというと
ハートを電動で回転させるためにはモーターが必要で
ボタン電池の場合モーターを動かす電圧が無いので指回しになってしまうのも致し方ないという事です。
・ハートが電動で回転するにはモーターが不可欠で、モーターを回すためには乾電池仕様が必須。
指回しでもハートは光らせる事は可能だけど追加で部品は必須である事と
発光音声と指で回したハートを連動させる事はボタン電池では難しい。
手回しと音声が連動するクルールポロンからの推察です。当時品もスペメモ版も乾電池仕様なのです。

前述したとおり、マミのアイテムの復刻に関してはどれみよりも予算がシビアである事が推察されるので
かなり制限がある中で光って鳴る玩具アイテムに化になんとか漕ぎつけてくれた事が分かります。
当時の玩具のギミックは、柄のボタンを押すとハートと星が扇風機のような高速大回転するというものでした。


当時の玩具「クリィミーステッキー」何でのばすんだ?😅
顔シールがバーン!と貼ってあるこの時代特有の魔女っ子玩具感も大好きです。
ここから進歩し変身のメロディや劇中歌BIN♡KANルージュが鳴って
本体が光るバージョンが発売された事に胸が熱くなります…!

正直もうぴえろ系魔女っ子の玩具の入手は諦めていました😓
そして金欠により静電舎さんのステッキを見送ってしまい
ずっとずっと欲しかったアイテムなのでこの度は大感激です😂✨
光って鳴るギミック付は、マミが始まって以来40年で初の発売です。

そしてそして…!遂に!ルミナスターが予約開始されました…!!!
企画ご担当者様には感謝しかない🥺✨

 
ここまでシリーズ展開するなら買えば良かったって声を見る機会ありますが
購入する事自体がシリーズ展開に繋がるという意識が広がってくれたら嬉しい🥺
コンパクト予約開始→「人気が出たらシリーズ展開するかもしれないから購入しよう」って感じですね。
避けたい悪循環としては
コンパクト予約開始→「気になるけどさすがに買わないかな」
ステッキ予約開始→「ステッキ出るならコンパクト買えば良かった。揃わないから買わない😖」
ルミナスター予約開始→「欲しいけどコンパクトとステッキ再販してください😢」
って感じですね。。
結局販売期間中に数が伸びなければ予算も出ないしシリーズ打ち切りの可能性も有るので
気になるけど単品なら買わないという人いらっしゃいましたらシリーズ展開に清き一票という意識を持ち
購入頂けたら玩具オタとして嬉しく思います🥺
ただの玩具オタが何言ってんの?広報気取り??って感じですが😅前述したとおり
クルールが値段がぐっと上がって乾電池仕様になったのは
みならいタップとペペルトポロンが想定以上に数字が超良かったからだと思うんですよね。
ちなみにタップの購入者の8割はポロンを購入したそうです。(企画者インタビューより
良い数字を残せたらスケールアップ版やハートが光って回る版もいつか出る日が来るかもしれないので…!

5年前クルールポロンの記事に復刻を望みますって書いて本当に復刻しました…!
私のブログなんて何の関係も無い可能性が高いのですが、それでも
誰かに訴えかけてその誰かの購入が商品化への最後の一押しになる可能性も0.01%位ある…かもしれないので
とりあえず書きます。
気になってるなら、仮にシリーズ展開したら欲しくなるなら、期間中に買いましょう🙇🏻‍♀️
経験上プレバン、というかバンダイは数字が出ないシリーズは容赦なく打ち切るので
玩具オタとして是非今後も展開して欲しいSpecial Memorizeシリーズは購入を強く訴えさせて頂きます…!

 

 

たまにAmazonバンダイストアに在庫補充されて定価+送料の価格で購入できるみたいです。

プリキュア プリティチャームコスメ キュアブルーム &Pretty Holic Luxe プリティアイテムチャームコスメ 



プリキュア プリティチャームコスメ キュアブルーム  BANDAI 2023年12月20日発送 2,530円(税込)

2023年はプリキュア20th記念イヤーという事で、大々的に過去作のアイテムの復刻やコスメ化などが行われました。
これは初弾で発表された4種の内の1種、ミックスコミューンキュアブルーム版になります。
他三種は
カードコミューンキュアブラック
カードコミューンキュアホワイト
ミックスコミューンキュアイーグレット
になります。

こちらが本体


メッキ+ラインストーンが特徴的。
コミューン本体部分は4cm程度の小型で手のひらサイズ。
カバンに付けてバッグチャームにもどうそ的な事がPR文に書かれていました。

ミックスコミューンは好きなアイテムなので、メッキ化されているなら是非購入したいところ。

玩具版ミックスコミューンはこちら。

sc-toy.hatenablog.com
開くとこんな感じです。



カードを挿す金色の皿が成形色そのまま凸凹で再現されているのが嬉しいポイント。
マルチバームという事なので保湿剤ですね。

裏側

全体的にコロンとしていて可愛いフォルム感です。
公式に集めて飾ると可愛いとPRされていて、確かにこのコロンとしたキラキラメッキのコスメは
集めてジュエリーボックスに入れたら滅茶苦茶可愛いだろうな~と思いました。

実はこのアイテムが発売する事自体が結構ビックリしておりまして😅
2年前にほぼ似てるようなアイテムがPretty Holicの大人向けラインである「Pretty Holic Luxe」より発売されて
それが初弾3種発売されてから何も音沙汰無くて🤣💦
数字的に微妙で初弾で打ち切り…と勘繰っていたのですが
この度名を買えカードコミューン2種は再販、ミックスコミューン2種は新発売しました。
20thまで企画温存していたという事でしょうか。

一応キュアブラック版のカードコミューンのみ購入していたので紹介します。


Pretty Holic Luxe プリティアイテムチャームコスメ  BANDAI 2021年10月19日発送 2,750円(税込)


トロピカル~ジュプリキュア!より彗星の如く現れたプリキュアのコスメシリーズPretty Holicの大人向けライン
「Pretty Holic Luxe」よりプレバン限定で発売されたカードコミューン型チャームコスメです。
プレバン公式に第一弾と紹介されていたのにその後何にも発売されず🤣
こちらは紹介しなくて別に良いかなと思ってましたが、せっかくなのでデータとして残しておこうと思いました。
20thのチャームコスメの初弾でカードコミューンを購入しなかったのは
すでにこちらを購入済みだったので、ほぼ同型だしスルーしたという事です。

こちらが本体。


銀メッキとカッティングされたハートのクリアパーツが美しいです。
リボンが20thで発売されたものよりかなり大きいです。

200円の価格差はそこにあるのでしょうか🤔

オープン。


こちらもマルチバームなので保湿剤です。
保湿成分としてスクワラン・シア脂・オリーブ油脂肪酸ヒアルロン酸などが配合されているそうです。
Xにて得た情報になりますが、こちらのPretty Holic Luxe版は蓋内部も銀メッキ仕様で
20th版は内部は金メッキなんだそうです。


Pretty Holic Luxeはこのキュアブラックカードコミューンの他に
カードコミューンキュアホワイト
キュアモ
が第一弾として3種展開されました。そして第二弾はありませんでした😂
チャームコスメは生きてたけど「Pretty Holic Luxe」はトロプリ以降展開しなかったので
ブランド自体が打ち切りっぽいですね😂


ツッコミどころとしては、ロゴもカードコミューンというアイテムも初代ふたりはプリキュアのものなのに
何故に箱のキュアブラックMax Heartなの?😓
Luxe版の謎の箱は20th版では修正されていて初代のキュアブラックになっておりました。
チェックする人にプリキュア好きいなかったの?😂

カードコミューンはLuxe版から2年後再発売したので
キュアモもそのうちチャームコスメとして再販されるかなと予想しておりましたが
12月にPretty Memoriesのキュアモが発売されてもキュアモのチャームコスメ再販はありませんでした。
3ヶ月前の9月に予約開始されたタッチコミューンはPretty Memoriesとチャームコスメ同時だったのに…🤔
キュアモのチャームコスメはPretty Memoriesと関係の無いタイミングで予約開始になるのかな🤔

…2度目のシリーズ打ち切りは勘弁して欲しいです😂

 

Luxe版はさすがにもう買えませんが20th版は送料込み価格でAmazonバンダイストアから購入できますね。

カラフルエボリューション♥変身ワンダフルパクト

カラフルエボリューション♥変身ワンダフルパクト BANDAI 2024年2月3日発売 4,730円(税込)

こちら明日より始まるプリキュア新シリーズ「わんだふるぷりきゅあ!」の変身アイテムです。
年末に執筆した記事にて「わんだふるぷりきゅあ」は犬の妖精型ぬいぐるみで変身する!!と大予想していましたが
見事にハズしました😅
年始の告知にてめっちゃ可愛いピンクのコンパクトが変身アイテムである事が判明し
すぐさま予約していました…!
で、先ほど届いたので速攻レビューしようと思います!!
 

こちらが本体


王道に超可愛いピンクのコンパクト…!!🥺✨
ただベタっとピンクで塗装されているのではなく、クリアパーツが宝石のようにカットされていて
キラっと仕上がっています。
この角度だと分かりやすいです。


中央のピンク×紫のリボンも立体的に造形されていて安っぽく見えません。


どの角度から見ても隙の無い可愛さ🥺
フチの白い樹脂はパール塗装されています。


オープン。


私だけでしょうか…結構固くて開けにくい😅
特徴は蓋の裏が前面鏡である事。
数々のコンパクト型玩具を収集してきましたが全面鏡の玩具は今まで無かったと思います。

そしてこれは発売前から危惧していた事なのですが内部の模様がプリントで表現されています。



この模様です。
ホロ紙に印刷されているので角度をつけて見ると豪華なキラキラ感があるのですが
私的にはちょっと安っぽかったかなぁ…といった印象です。
せめて花型や音符型や太陽型のラインストーンを入れて欲しかったかも。
真ん中の宝石部分が半透明の白濁である点も惜しかったです。
トロピカルパクトみたいに宝石っぽくカットして欲しかった。


ちなみにトロピカルパクトの内部は色数が少なくピンクとクリアブルーの2色構成でした。


今となっては「絶対プリントには頼らん👹」という意地のようなものを感じる…🤔
ここまで色数が少ないとなるとプリントの方が華やかで良いのでは?と感じる方も多いのではないでしょうか。
プリントを良しとするか否かは完全に個人の好みの問題になってくるポイントであり
モノ自体の優劣の問題では無いと思っています。

角度を付けて見るとこんな感じです。


クリアパーツの透明度が高く、カットも細かく入っているので質素な感じは全く無いのですが
私的に玩具とは3次元の立体物である点に魅力が有ると思っていて
そこがプリントアイテムと一線を画す点だと思っているので
内部のデザインも蓋のデザイン並に魅力的かつ立体的に造形して欲しかったと感じました。
しかし上部のリボンのボタンだけはしっかり立体的に造ってあるので、そこだけでも死守してくれたのは嬉しかったです😄

では電源をONにしてみましょう。


キラキラリン✨とリボンの真ん中が光ります!
これにはビックリ😲まさか、蓋を閉じた状態で光るなんて!
しかも眩しい位に光ります!

スイッチをAのなりきり変身モードを選択し上部のリボン型ボタンを押すと変身遊びがスタートします。


ピンクのリボンでキュアワンダフル、紫のリボンでキュアフレンディの変身遊びが出来ます。
真ん中の白い宝石をくるくる回すと変身が進んでいきます。
更に更に、ミラー部分が光ります!


これ昼間の明るい空間だとめちゃくちゃ撮影が難しくて上手く撮れませんでした🤣
鏡の下の所のリボン型に光っているのが分かると思います。
赤、緑、青と3色に光ります。


箱の写真が分かりやすいですね。
こんな感じに光っています。

ミラーが光るコンパクト型おもちゃといったらセントミロワールを思い出しますね。
ミラーが光ってアフロディーテ様が浮かぶというギミックがありました。
本体、ミラー側の両方に発光ギミックが搭載されているコンパクトは数少ないです。

閉じてみるとこのハートの部分、一色だけではなく様々な色に光る事が判明しました。


ここの光でミラーを透過させているようですね。


強く光るので見続けないようにと注意書きがありました。

購入特典でひろプリ×わんぷりのともだちリボンが貰えました。


これはひろプリ最終回のバトンタッチシーンでエルちゃんが付けていたものですよね?
ひろプリの羽根とわんぷりの肉球デザインが融合しています。
一応データとして残しておきます~


以上、カラフルエボリューション♥変身ワンダフルパクトでした!
プリキュアシリーズでは実に6年ぶりの予約購入となりました。
ミライクリスタルの可愛さに胸打たれてプリハートDXを予約して購入したのが最後でした。
大人の玩具ファンとして「こういう玩具もっといっぱい出してください🥺」ってアイテムは
遅くても夏~秋頃までに買うようにしています。
購入こそが清き一票だと思っているからです。
これはハートキャッチ頃、パフュームは購入したのにタクトを買い逃してしまった苦い経験から続けている事です。
もっと売れてたら追加生産してたかもしれないけど、クリスマス前に売り切れてそのまま終了してしまったんですよね😓
そしてさほど気乗りしない系のアイテムは後々拾うという購入スタイルをとっています。


男子も大人も赤ちゃんも変身したひろプリにてボーダーレス路線は行きつくところまで行ったように思います。
ひろプリ玩具は最終的に売り場から捌けていたようなので大成功だったのではないでしょうか。
という事で、今後は女児向玩具の原典回帰した王道に可愛いアイテムのターンを期待したいです…!
今気になっているのは猫ペアのキュアニャミーとキュアリリアンの変身アイテムですね。。
ワンダフルパクトは軽く触った感じ、拡張性ゼロなので恐らく犬ペアしか変身しないと思います。
色違いのニャンダフルパクトが出るか、キラニコトランクで特別なQRコードなどで変身するのか全く予測不能です。
まだ1話放送前ですが今後の商品展開が楽しみです😄

 

---------------------------------------
以下2024年2月13日追記


こちらのワンダフルパクトの紹介記事、かなりの閲覧数頂きまして
またまたはてなのトップページに掲載されました!


プリキュア人気恐るべしですね。
ブログを通じて少しでも女児玩具を集める楽しみを伝えられたら嬉しいです😄✨

 

 

PROPLICA エターナル・ティアル


PROPLICA エターナル・ティアル  BANDAI 2024年1月25日発送 20,000円(税抜)

で…でけぇ…

税込2万2千円という事で、当ブログで紹介している玩具の定価の最高値を更新しました。
こちら劇場版「美少女戦士セーラームーンCosmos」で活躍するロッド型アイテムです。
公開に合わせて商品告知があり、予約開始は去年の7月だったと記憶しておりますので届くまで約半年かかりました。
最初に感想を申し上げますとPROPLICAここに極まるってレベルの逸品です。
これにてムーンのロッドも全5期分入手できました。
自宅に家電みたいなデカさの箱が配送されてビビりました😨

こちらが本体


中身もデカすぎ。いや、デカすぎてデカい以外の感想が湧きづらい😂
新劇場版のアイテムらしく白を基調とした大人っぽいデザイン。
PROPLICA特有の真っ黄色のメッキ病が抑えられていてとても控えめな黄金になって良いですね。
そして、本体の白い樹脂はおもちゃっぽいツヤっとした樹脂ではなくソフトな艶消し樹脂(?)みたいな
いままでのロッドと一線を画す素材です。

上部アップ

真ん中の球体を金色のハートが囲み、さらにその外周を星の環みたいに円で囲ってありとても立体的な造りになっています。
今までの全PROPLICAの中で間違いなく一番立体的です。
これを発売したかったんだ!という魂すら感じる🤔

柄の部分には突起が4つありますが実際操作できるボタンは上の2つだけです。


アイリスメッキが美しい!


銀水晶をかたどったパーツにアイリスメッキが施されていてめっちゃ綺麗。
立体的に造形されてるからどの角度からとっても映える映える。


下からのショットも中々。
唯一ピンクのハートのパーツは単に塗分けられているだけではなく、しっかりキラっとするようにカットされています。

PROPLICA伝家の宝刀電池隠し。
今回は裏面で、いつもより開けやすくて助かった😅


こんな感じにカラフルに光ります。

収録されているセリフの種類がかなり多く正に劇中再現といった感じ。
新劇場版のムーンライト伝説やセーラースターソングなどの楽曲も収録されています。
収録数も歴代のプロプリの中でナンバー1では?🤔


端の造形も細かくて素晴らしいです。

本体用のスタンドが聖杯型です。


箱の裏面の写真のように横向きにディスプレイする事が出来ます。


カレイドは縦置き型でしたがこのティアルでは絶対無理だと思う😂


箱の材質は今までのものとことなり薄い段ボールみたいな感じです。


これ半分苦情なんですけど、何で青バンダイって輸送箱ぴっちり詰めするの?
例の如く箱が輸送のダメージでベコベコになって届くのですが、もっと余白ある箱に入れて欲しい😂
この手の半導体詰まった電子玩具は強い落下衝撃や振動などで製品寿命が縮まってしまいます。
外見の段ボール破けてるんでロッド本体にも相当衝撃加わってると思う。
何でいつも緩衝材も無くぴちぴちに詰まってるの😂

2013年からここまで最後まで付いてきてくれたセーラームーンを愛するオタクへのアンサーであるこの巨大ロッドと
そんなマニアックな至高のアイテムに不釣り合いの
緩衝材不使用の適当な梱包と精密機器ラベルすらもない乱暴輸送が非常にミスマッチに感じてしまう一品でした。

 


以上、PROPLICA エターナル・ティアルでした。
大きいだけではなくギミックも造形も素晴らしいくて最終シリーズのアイテムに相応しいアイテムでした!

そういえば、PROPLICA10周年なんだそうです。
10年…長いようで短いようで、やはり長かった…😅
PROPLICAムーンスティックの購入し、そこから離脱する事なくこのティアルを買った人って賞味何割くらいなんだろう🤔
凄い気合いを感じる一品だから、多くの人に手に取って欲しかったと思う反面
これはライト層は保管し続けるの絶対大変だろうなとも思いました。




…と、いう事で、一応お金は落としましたし
玩具ブロガーとしてブログ記事も書いたんでちょっとわがまま言わせて下さい。
90年代版のティアルを発売してくださーーーーーい!!
何度も、何度もしつこい位叫ばせて頂きます。
途中から新劇場版準拠になってしまった

・クライシスムーンコンパクト

・エターナルムーンアーティクル

・エターナルティアル

こちらの90年代版をずっとずっと待ってます😢
そもそも、玩具が好きな人って90年代アニメ版好きな人が圧倒的に多いのでは?😅
だって当時の玩具って当時のアニメ版を準拠として出ていた訳で。
いつか出たら絶対買うのでガチでお願いします…🥺

でも旧アニ関連の玩具の数字って伸びた所で公式的にもあんまりどうでも良いんだろうな、と…
多分、社内的にも昔の偉業を借りて取った数字に価値なんて無いんでしょうね。
当時版差し置いて新作の映画グッズを推し続けてた理由はそこにあるのだと勝手に考えています。
この前PROPLICAムーンスティックのBrilliant版が予約開始されても肝心の当日、公式はノー告知でしたからね😅
ちなみに新劇場版準拠のグッズはしっかりと告知されています🤣
やはりこの〇周年プロジェクトってCrystal~Cosmosの新作分と、展覧会興行、原宿のストアの運営維持など
プロジェクト立ち上げてから企画されたものを盛り上げたいのであって
旧アニはあくまで盛り上げ用の素材の一つであり、新規企画を差し置いて出てくるんじゃねぇ👿って
扱いなんだろうなと😅
PROPLICAムンステ~カレイドまで旧アニ版で出したのにいきなり新劇場版準拠にすり替わったし
フィギュアーツミニも最初は旧アニ準拠だから買ったのにいきなり新劇場版になってしまうし
完全に前座として場を温めておくみたいな役割させられてる感が否めないというか😂
そこまでしで大ヒットすれば良いんですけど、数字的には合格ラインに達したんでしょうかね🤔
もしも下回っていて、グッズ収益で埋めるみたいな流れになって今後も新劇場版グッズばっかりになってもなぁ…😢
完結したし、旧アニファンも頑張ってお金落としたんで
次は旧アニがスポットライト浴びるターンが来てくれたら嬉しいです😢
長々と、脱線しましたがPROPLICA10周年という事で
クライシスとアーティクルとティアルの90年代版待ってますって事です、はい😅

 

 

それと、この場を借りてお礼をさせて頂きたいです。


毎年、年末年始にはアクセス数がググと上がるのですが
今年は特に多くてこのようにはてなのトップページにもデカデカと載る事ができました。
なんと1/1には一日で1万1千アクセスも頂きました!😲
ありがとうございます!!
大変な事があった日ですが、皆さまの心の拠り所になれていたら嬉しいです。

この記事、盛大にわんぷりを予言し結構ハズしているという
今見ると間抜けな記事なのですが…😅
今後もヒマな時に見たら何か読み続けちゃう的なブログ目指して頑張ります。

 

乙姫のコンパクト


乙姫のコンパクト BANDAI 1992年発売 2,200円(税抜)

あけましておめでとうございます!!!
こちら「うたう!大宮城」より乙姫のコンパクトです。

この作品ほとんど記憶に無く、作中でどのように使用されていたのか不明ですが
デザインが可愛いので購入しました。


こちらが本体。




指輪をセットするとコンパクト内部のデザインがグッと華やかになります。
全6色のハート型パールの指輪がセットされていて
中央の星のボタンを押すとルーレットがスタートし本日のラッキーカラーを教えてくれるというギミック。


ピピピピピーッ!と電子音が鳴ります。
このルーレットの電子音、昔の玩具でよく聞いたような気がします。
90年代らしいギミックですね。

蓋はこのようなデザインです。


貝殻模様がのホットスタンプがシンプルでとても可愛いです。
「RG」って龍宮城って事でしょうかね?🤔


この時代の玩具はメイドインジャパンです!


今は中国産やタイ産が多いので、時代を感じますね。
とても古い玩具ですが付属の単5電池を入れたら作動したので、品質の高さを感じました。
玩具の品質が良いのか単5電池の品質が良いのか分からないですが😅
最近の玩具で単5電池ってすっかり見ませんね。
基本単3か単4、USB充電式なんてのも現れたので、こんなポイントでも時代を感じます😌


箱の裏。


コンパクトの箱なのに全力でフルートを推してるの何でなの😂

コンパクトで占ってーと書いてあるので占い系のアイテムだったという事でしょうか?


乙姫のコンパクト、試作段階だとパールのリングではなくジュエルっぽいリングだったようですね。

以上、乙姫のコンパクトでした!



久々の干支玩具で、今年は辰年という事で「うたう!大宮城」の龍です!龍!!
ちょっと苦しい?😅

余談ですがこの玩具かなり古いものなのでコンパクトを取り出す際にブリスターがバキバキっと割れます😂
ひぃぃぃ!となりながら撮影しました😅
確かコメットさんのアイテムの時も同じ現象になった記憶…。
本体を日光から守っても、ブリスターは空気に触れ続けてると脆く劣化していくので
ブリスター割れは古い玩具の定めですね😅
でもずっと暗所の箱に入れっぱなしでも愛でる事が出来ないので
割れたとしても、たまには古い玩具を取り出してこのように撮影してあげたいです😊

Xにてビニール巻という玩具の保管方法を仕入れたので
こちらもそのうち試してみたいと思っています。
なんと、40年前の玩具でもブリスターが新品のような状態を保てるらしいです。
そのうち発案元の方を含め詳しくご紹介出来たらと思います。

それでは今年もよろしくお願いします!

プリキュア 20th Anniversary プレストパウダーコンパクト


プリキュア 20th Anniversary プレストパウダーコンパクト BANDAI 2023年12月20日発送 4,950円(税込)

箱がめっちゃ可愛い。

プリキュア20thを記念してプレストパウダーコンパクトがプレバン受注で発売されました。
初代ふたりはプリキュアは2004年にスタートしたので正確には今年2023年はプリキュア19周年で、ひろプリで20作品目です😅
でもあと数日で2024年になるので、正式にプリキュア20thになろうとしているこの時期にぴったりのアイテムですね。

こちらが本体。



メッキ+ラインストーンでキラキラ!!
外周のクリアパーツには20作分のプリキュアのエンブレムが施されています。
中央の花っぽく造形されている箇所にはピンク、赤、黄色、緑、青、紫のラインストーン。
真ん中に白っぽいレインボーの大き目なハート型ラインストーン。
これ、プリキュアのカラーを象徴しているデザインですね。
可愛いし、集大成感もあり凄く良いですね。
これ、コスメではなく玩具で展開して欲しかった🤣



外周のフチも金メッキ。
中央のストーンは高品質ガラスストーンではなく普通に玩具でも使用しているような材質のストーンですね。
角度によってはキラっとして見えます。

オープン。

 


パフがピンクで可愛い。そしてリボンが本体カラーと合わせてあってそれもポイント高いです。
かつて子供の私が大好きだったコスメ玩具・ピンキッシュのカラーに近い濃く鮮やかなピンクでときめきます🤤✨

パウダーはこんな感じ。


中央にピンクのハート、下にプリキュア20thと粉で造形されています。
これはコスメ型のファンアイテムとしてはたまらない仕様ですね。
この粉芸の歴史をたどると、当初は粉の上の透明フィルムに印刷されているというものでした。


これは2015年発売のミラクルロマンス・メイクアップパウダーです。
私が所持しているコレクションの中では、そこから3年後のクライシスムーンチークで初の粉芸が見られます。


かなり細かくクリスタルが白い粉で描かれていて今見ても凄い。

使わずに保管するので、このように持ってるだけで物質的満足感が上がる仕様のコスメは良いですね😊


以上、プリキュア 20th Anniversary プレストパウダーコンパクトでした。
どうなる事かと案じていたプリキュア20thですが、このようにメッキのコンパクトをレビュー出来てとても嬉しく思います。

以下はこのアイテムとは関係の無い年末の振り返りになります。

 



自分的に今年2023年は復刻元年と呼べる1年でした。
総括すると彗星の如く現れた復刻ラインSpecial Memorizeに大きく心踊らされた1年となりました!
まず1月にどれみタップが「みならいタップ」としてリメイク復刻し
瞬時に売り切れ、その後再受注という形になりました。
コスメや雑貨では見られない爆発的人気
この時PROPLICAではないブランドでコスメでも雑貨でもない
ギミック付の玩具が出る事にビックリした記憶が鮮明に残っています。
その後3月末にはクリィミーマミの「まほうのコンパクト」が受注開始。
光って鳴るまほうのコンパクトは40年で初の商品化。
8月には「ペペルトポロン」を受注開始。
さらに9月にはマミの「まほうのステッキ」とぴちぴちピッチの「アクアピッチ 七海るちあ」が受注開始。
勢いは止まらず、11月に当時は発売しなかった「アクアピッチ 宝生波音/洞院リナ」も受注開始。
そして12月、明日のナージャの「ナージャのブローチ」が受注開始。
更に更に、12月の最終営業日近くにぴちぴちピッチのマイクがアナウンスされ2023年が終わろうとしています。
いや~~~~凄すぎる一年でした。
セーラームーン20thからプレバン商法に乗っかってきましたが
ギミック付の立体物がこんなに復刻した年は無かったです。
恐らくみならいタップが予想の300%とか凄すぎる数字だったから
今がSpecial Memorizeのバブルみたいな感じなのかなと。
今年からコレクター始めた方は物凄く良いタイミングだと思います。
長きに渡り女児玩具は「玩具」として復刻されてない時代が圧倒的に長かったです。
もしスペメモがあんまり売れなくなって、下火になったら、またこの不遇の時代に戻ってしまうと予想されます。
という事で、これからもこのシリーズは買って応援していきたいと思っています!

あと、忘れてはいけないのは「Pretty Memories」シリーズですね。
5年前に出たカードコミューンの塗装を少し変えただけ、みたいな商品の受注が8月にありました。

sc-toy.hatenablog.com
15thの時はカードコミューンだけで終わってしまったのであんまり期待していなかったんですけど
9月にタッチコミューン、12月にキュアモと新規商品が展開しました!
プリキュアも玩具復刻してくれて嬉しいです!
最近実物の画像をSNSで上げてくれている方がいらっしゃいまして確認したところ
当時品に比べるとメタリックで重厚感があります。
届くのが楽しみです!😊

Special MemorizeもPretty Memoriesも当時子供だった層がメインターゲットになっていると思います。
当時玩具欲しかったのに買ってもらえず、心のどこかでずっと引きずってるって人が購入できるように祈っています。。
SNS見ると、復刻品を知った時にはすでに予約終了してたという嘆きをちらほら目にするので💦

願わくば、復刻玩具から玩具収集に興味を持った方が増え、女児玩具にも大人ファンが固定で付き
仮面ライ〇ーや戦隊のように売上の何割かを大人が支えている状態になれば良いな~なんて勝手に考えています。
大人のファンに媚びて現代キッズのときめきから遠ざかった商品が展開するのは違うのでそのような状態ではなく
現代キッズのときめきに寄り添った商品を大人も買って応援している、という状態が理想です。
実はプリキュア開始数年間に発売された液晶玩具は当時の女児玩具界で圧倒的に不評で目の敵にされていました。
当時はまだステッキコンパクトオルゴールなど90年代から続くメッキキラキラ玩具が
女児玩具の王道としてコレクターに愛されていたので
メッキ皆無のデジタルデバイスは受け入れられていなかったんですね。
しかし憧れの携帯電話型変身玩具は当時のキッズには爆売れしていて、15年経った今もかなり人気の高いアイテムです。
ここから鑑みると、ナージャまでのメッキ玩具路線を完全に捨てて
メッキ皆無のデジタルデバイス路線に舵を切ったのは大正解だったという事になります。
なので大人のファンではなく現代キッズに寄り添った玩具展開が今後も続き
なりきり系玩具を買って応援する大人のファンが少しでも増えれば嬉しいと思っています。
少子化や原価高騰などで今後も益々厳しくなると予想されるので
少しでも玩具を購入する層が増えれば…なんて考える一年でした。


次は去年の予想が当たっていたか答え合わせになります。

sc-toy.hatenablog.com↑こちらの記事に書いた内容で、以下にまとめました。

・メッキ塗装は皆無。ギリギリ、ホロテープでキラキラっぽくしてる。(フィナーレのアイテムみたいな感じ)
・ひろプリも液晶玩具がメインアイテムになり、追加戦士やパワーアップでカバーが発売される
------------
↑これは外れていましたね。玩具付属のスカイトーンは一応メッキのホットスタンプ加工されてるし
メインの玩具はスカイミラージュ(非液晶)でした。


・この液晶玩具ににオールスターズのピンクが会いに来るモードが搭載されている(ミライパッドみたいな感じ)
------------
↑ミラーパッドにオールスターのモードがあるようなので微妙に当たってたっぽいです。

・他のオールスターズに会う為に別売りのデータメモリ(パーティアップカバーの付属品みたいなの)を購入する必要がある。
・物理セット認識はデパプリに続いて廃止され、QRコードをカメラに映すタイプの認識が続く
・コストカットでQRコードはレシピッピのような立体物ではなく平面的なプリントアイテムに印刷されてる
------------
↑この辺は大きく外れてましたね😅液晶カバーやメモリは発売せず😅
ミラーパッドでQRの認識も存在しましたが、基本スカイトーンの物理セットがメインでした。


・オールスターズといいつつ何だかんだ初代黒白のリスペクト(ロゴも黒白居るし)
------------
↑これはグレーだったかな。。今年はオトナプリキュアが放送され主に5のメンツがフィーチャーされていた気がします。
最後の美味しい所はやはり初代がもっていった感がりますが😅
今年の映画では15thの時のようなメインキャラ扱いでもありませんでした。
玩具復刻は初代が優遇されていますね。
カードコミューン、チャームコスメの復刻は初代組のみ2度目ですからね。

・プレバンで特別に大きなオールスターズ色紙アートが発売される
------------
↑普通の小さいやつが食玩で売られてた

・プレバンでオールスターズのイラストがプリントされた紙製パレットのprettyholicコスメが発売される
↑付属のブラシの柄に「precure 20th」とか書いてある
------------
↑大外れ。本品の存在こそが証明です。
メッキ+ラインストーンが付いたオリジナルデザインのコンパクト型コスメが発売しました。


・ゲーセンの景品でオールスターズ絵柄がプリントされたクッションが出る ↑5年ごとの作品まとめられて4アソート
------------
↑オールスターズ絵柄のクッションの景品は無かったっぽいです。

・秋頃にプリキュアの軌跡みたいなプリキュア20thコンプリートブックが出る
------------
プリキュア展の図録とかコスチュームのまとめ本やこども向けのプリキュア図鑑みたいなものとか
季節問わず色々出てたっぽいです。


…と、いった感じで結構予想と近いポイントも有りましたが悲観してたレベルの悪い事も起きず…といった結果になりました。
QRコード主体にならなかったとはいえ、ハッキリ言ってひろプリは商品数少なすぎ。
これは全く予想しておりませんでした。
スカイミラージュ1つの役割がかなり幅広く、トロプリで同じ役割のアイテムを上げると
トロピカルパクト+ルージュロッド+プリズムミラー+アクアパクトと、4つになります。
これで仮に売上が下がったなんて言われても、そもそも商品数が違うんだから妥当だと思ってしまいますね😅
スカイミラージュはそれ単体でもかなり高額で手が伸ばしにくく
低額のミラージュペンも早々に返品騒動があり販売終了してしまっていました😅
なので、選択肢に上がる玩具がそもそも少ない状態でした。

ひろプリ玩具は元々女児玩具が好きな人がデザインしたのではなく
スタイリッシュなアートっぽいものをデザインされた男性の方が担当されていたようなので
(Xにてご自身より、私がデザインしましたと報告がありました)
なんというか…私の様なゴリゴリの女児玩具オタのストライクからどれも微妙に反れてしまっていました。
  
メッキ皆無だとしてもこんな感じのメロメロにキュートなデザインにして欲しかった…
でもファンシー路線だとひろプリの作風に合ってないと思うので
何だかんだでひろプリ玩具は今回のデザインで正解だったんだと思います。
ひろプリという作品は好きなのでファンアイテムとしてはスカイミラージュ位は買っておこうかなという程度です。
Pretty Holicのひろプリラインはめちゃくちゃ可愛いかったのでこちらは多少買い集めました。
商品数の少なさやパワーアップフォーム、マジェスティのPretty Holicが展開しなかった事を踏まえると
全盛期に比べ予算規模縮小しているように感じてしまいました…。


さて、年末恒例のコーナー「今年のマイベスト玩具」の発表です…!
今年のマイベスト玩具は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Special Memorize おジャ魔女どれみ みならいタップ です!!
Special Memorizeシリーズ最初の女児玩具です。
いつものようにコスメでも雑貨でも無い!という最初のインパクトのデカさから
やはりこれが今年の玩具になりました。
今までプレバンから出てた玩具っぽいコスメやら雑貨やらを買って応援してきて心から良かったと思いました。。
ギミックは当時の「どれみタップ」を踏まえて、さらに中央の発光箇所の拡大化、主題歌が流れたりとパワーアップしています。

対象年齢15歳以上のアイテムではありますが、こちら正真正銘、赤バンダイの玩具レーベルから出ている「玩具」なので
玩具オタとしてこれ以上の至高は無いのではと感じる程素敵なアイテムでした。




めちゃくちゃ僅差というかほぼ同点で



Special Memorize クリィミーマミ まほうのコンパクトも名前を上げさせて頂きます!
こちらもめちゃくちゃ嬉しかった
しかも、企画してくれたのは20代女性という事で、若い新しい力をひしひしと感じる一年になりました!
商品化に漕ぎつけてくれた方に心からありがとうございましたという言葉をお送りしたいと思っています😌

去年の記事ではティニピンが玩具化しなければベスト玩具なんて無いだろうと予想していましたが
まさかまさかの復刻しまくりだったので、どちらにするか迷うという贅沢な状況になりました。

ティニピンは名作オブ名作なので日本でも広く知れ渡って欲しいしできれば2期を放送して欲しいと思っています…!
玩具展開は難しいのかもしれないけど普通に作品のファンなので、字幕でも良いから2期以降も放送して欲しいーっ😂💦

 



ここまでは今年一年の振り返りで、ここからは2024年のガチ予想をしたいと思います!

プリキュアは「わんだふるぷりきゅあ!」という事で全部平仮名なのが何の意味があるのか分からない🤔
多分犬モチーフは確定だと思うので、主人公(小学1年生)が飼ってる犬が実は異界から来た妖精で
ペットの妖精犬の要望で異界を救うみたいな王道だと予想!
Xで見かけた「キュア土佐犬」とかの犬種縛りでは無いと思います。
実際犬飼ってる人が自分の家の犬と同種以外を推さなくなるので。
というか犬飼ってる人以外興味が無くなるような造りにはしないと思うので
軽く犬というモチーフが在るであるだけで、縛りはそんなに強く無くて
主人公の幼馴染や近所のお姉さんなど、ペットの妖精犬を好いてくれているキャラがプリキュアになって行く…ような気がする。
小学1年生なのは「プリキュア」ではなく「ぷりきゅあ」なのでスタート時にカタカナをまだ習っていない状態なのでは?と。
変身アイテムはペットの犬型ぬいぐるみ。お世話バッグ(液晶玩具)といった感じに
どことなくヒープリに近いものになると予想します。
ここまでが
「犬モチーフ」と「みんななかよし わんだふる~!」「ぷりきゅあ」という文字から想像した
「わんだふるぷりきゅあ!」でした。


プリティーシリーズは4月から始動するみたいなのでこちらも楽しみ過ぎる。
シルエットしか解禁されてないけど、絶対的に可愛いであろうキャラの雰囲気が伝わってきます!
多分商品展開の規模はプリマジとあんまり変わらないんじゃないだろうか😅と予想。。
筐体ゲーム+アニメなりきり玩具=筐体ゲームを優位に進める事が出来る玩具
というビジネスモデルをプリマジで辞めてしまっていたのでこれが復活するとも思えないんですよね。
ゲームプレイガチ勢はなりきり玩具無くてもガンガン課金してくれたでしょうし😅
今年レインボーライブみてハマったので、是非ともプリティーシリーズには続いて欲しい。
シリーズのファンとして新作アニメに期待したいです。


ティニピンは神作品なんだけど現段階では知名度が低くてNHKとかで放送しないと
玩具化は厳しいんじゃ…と思ってます。。
キッズステーションも地方局も観ない人の方が多いと思います…
女児向作品好きな人はみんな好きになるであろうポテンシャルを秘めた作品だからこそ
広く認知されて欲しい作品です。


ファンアート描くレベルでハマってます😊
ピッチの花森ぴんく先生がぷっちぐみでコミカライズをしてくれているので
まだまだティニピンの日本展開が終わらないと信じています。


プレバンで展開している大本命の玩具シリーズ「Special Memorize」「Pretty memories」は
2024年も変わらず展開して欲しいと思ってます…!
どれみの♯のアイテムも展開してくれたりするのかしら。。。😌
この辺は売上次第かもしれませんね。
しゅごキャラが再始動するようなのでSpecial Memorizeあたりでハンプティロックが出たり…しないかな。
あともうちょっと古い作品にもフォーカスしてくれたら嬉しいと思います…!
ウェピーとかセイントテールとか!
さくらクリアカード編もアニメ化するアナウンスがあるのでどうなるのかな🤔
映画なのか普通に毎週放送するのか、子供向けなのか大人向けなのかも分からないので
玩具展開も不透明ですが大人向けだったらプレバンから何か出そうな気がする…🤔

ここまでが2024年の大予想です。
来年の今頃どんな振り返りになっているでしょうか!
微妙に全部ハズレてるような気もする😓
今年は沢山のアイテム復刻に恵まれ通年ときめきっぱなしの1年でした。
更新頻度は上げられなかったけど、Special MemorizeとPretty memoriesは積極的に応援したいので
なるべく早くレビュー記事が出せるように頑張ります!
私のブログなんて大した力は無いと思うのですがほんの少しでも復刻を盛り上げる役割が出来たら良いなと思ってます。

今年は暖かい励ましのお言葉を沢山頂く事がありまして、ブログを続けていて良かったとしみじみと痛感する1年でした。
2017年の後半からはてなブログに引っ越ししていつの間にか百万アクセス頂く事ができました。
これからも細く長く続けていく所存でございますのでお付き合い頂けたら嬉しいです。

それでは良いお年を!