sweet candy 魔女っ子おもちゃ ブログ

可愛いと思った魔女っ子おもちゃを紹介していくブログです

SC

リトルチャーム セーラームーン4

f:id:sc_toy:20180220204928j:plain

 

リトルチャーム セーラームーン4 BANDAI 2018年2月20日発売 370円(税抜)

 

本日発売のリトルチャームシリーズの最新作です。

この第四弾は全種購入しました!スタリオンレーヴがかなり細かくて凄いです…!

あと銀水晶がオーロラ加工されていてキラキラ!

ちびムーンのアイテム3種に関しては

ダイキャストチャームの時「メッキだったらなぁ…」と思った箇所が全部メッキになっており

かなり大満足(^^)

 

リトルチャームシリーズは第5弾が告知されました。

次も可愛い…!

アイテムのセレクトも誰もが知っている系のものではなく少々マイナー路線になってきました。

ペガサスメッセージが楽しみです。かなり小さそうですけど(^^;)

去年の6月に第1弾が発売されて8か月で4弾まで発売されているので

リトルチャームシリーズのリリースはハイペースですね!

ちなみにミニチュアリータブレットシリーズは第1弾から第4弾まで13か月掛かっております。

 

このリトルチャーム4の購入者アンケートに答えていたら

プレミアムバンダイで発売して欲しいもアイテムの所に当時の玩具版オリジナルのオルゴールがありました…!

復刻して欲しい~~っ!( ;∀;)

本編未登場のおもちゃはマイナーだから望み薄いかな…!

ハートフルハーモニーも商品化したし(品質が微妙でしたが)

ゼロじゃないですよね(/_;)

微々たる可能性に懸けて私はチェックを入れました!

 

 

リトルチャーム セーラームーン3

f:id:sc_toy:20180220205449j:plain

リトルチャーム セーラームーン3 BANDAI 2017年12月19日発売 370円(税抜)

 

発売から2か月経過してしまいました(^^;)

動画の購入品紹介で映して存在を忘れておりましたが

本日、リトルチャーム4を購入して思い出しました(^^;)

私はこのリトルチャームシリーズを全種購入している訳ではありませんので

購入した物のみの写真となっております。

とりあえず、セーラームーンとちびムーンのものは集めようかな、、って感じです。

クライシスムーンコンパクトがキラキラしていてお気に入り!

あと聖杯の出来も良いですね!台座までメッキなので華やかです。

 

ちなみにこの写真の3種以外のラインナップは

スペースソード、ディープアクアミラー、ガーネットオーブ、サイレンスグレイブとなっております。

外部太陽系戦士のアイテムは個人的にスティック&ロッド5でかなり満たされたので

今回は購入を見送ってみました。

 

 

ミニチュアリータブレット セーラームーン8

f:id:sc_toy:20180209114403j:plain

 ミニチュアリータブレット セーラームーン8 BANDAI 2018年1月30日発売 800円(税抜)

 

 

外部太陽系戦士ウラヌス・ネプチューン・プルートの

変身リップロッドがミニチュアリータブレット化しました~

ミニチュアリータブレットシリーズも気付けばもう8弾。

今回は、主役のセーラームーンのアイテム無しでのリリース・・・!

外部太陽系戦士の人気っぷりが伺えますね。

 

f:id:sc_toy:20180209114402j:plain

持ち手の部分に金の箔押しで各戦士の名前が英語で書かれております。

これはテレビの第3シーズン「S」の放送時に発売された玩具版のミニチュアですね。

ウラヌスとネプチューンのリップロッドはセットで第5シーズン「セーラースターズ」でも再版されましたが

再版版は持ち手の部分の金の箔押しがありませんでしたので。

私が所持している玩具は「S」放送時のものですが

プルートを未所持だったので、ミニチュアですがこうしてゲットできて嬉しいです!

スティック&ロッド3でもプルートのリップロッドはアイテム化しましたが

あちらは箔押しが無かったので、、

ようやく揃った!って感じなのですが

ミニチュア版をゲットしたらやっぱり玩具版のスケールが欲しくなってしまいますね(^^;)

 

f:id:sc_toy:20180209114401j:plain

ネプチューンのエメラルドグリーンが青みが強くウラヌスの青は薄く。

カラーも初版の玩具を再現していると思いました。

ファンの心理をよく理解しているカラーリングだと思いました!

 

 玩具好きの管理人的に

惜しかったと思った部分はハートのミラーがアレンジされていた点ですね。

f:id:sc_toy:20180209114400j:plain

ここ、普通にメタリック塗装 になっちゃっていて・・・

玩具版はメッキでしたし色はもう少し濃かったです。

ちなみにこちらが玩具版↓

f:id:sc_toy:20170923170136j:plain

ミニチュアリータブレット版の方が上品なので、こっちの方が良い方も多いでしょうけど

玩具好き的には玩具版を再現して頂きたかった・・・!

持ち手の箔押しは再現しているのに、残念、、

 

タブレットはこのように出し入れします。

f:id:sc_toy:20180209114359j:plain

玩具版ではリップが入っていた部分ですね。

 

リップロッドといえばPROPLICAが控えておりますが2個揃えると中々のお値段ですし

プルートの商品化は怪しいところですし、

手軽に当時の玩具版に近いものが欲しいという方には

このミニチュアリータブレット8はオススメです。

かなり小さいですが色味や持ち手の部分は当時の玩具版の雰囲気がしっかり再現されておりますよ(^^)

 

次のミニチュアリータブレットは上級者向け(笑)なラインナップで今からとっても楽しみです。

 

ファイナルチューンタクト

f:id:sc_toy:20180203172308j:plain

ファイナルチューンタクト タカラトミー 2017年11月9日発売 7,538円(税込)

 

激推し番組であるミラクルちゅーんず!のカノン専用後期ステッキアイテム

ファイナルチューンタクトを紹介します。

プリキュアでいうところの箱物おもちゃ「クリスタルメロディボックス」の発売から1ヶ月後に発売しました。

プリキュアの場合箱物リリース後にがっつりとした玩具の発売はもう無いので(箱物ののパワーアップ系位?)

ミラチューのこちらのアイテムは新鮮でした。

子供用の玩具で7千円代のステッキもあんまりありませんよね。

 

f:id:sc_toy:20180203172316j:plain

こちらが本体。ピンクメッキ!!!

最初見た時は白いカレイドムーンスコープか!?と思いました(^^;)

プリンセスキャンドル以上に似ているような気がします。

形状は似ておりますが遊び方やギミックは異なっていて

遊び終えた後はカレイドムーンスコープがあんまり頭にチラつかなくなります。不思議(^^;)

 

ラクルタクトと同じくこのように背面をなぞるアクションでパワーをチャージします

f:id:sc_toy:20180203172312j:plain

モード選びも背面をなぞります。

 

とにかく光り方がめちゃくちゃ綺麗です!!

f:id:sc_toy:20180203170023g:plain

頑張ってGIFアニメを作成。

未だかつてこんなに綺麗に光り輝くステッキがあっただろうか?と思えるほどに綺麗です!

クリスタルプリンセスロッドも筒の部分が光りますよね。

あちらは同時に一色にしか光りませんが、こちらは綺麗にグラデーションになります。

価格設定が低いので仕方がないですが(^^;)

ちなみにPROPLICAのカレイドムーンスコープよりも綺麗だと思います。

値段は倍くらい高いのでもうちょっと頑張って欲しかった…!と思えるほどに

このファイナルチューンタクトは美しく光ります。

 

 カノンのクリスタルジュエルが付属しており、

ジュエルを本体にセットすると羽が動きます。

f:id:sc_toy:20180203172314j:plain

もっと様々なジュエルが欲しかった…!

気が付いたら他のサウンドジュエルは定価以上の値段になっておりました、、

残念。もっと遊びの幅を広げたかった。演歌ジュエルが欲しかったぁあ( ノД`)

 

背面

f:id:sc_toy:20180203172313j:plain

羽の部分はラバー素材?やわらかい素材で覆われていますので

子供が振り回しても安心使用になっております。

 

本体価格が高いだけあって細部にまでこだわって作っているなーと思いました!

 f:id:sc_toy:20180203172315j:plain

先端のト音記号

 

f:id:sc_toy:20180203172310j:plain

ピンクの部分がパール塗装。

一番下の部分がドーム状になっています。

 

おお!と思ったポイントは

このファイナルチューンタクトはモードセレクトを筒、決定がジュエルをセットなので

このボタンはダミーなのすが

f:id:sc_toy:20180203172311j:plain

 ダミーなのにメッキ塗装!!

 

ギミックも良し、本体の装飾も良しで

大満足のステッキアイテムでした!

f:id:sc_toy:20180203172309j:plain

私、ご覧の通りコンパクトとかステッキとか結構買う方なんですけど

ファイナルチューンタクトは子供向けのステッキアイテムでは

稀にみる良作だと思います。

 

プリキュアのおもちゃって「白っ!」と思ってしまう事も多々ありまして。

模様が彫ってあるけど塗装されていなかったり、めちゃくちゃ軽かったり。

ラクルちゅーんず!のアイテムは手抜き感をあんまり感じません。

こだわって作っているな、と思います。

その分値段は少々高いのですが(^^;)

長いことおもちゃを収集してきましたがこういう熱意あるアイテムがあるから辞められないんですよね~…

って感じです。

 

唯一勿体無い点は

f:id:sc_toy:20180203173642j:plain

箱の写真のファイナルチューンタクト、薄紫色で少々くすんでいてあんまり可愛くない(・_・;)

購買意欲をそそられない(・_・;)

実物の方が全然可愛いカラーリングです。

ラクルちゅーんず!が好きな方やステッキ系のアイテムが好きな方に

超オススメですよ~(*^^*)

ラクルちゅーんず!のアイテムはもうほとんど品切れになってしまいましたが

10日ほど前に新宿をぶらぶらしていたらファイナルチューンタクトを発見しましたので

もしかしてまだ売れ残っているお店がポツポツある、、かも?しれません。

 

紹介動画も作成しました。発光や音声などご覧ください(*^^*)

www.youtube.com

 

キラキラ☆プリキュアアラモードの感想

f:id:sc_toy:20180130122522j:plain

12、3歳位に成長したキュアペコリンを想像して描く。

 

何年か前にハピネスチャージプリキュアの感想記事を書いたところ

何故かずっと一定のアクセス数を稼ぎ続ける謎の記事となりました。

今年もキラキラプリキュアアラモードの感想をつらつら書いていこうと思います。

 

私はこの作品を一年間、全話視聴しました。

 

途中で途切れたり視聴を止めてしまう年もあるので

自分にとって魅力的な作品だったと思います。

秋ごろまでは「ずっとこの調子でいくのかな(^^;)」と思っておりましたが

終盤まとまり、しっかり着地できたと思います。

最終回はHUGっと!プリキュアとのバトンタッチの為の回で

中身が無さ過ぎても嫌だなーと思っておりましたが

キラキラプリキュアアラモードらしい素敵な最終回でした。

 

 

個人的に一番良かったと思った点はキャラクターでした。

どのキャラクターも個性的で1年間では足りない位、というか出しきれない位キャラクターが立っていたと思いました。

しっかりキャラクターの弱点を描いていて愛着が持てました。

 なのでキャラクターをもっと知ることが出来る&キャラクター同士の掛け合いを掘り下げていく

日常ドラマのパートが面白かったです。

 

どんな壮大な物語でも、伏線を張って高度な仕掛けを用意しても

肝心のキャラクターに魅力が無いと次の展開なんて気になりませんからね(^-^;

このキャラがどう悩み、どう動いて、どう問題を解決して、どうなったのか

知りたいと思うから

物語を追い続けるのであって、キラキラプリキュアアラモードのキャラクターには

最終回まで追い続ける魅力がありました。

等身大の中学生だったいちかが終盤で目標を見つける事が出来て良かったです。

「キラパティの笑顔が世界に広がってみんなを繋げる」は途方もなく大変な気がしますが

いちかならきっと達成できるんじゃないでしょうか。

いつまでもツインテールの似合う女性で居て欲しいですね。

他のキャラクターも夢に向かって真っすぐ突き進んでいった姿が描かれておりました。

意外だったのはアキラさんのお顔が他のキャラに比べてあんまり変わっていなかった事(^^;)

童顔だったのね…

彼女達の最終回の更にその後の話も気になる位充分にキャラクターを魅了的に表現されていたと感じました。

 

したがって、この「キラキラプリキュアアラモード」という作品は

「キャラクターを重視して作品を楽しむ方」には歴代屈指の名作だったと思います。

だからこそ名作だと思う人と、そう感じなかった人が大きく分かれる作品でもあったと思います。

 

プリアラは名作で、それ以外の評価は受け付けない!という方は

この辺で読むのを止めてください(^^;)

 

 


 

 

 ・変身前が一番楽しい…

プリアラの面白さってキャラクターの人間性であったり、心の成長やドラマ性に頼る部分が大きかった、、ので

これは『プリキュア』の面白さなのかな?と思いました。

 

異なる魅力を持つ個性的なキャラが集結し、スイーツショップを経営。

人間関係やスイーツ関連で問題が発生するも、主人公いちかが光るアイディアで解決していく。

これで作品が出来上がってしまっていて「プリキュアに変身して敵とバトルする」がプリアラにとって

面白さの核の部分では無くなってしまっているような気がしました。

物語のピークがプリキュアに変身する前に来てしまっていてる状態です。

 

ストーリーの最初の1クール目、敵の正体も目的も不明の期間がプリアラは異様に長かったです。

主人公サイドも積極的に平和を守りたい!強くなりたい!という感じでもなく

「状況だから」戦います。

バトル作品において双方戦う理由フワフワしている事は致命的です。

でも『いちかと仲間たちのキラパティ物語』が完成されてしまっているので

敵の目的とか思惑を明確にしてしまうと、それを断固阻止する従来のバトルヒロイン作品になってしまうし。

なので一概に敵の詳細を描けば良いという事でもないです。

バトルヒロイン作品なのか、スイーツショップ経営ドラマ作品なのか

この「キラキラプリキュアアラモード」という作品は主にどの部分をメインで楽しんで観て欲しかったのかよく分からなかったです。(・_・;)

ちなみに私はスイーツショップ経営ドラマの方が面白く感じました。

 

 ・製菓+バトル=伝説のパティシエ・プリキュア

この作品ではプリキュア=伝説のパティシエなのですが…

製菓をするために変身していた訳ではありませんよね(・_・;)

1、お菓子にはみんなを笑顔にするキラキラル(エネルギー)が宿っている

2、敵がそのエネルギーを奪う

3、プリキュアに変身してエネルギーの強奪を阻止する

4、みんな笑顔を守るプリキュアは伝説のパティシエ

 という解釈で良いのでしょうか、、
 最終的にキラキラルは「大好き」という概念がエネルギー物質化したもの?として描かれておりました
万人にとっての「大好き」のエネルギーはお菓子から生まれてパティシエが守らないといけないの?(・_・;)
でもあおいのライブで歌声によってキラキラルが発生したりしたなぁ…
という事はキラキラルを生み出すことは製菓以外でも可能・・・
「大好きのエネルギー」なら当然、製菓以外からでも生まれますよね、、
街のパティスリーでもロックフェスでもキラキラルは発生するんですし、、
敵はプリキュアに変身する前に作ったスイーツのキラキラルを奪うわけだし、、 
キラキラルをうばう者から守る事がパティシエ・プリキュアである必要性って絶対的ではないというか
製菓とバトルの融合はちょっと難しかったと感じました。
 
プリンセスとバトルヒロインが融合していたプリンセスプリキュアで例えると
「プリンセス=女王の娘」ではなく
「伝説のプリンセス=みんなの夢を守り導く究極の存在」という
作品オリジナルの概念を打ち出し、それが違和感なく最後にカチっとハマりました。
「パティシエ=お菓子を作る人」ではなく
「伝説のパティシエ=大好きの気持ちで世界中を笑顔に出来る唯一の存在」
 みたいな感じがもう少し欲しかったです。
 
 
 ・ゆかりさんの成長
キャラクターが良かった!と書いておりますがゆかりさんについては思う所があります。
気まぐれで不敵なお姉様キャラだったゆかりさんが実は悩みを抱えておりました。
実際にゆかりさんみたいな人が存在しているならば
そんな一面もあるのかもね、という感じですが
せっかく立ったキャラをへし折ってでもゆかりさんが悩んで成長する事って重要だったでしょうか。

 「能力値が高く、達観してしまっているが故、皆に期待されてしまう。
だから皆との隔たりを感じる。楽しくない。でも自分から楽しまないと。」というメッセージも
ターゲット層の未就学児がその本質を理解できるのでしょうか。。

ハピネスチャージの時みたいに「楽しませる事」よりも「伝えたい事」が先行しすぎてしまっているように感じました。

これに関しては個人の好みもあるかな、と思います。

成長を通して更にゆかりさんが好きになったという方もいらっしゃって然りです。

個人的な好みでは、ゆかりさんの気まぐれで不敵なお姉様キャラは『悩んで成長した後』のキャラであって欲しかったです。
もしくはゆかりさんは生まれ持って悩んだりしない性分とか。
「ゆかりさん、実は敵サイドの人間?」とか思っちゃう位に翻弄されたかったですね…!

 

・わかりやすい作り

子供が楽しめればそれで良いという事が大前提ですが

敵サイドの目的もよく分からないまま何か月も進行したりと

心理描写がとても繊細だったり

ジュリオ(ピカリオ)が数ヶ月冬眠したり

この要素を理解して心から楽しむちびっ子は居たんだろうか?(^^;)

と思ったのが率直な感想でした。 

悪の親玉が配下を使ってキラキラルを奪ったり闇に染めたい理由が半年以上ぼかされていた点も不思議でした。

・純粋に自分が欲しいから奪う・闇に染まったキラキラルが欲しい(エゴ)

・誰かの為や目的のために奪う・キラキラルを闇に染めなければならない(献身)

・キラキラル自体が目障りで消したい、闇に変えたい(破滅型)

 この3つ、全然性質が違います。結果3個目の理由でした。

全話視聴終了しても、この部分が長らくぼかされていた理由が見当たりません、、

 

ドラマに関してもエピソード・キャラクター過去設定を多用する作りで

いちかの母が長期不在で寂しい思いをしている事も

ゆかりさんが何事にも熱くなれず、それがコンプレックスである事も

あきらさんの妹が病気で入院している事も

時系列的に作品の1話スタート前から起こっていた問題であり

ここを発展させたドラマより、

作中で起こった問題を解決していく方がより分かりやすかったのでは、、と思います。

 

あとアニマルスイーツがあんまりバトルで役立たなかった所が惜しいです!

変身用と、スイーツキャッスルくらいでしょうか?

バトルでもっとアニマルスイーツを使えばよかったのに…!

難しいスイーツを作るとそれがアニマルスイーツ化→クリーマーにセットしてバトルで新技披露

とか。

いちか達は伝説のパティシエ・プリキュアなんだから

スイーツを作ってバトルと連動するような不思議な事が起こったりしても良かったかな、と思いました。

ドラマではなく、わかりやすいパワーアップ系のイベントがもう少し充実して欲しかったです…!

ただ、これはあんまりやりすぎると販促色が強くなるので

そういった意味ではプリアラはおもちゃ買ってね感の少ない作品だったのでは

ないでしょうか。

 

 


 

何点かプリアラを視聴していた感じた事を書かせて頂きました。

繊細な心理描写や、心の成長を描いた部分など

これ未就学児向けかな(^^;)と思ってしまう部分もありましたが

おもちゃの売り上げも好調だったようなので

子供も概ね楽しんで観れたという事ではないでしょうか。

特にスイーツパクトは人気だったと思います!あんまり値下がって無い(^^;)

数年前にスマイルパクトもかなり売れたようなのでやっぱり王道のコンパクトアイテムは人気ですね!

とにかく変身後のキャラクターデザインが良かったと感じました!

うさ耳+ケーキのデザインのスカートで全体的にピンクで

特にキュアホイップが好みでした。

2年前のプリンセスプリキュアが可愛かったのでもうこれ以上可愛いプリキュアはいないかも

と思っていたら魔法使いプリキュアキュアミラクルもめちゃくちゃ可愛いデザインで。

さすがにもうこれ以上は難しいでしょうと思っていたらプリアラも凄く可愛かったです。

後期のEDも良かったです。曲もダンスの振り付けも可愛かった!

プリアラのキャラクター性やデザインの魅力を余すところなく表現していました。

 

プリアラに込められていたメッセージ性は

生きていく上でこれって大切だよね、という所も多くて

このメッセージの本質が届いたちびっ子たちの頭の中に残り続けるのではないでしょうか。

ちなみに私が子供の頃、というか本当に小さい頃に観てずっと頭に残っている作品はちびまる子ちゃんです。

日頃から仮病を使って盲腸になっても信じてもらえなかった話とか

鼻血に憧れる話とか、何だか馬鹿みたいなエピソードなんですが

何故かふとした瞬間に思い出します(^^;)あんまり道徳的なお話ではないのですけど。

キラキラプリキュアアラモードも頭の中のどこかに残り続けて欲しいと思えるような

素敵な作品でした。

 

ミラクルちゅーんず!と玩具のぼやき

f:id:sc_toy:20180125111516j:plain

 JUMP!のジャケットのポーズが可愛い…!という事で描いたヒカリ

最近Twitterを始めました!

twitter.com

PCからブログを閲覧している方はサイドバーに表示されているので

もうご存知かもしれませんが

一応つぶやき系のブログパーツとしてと、私の情報収集のためにアカウントをとったので

あんまり有益な事は呟きませんが私の生存確認はこちらでしてやってください(*^_^*)

 

最近は相変わらずミラクルちゅーんず!にどっぷりで。

年開けてからの展開が中々ドラマチックで素晴らしいです。

VS魔王の時、クリスタルジュエルを奪われてしまったかカノンを

元気付けようとフウカが煎餅ケーキをあげるのシーンが

とくに良かった~っ!良い歳して泣きそうになる…!

カノンが魔王の攻撃を受けてしまうシーンはDBのセルに殺されたトランクスを思い出しました!笑

女子供にも容赦しない魔王様!

いつでも元気で前向きでお腹が空いてるカノンがまさか弱気でらしくない言動をしてしまって

視聴者としてもショックを受けたのであの話はかなりの破壊力でした!

魔王が思っていたよりデカイし強い!ミラクルちゅーんず達は全く歯が立たなかったし・・・

ファイナルチューンタクトは唯一魔王をチューンアップできるアイテムなので

クリスタルチューンアップが決まればサクッと決着がつくかな(^-^;

傷ついてボロボロになってるミラクルちゅーん達をあんまり見たくないよー!

 

あと、柚原さんの話も良かったです。

いつでもmiracle2の側にいて理解して応援してくれていた柚原さんは

このような気持ち、というかモットーをお持ちだったんだとようやく知れました。

アイドルとマネージャーという立場 では、それが普通なのかもしれないけど

敵に物怖じせず言い放つ勇気に感動を覚えました・・・!

 

2月14日にmiracle2のベストアルバムが発売しますね!

全曲って書いてあるからミラクルちゅーんず!はやっぱり3月最終回かぁ…!

奪われたサウンドジュエルの個数が全部で48個という事だったから

なんとなく予感はしていたけどあと2ヶ月で終わっちゃうなんて( ;∀;)

私は1年かけてポツポツとミラクルちゅーんずのおもちゃを集めました。

最近はファイナルチューンタクトを購入しました。

ファイナルチューンタクトは年明け後も何度か見かけているので

品薄状態のミラちゅー玩具の中ではまだ比較的手に入れやすいかもしれません。

まさかここまでミラちゅーのおもちゃが品薄になるなんて予想していませんでした。。

「値下げを待って購入しよう」と思っていた方々は焦って購入を考えている頃でしょう。

夏頃に購入したサウンドジュエルペンダントは定価から考えると何倍にも高騰してしまっていて

すっかり手に入りにくいアイテムになってしまいましたね。

プリキュアの方が余っていて値下げを狙いやすい状態ですが

販売個数とか売り上げはミラちゅーよりプリキュアの圧勝でしょうね(^-^;

ラクルちゅーんずは売っているお店が少なかったし番組の認知度も最初はあんまり上がらなかった。

クリスマス頃売り上げが伸びて市場に出回っている分はほぼ売り切ったけど

クリスマス後に追加で生産しても番組の終了も近く売りにくいから、売り場に残るリスクを考えたら追加で生産せず。

といった感じでしょうかね。

クリスマスを控えた秋くらいにこの調子が出てミラクルポッドとかタンバリンが売れていたら追加で生産したんでしょうけど。。

「売れ残ってしまうリスク」って相当なものだと思います。

最寄りのヨーカドーで去年のプリパラの玩具(マイクパーツやロゼットパクト)がかなり売れ残っていて

今年のアイドルタイムのおもちゃは取り扱いが無かったので

売れ残ってしまうと作品自体を取り扱ってくれなくなってしまうんだなぁと。。

『おもちゃ屋さんの倉庫』という激安玩具店をご存知でしょうか。

番組終了した玩具を格安で売ってくれてる素敵なお店です。

そこにもプリパラのおもちゃが山の様に流れてきていて(-_-;)

プリパラは4年も続いた作品なので、番組やゲーム自体は絶対的に素晴らしいんでしょうけど…

作り過ぎたかな…

今年は売れ残らない様に作り過ぎない作戦なのかもしれないですね。

…という事はミラクルちゅーんず!の後番組が控えてる…!?って事??

 

ラクルちゅーんず!に終わって欲しくないから複雑!!

 

プリパラはプリ☆チャンという新シリーズになるようで

こちらは最初の1話目からしっかり観たいです!

玩具の情報はまだですが液晶が復活しそうな予感がします…何でだろう。

タカラトミー関連にお熱ですがバンダイ関連も暑いですよ!

ハートフルハーモニーが届いたりプリアラは次で最終回だし。

プリアラに関しては感想記事を書こうかなと思いますのでまた近々。

ロゼットパクト

f:id:sc_toy:20180114150613j:plain

ロゼットパクト タカラトミーアーツ 2016年7月14日発売 6,458円(税込)

 

こちら去年のプリパラのおもちゃです。

ジュルルという赤ん坊をボーカルドール(?)に育成できるようです。

値下がっていましたので購入しました。今更の紹介になってしまい申し訳ないです。

 

 

 

f:id:sc_toy:20180114150611j:plain

液晶アイテムなのですが、ゴールドメッキが輝きを放っております!!

これは良いですね!

この↓ハートのカットの部分もキラキラなカットです。

f:id:sc_toy:20180114150612j:plain

ロゼット状の造形が可愛いです!

 

 開けるとこんな感じです。

f:id:sc_toy:20180114150610j:plain

ボタンと下段のリボンの黄色が濃いピンクか、メッキゴールドだったら

最高だったんですけど、、

ちなみに本体がピンクではなく緑のジュリィバージョンも存在しております。

 

こちらのアイテムは筐体と連動するようなので

プリパラのアーケードゲームをプレイすると真価を発揮するかもしれないです。

以上、ロゼットパクトでした!

 


 

 

去年のプリパラは赤ちゃん育成系のシーズンだったようですね。

 この玩具を通して知りました!

今年のプリキュアの「HUGっと!プリキュア」も赤ちゃん育成系ですし

赤ちゃんの育成要素は人気が高いんですね!

私も幼稚園児位の頃、赤ちゃんの人形をおんぶして遊んでいた謎の記憶があります(^^;)

逆さにすると中身が減る哺乳瓶のおもちゃも持っていたなぁ、、

子供は赤ちゃん育成が普遍的に好きなんですね(^^;)

 

今期のプリパラのおもちゃも可愛いです。

プリパラってミントっぽいカラーが好きですよね。

アイドルタイムハープ、形は可愛いんだけどという所が、、

あんまり女児番組のおもちゃで緑押しって無いですよね!

主人公らぁらの紫の反転色が緑だからでしょうか?

玩具好きとしては女児玩具王道カラーが好きなので緑は微妙なんですが(^^;)

白×ピンクのハープ&マイクセットも存在しておりますが

年末で売り切ったようですね。

大本命という訳ではないので、さすがにamazonのプレ値だったら購入しないです。

あと1クール残っているし、新OPでもゆいのマイクとハープはアピールされているし、、

ラクルちゅーんずの玩具といい、タカラトミーさん生産量、、間違えた?(・_・;)

 

タカラトミーといえば!

最近さくらの大人の女性向けラインが発表されましたね!

対象年齢が幼児でなく15歳以上の女性向きのトイホビー好きの存在が

バンダイ以外でも認知されてきたようで嬉しい( ;∀;)

女性向け男性キャラクターのフィギュアとかアクキーとかの「キャラクターグッズ」は

前々からあったけど

少女漫画原作アニメの玩具を模したアイテムのリリースがここまで広がったのって

最近な気がします。

全ての始まりは2013年のクリスタルスターのパウダー予約開始辺りからだったような…

 

せっかくの大人向け玩具ですが、夢の杖がギミック無しで残念…っ!

でも欲しい!!!コスプレする方とかに良いですね!

でも、いつか夢の杖のギミック有り版が発売しますように…!!

封印の杖・星の杖・夢の杖と玩具版で揃える事が出来たら最高なんですけど…!

 

 

広告を非表示にする

ミラクルタンバリン

f:id:sc_toy:20180109214550j:plain

ラクルタンバリン タカラトミー   2017年7月13日発売 6,458円(税込)

 

f:id:sc_toy:20180109214548j:plain

こちらドラマ「アイドル戦士ミラクルちゅーんず!」の

追加戦士・白鳥アカリと白鳥ヒカリの武器アイテムです。

 

f:id:sc_toy:20180109214547j:plain

金メッキ!!!

メッキは素晴らしいですね。華やかさが全然違います。

f:id:sc_toy:20180109214541j:plain

サウンドジュエルペンダント・アカリ&ヒカリ版には付属していなかった

アカリとヒカリのアイドルジュエルも付属しております。

 

f:id:sc_toy:20180109214546j:plain

本体を振ってモードセレクト、真ん中クリアの部分を叩くと音声が鳴り光ります。

 

f:id:sc_toy:20180109214545j:plain

この3か所と、クリアのプレートがそれぞれ別の、色々な光ります。

f:id:sc_toy:20180109214544j:plainf:id:sc_toy:20180109214546j:plain

 

f:id:sc_toy:20180109214543j:plain

3個同時に光るのではなくリズムによってズレたりします。

この発光ギミック、かなりこだわっていると思いました!

さすがタンバリンアイテムの中でも高価なだけはあります。

背面はこんな感じ

f:id:sc_toy:20180109214542j:plain

 

遊び方は劇中の必殺技の再現と

ラクルタクトと同じように演奏モードも付いております。

catch me!はもちろん2クール目のエンディングJUMP!も演奏できます。

 

 

こちら、ミラクルタンバリンは劇中で明確に「ミラクルタクトより強いアイテム」という位置付けでした。

バリアも張れるし、攻撃威力もタクトより強い。

これって何故なんでしょうかね?

強いという設定はアイテムの販促になりますが

劇中の設定としては何故タクトよりもタンバリンの方が強いのでしょう、、

f:id:sc_toy:20180109214549j:plain

アカリとヒカリが初期3人よりアイドルとして上であるという事…?

対決ではカリカリとmiracle2の実力は拮抗していたと思います。

カリカリは実力派という描写がありましたが

miracle2が2人に劣っているという明確な描写はありませんでしたので。

 公式HPを見ながら色々と考察してみました。

カリカリのパートナーであるリズムズのアルムが女王様に使えている。

ソプラはその弟ということでこの2匹はリズムズの中でも優秀な方

だからカリカリの変身後の武器は初期メンバー3人の武器より強いのでは?

という結論に至りました。。

ガイドブック的な本が発売しているのでそれに正解が書いてあるのかもしれませんけど(^^;)

ラクルちゅーんず!は小難しい設定の作り込みをせず徹底してターゲット層に分かりやすく作られている作品なので

ラクルタンバリンが強い事に理由なんて無いのかもしれませんね(^-^;

 

 

アカリとヒカリのファンは絶対にゲットした方が良い一品だと思います!

ラクルタクトが可愛かったので勢いで購入しましたが

買って良かったです。

金メッキ×本体薄ピンクという色の組み合わせも個人的に好みでした!

 


 

 

ラクルちゅーんずのアイテムは品薄が続いています。

もう生産しないのかな?

ショッピングモールのライブは物凄い混雑みたいなので

おもちゃ売り場で2000円分ミラクルちゅーんずの玩具を買うと

ライブに招待企画に参加したかったのですが

ヤマダ電機のミラクルちゅーんずコーナーに一つもおもちゃが残っておりませんでした(泣)

リズムズのぬいぐるみ位は残っていると思ったのですが甘かったです(^-^;

絶対に押さえておきたかったペンダントもタクトもゲット済みなので

玩具好きとしては悔いはありませんが(^-^;

でも無駄足に終わったし、、キャンペーンやるなら在庫補充してからやってよ……

タカラトミーの公式通販でもなりきり系アイテムが品切れなので

1クールは玩具無しで放送するのでしょうか?(・_・;)

今からおもちゃを増産しても間に合わなそうな。。

でもマジでそのつもりなら凄い事です。

昔子供向けの番組なんて、おもちゃ会社の広告だなんて言われていた時代もあったそうですが

玩具の在庫が無いならスポンサーのタカラトミーはミラクルちゅーんずを放送しても儲からない訳だし…。

つまり完全に子供を喜ばせるための慈善番組!

…というのは無理なので、権利とか玩具では無い物で儲かるのかな?(^^;)

CDとか(^^;)

 

プリキュアみたいにブランド力が無いから流通量、生産量も様子見で絞られていたかとは思いますけど

女児玩具を集め始めて番組終了前にここまでなりきり系玩具が売り切れた事って無かったと思います!

ラクルちゅーんず、凄いです!

 

スティック&ロッド5

f:id:sc_toy:20180107231749j:plain

 

美少女戦士セーラームーン スティック&ロッド5 BANDAI 2017年12月4週 1回500円

 

スティック&ロッドシリーズの第五段がリリースされました!

今回のラインナップは

レインボームーンカリス、ディープアクアミラー

スペースソード、ガーネットロッド、サイレンスグレイヴです。

作中では目立っていたアイテムですが

玩具版ではセーラームーンのコンパクト等に比べると結構マニアックな部類のアイテムですね。

サイレンスグレイヴは当時玩具化されませんでした。

 

f:id:sc_toy:20180107231803j:plain

 

レインボームーンカリスが素晴らしい出来です。

 

f:id:sc_toy:20180107231806j:plain

銀水晶が入っております。

塗り分けではなく前面部分はストーンが入っています。

 

f:id:sc_toy:20180107231809j:plain

さすがに背面にはストーンはありませんが500円でここまでするかー!

凄い!という感想です!

カプセルグッズDELUXEのカリスにあと100円出せば

ここまで凄くなるのか…!あっちは塗り分けでしたが十分良い出来だと思いました。

今回、コストが掛かっているようで数が絞られていてアソート数が少なかったようです。

主役のアイテムだし、どこか妥協してコストカットしてでも出やすくした方が

良かったような気もします(^^;)

1回500円。何度も回してダブるときついです。

 

ちなみに赤くてサイズも近く、格段に出来が良いものが

すでに発売されていますので

コンプセットに強いこだわりが無い限りはこちら2品のどちらかを持っていたら

何千円も払って回さなくても良いかもしれないです。

sc-toy.hatenablog.com

sc-toy.hatenablog.comサイズ感的にクリップケースが一番近いかな。

 

以前も同じ事を書いたと思いますが

カリスってアニメでも当時の玩具でも赤く無いのに

なぜに最近グッズ化されているカリスは赤いのだろうか(^-^;

当時の玩具が好きな玩具マニアからするとピンクの方が好きですね。

金×赤は高級感があり、この色の組み合わせはとても好きですが

既存のカラーを改変する事には疑問を覚えてしまいます(^-^;

 

次に、個人的にとても良いと感じたものは

ディープアクアミラーです!

f:id:sc_toy:20180107231752j:plain

緑のストーンが入っていて華やかです。

複数個持っていたら実用したいですね。

分割線がくっきり入っているので当初あんまり期待しておりませんでしたが

実物はメッキの輝きが目立って分割線はそこまで気になりませんね。

 

とくにこのスタンド部の造形が良いです!

f:id:sc_toy:20180107231757j:plain

これ、当時のディープアクラミラーについていたチャームを

実寸大ディープアクアミラーでスタンドにアレンジされたものを

ミニチュアで再現してる!

ちなみに↓これが実寸大ディープアクアミラーのスタンドです

f:id:sc_toy:20170924094928j:plain

 

実寸大ディープアクアミラーの記事はコチラ↓

sc-toy.hatenablog.com

毎度ガシャポンとは思えないほどクオリティが高いスティック&ロッドシリーズですが

今後も続くかな?

続いて欲しいですがもう出尽くしてしまったので難しいかもしれないですね…。

色替えして再登板とかは微妙かなー…

カリスがOKならスタリオンレーヴもイケそうですが

さすがに500円だと、どこか妥協しないといけないですね。

スタリオンレーヴはデザインが細かいので。

あとはスターパワースティックとか原作のみに登場している杖とか

玩具版の時空の鍵(収納ケース付)とか、、

かなりマニアックな所まで掘り下げないと、もう思い付きませんね。

どれみのポロンが3種でガシャ化したのでイケるかな。

 

年始、明治神宮へ初詣に行った際にセーラームーンストアに初めて行ってみました!

f:id:sc_toy:20180107233820j:plain

主にこの棚が良かった…!

 

あとシュタイフ×セーラームーンが可愛かった…!

ぬいぐるみ趣味があるという訳ではないのですが理屈抜きで可愛かった…!

値段は可愛くないけど(^^;)

ミニチュアリータブレットのスタンドも購入当時はぼったくられた感が満載でしたが

こうやって飾られている実物を見るとめちゃくちゃ可愛い!

 

欲しい食玩もガチャもゲットしてしまっているので熱烈に欲しいものはありませんでしたが

セーラームーンファンにとって癒し空間でした(^^)

 

ミュウザクロ ザクロスホイップ

f:id:sc_toy:20180103105333j:plain

ミュウザクロ ザクロスホイップ タカラ  2002年6月13日発売 2,400円(税抜)

 

こちら2002年ころ放送していた「東京ミュウミュウ」のおもちゃです。

チーム内でのお姉さんキャラ藤原ざくろハイイロオオカミのDNAと融合して変身した姿ミュウザクロの武器になります。

東京ミュウミュウはキャラクターごとに武器玩具が発売しました。

最近では玩具での大体キャラクターの表現が付け替えパーツになってしまっているのでとても贅沢です。

それぞれの武器ごとに値段も異なっていて

なんともいえないキャラクター格差を生み出しております(^^;)

このザクロスホイップは5人の武器の中で主役ミュウイチゴ「ストロベルベル」の次に高価です。

パッケージの十字の状態からフルートモードに変形ます。

 

f:id:sc_toy:20180103105323j:plain

変形するのはザクロスホイップだけなのでコストが掛かっております!

この形態でボタンを押すと哀愁あるメロディが流れ右の先端の宝石部分が光ります。

左端のパサパサしたオーロラ加工の紐みたいなものが鞭という設定になっております(^^;)

 

十字の時

f:id:sc_toy:20180103105329j:plain

この状態の時に振ると振動で必殺技が発動し右の先端の宝石部分が光ります。

 

 東京ミュウミュウの玩具はめちゃくちゃ売れ残ってしまっているなか

このザクロスホイップは売り切れで入手に少々時間が掛かったのを覚えております。

一時高騰したけどぴちぴちピッチが放送して1年位経ったときには安くなっておりました。

 

他にもストロベルベルとの連動ギミックがありますので

興味のある方は動画にて確認してみてくださいね!

www.youtube.com

 

あけましておめでとうございます!

干支にちなんだ動物系魔女っ子おもちゃをやってみました!

今年は戌年という事で、オオカミで許してください(^^;)

本来タイムリーなキュアショコラにするべきかと思いますが

プリアラ玩具はまだ未所持なので、東京ミュウミュウの玩具となりました。

 

去年は鳥でした。鳥は豊富にありました。

確か去年は紹介していない玩具が溜まっていたので

この↓記事の下部に次いでにちょっとチャチャの玩具を紹介しております。

sc-toy.hatenablog.com

 

ちなみにその前の申年も東京ミュウミュウのプリングリング…

東京ミュウミュウ玩具はこの干支玩具企画で大活躍です。

どう頑張っても思い当たらない動物もありますね(^^;)

ちなみに羊の時はギブアップしております。

 

2018年も2017年のように可愛い玩具がいっぱい発売されると良いなぁ…!

今年も相変わらずの調子で更新していきたいと思っておりますので

何卒よろしくお願いいたします!