sweet candy 魔女っ子おもちゃ ブログ

可愛いと思った魔女っ子おもちゃを紹介していくブログです。ブログ内の全画像の無断転載禁止。

SC

ライトサークル&コーリングチョーカー

f:id:sc_toy:20180813141110j:plain

ライトサークル&コーリングチョーカー タカラ 1999年発売 1,980円 (税抜)

 

こちら99年に放送していた「スーパードール★リカちゃん」に登場するドールイヅミの専用アイテムです。
スーパードール★リカちゃん」のストーリーパターンは、主人公リカをドール3体が守るという内容で(超ざっくり)
女児向けアニメではあんまり無いパターンだったと記憶しております。

チョーカーはイヅミの起動用アイテムです。ギミック無し。
武器のライトサークルは回すと効果音が鳴り、端がピカピカ光ります。
トンファーにも見える…けどバトンです(^^;)
ライトサークルの正面アップはこんな感じです↓

f:id:sc_toy:20180813141127j:plain

メッキ塗装&ストーンの中はホロが入っています。

 

こちらの「ライトサークル&コーリングチョーカー」の特徴はである事。
女児玩具の王道アクセントカラーはピンクや赤が多めなので、緑のアイテムはほとんどありません。

近年放送していたプリパラのおもちゃでロゼットパクトやアイドルタイムハープなどのおもちゃがいくつか発売していて
珍しいなーと思っておりましたがそういえば1999年にも存在しておりました。
さらに過去にもミラクルガールズで緑色のおもちゃを発売していたし、、
タカラは昔から緑の女児用玩具を発売していたんですね。

玩具を収集し始めてトイザらスを何店舗か巡っていた日々、クリアランスコーナーにて
ドールリカのコーリングリングが100円、別店舗ではコーリングペンダントが500円という破格で売っていて
どれみのおもちゃと一緒に購入した記憶があります。
作品縛りではなく、可愛かったら作品関係なく買う!という自分の精神は
ドールリカのおもちゃがきっかけだたのかも…?(^^;)
こちらのライトサークル&コーリングチョーカーは2004年位にフリマで200円位で購入しました。
当時はまだフリマで珍しいおもちゃに出会う事が多かったですが
2008、9年後位からはほとんど出会わなくなりフリマに足を運ぶ数もかなり減りました。
あの場の雰囲気や宝探しする感覚は好きなので今でもたまに行きますけど
ハッピーセットのおもちゃや妖怪メダルとアイカツのカード、プライズ品が多い印象で
魔女っ子おもちゃはあんまり多くないかな(^^;)

デジタルデバイス系でもなく王道の魔女っ子おもちゃ系でもない
クリアパーツを多用し独特の雰囲気をもつ「スーパードール★リカちゃん」の緑色のおもちゃでした。
このブログは発売してから大体3年内の新しい玩具の紹介がメインですが
箸休め的にたまに古いおもちゃも紹介していけたら良いかなと思っております。

プリパラアイドルウォッチ

f:id:sc_toy:20180913204002j:plain
プリパラアイドルウォッチ らぁらver. タカラトミーアーツ 6,500円(税抜)  2017年7月6日発売

こちらはアイドルタイムプリパラに登場したアイテムになります。

f:id:sc_toy:20180913204006j:plain
らぁらver.なので蓋が薄紫色です。
色違いのゆいver.も存在しており、そちらは蓋が水色です。

このウォッチに「アイドルタイム」が貯まったらライブが出来るという設定でした。
たまごっち的な育成ゲーム遊びなら、前シーズンにもありました。

 

sc-toy.hatenablog.com

ロゼットパクトの方がメッキの面積が多くてキラキラしていましたが
アイドルウォッチは形が非常に可愛いのでキラキラ系とはまた違った魅力がありますね。
懐中時計型アイテムといったら

f:id:sc_toy:20180914101256j:plain

セイントテールにもありました!↑セイントタイムコンパクト
似たような液晶付だと

f:id:sc_toy:20180914101140j:plain
リルプリのくるくるコレクションとか…。
この頃(2010年)はまだ玩具の液晶は白黒が主流なんですよね。

開くとこんな感じ↓

f:id:sc_toy:20180913204005j:plain

画面に映っているモードは妖精キャラの育成モードです。
たまごっちみたいにミニゲームしたりごはんをあげたりして遊べます。
一定期間育てると別の妖精キャラに変更されます。

f:id:sc_toy:20180913204003j:plain

ここにモード切替スイッチがついていて
育成モードからキャラクターが遊びに来てくれるモードに切り替える事が出来ます。

f:id:sc_toy:20180913204004j:plain

裏面にジュエルをセットし押し込むとキャラが遊びに来ます。
この付属のジュエルではらぁらだけではなく数名のキャラがランダムに遊びに来ますが
他のジュエルではどんな感じなんでしょうか。。
ジュエルを収集していないので不明です。

今のところ付属のジュエルしか試しておりませんが
付属のジュエルだとランダムで色々なキャラクターが遊びに来てくれます。

 

液晶画面が綺麗に光るので魔女っ子おもちゃ感があります!

f:id:sc_toy:20180910090105g:plain
この綺麗さは白黒液晶では不可能ですね。
液晶×魔女っ子おもちゃの可能性を感じました!

このアイドルウォッチはゲーム筐体との連動も可能です。
f:id:sc_toy:20180913204001j:plain
画面に表示されるQRコードを読みとれるそうです。

 

アイドルタイムマイク、ゆいのマイク&ハープ、そしてこちらのアイドルウォッチ。
アイドルプリパラのなりきり系おもちゃはこちらの3点を購入しました。
通常のハープ、ファララマイクは女児玩具にしては珍しく緑色で
やっぱり私は王道カラーの方が好きかなー…と思い未だに購入には至っておりませんが
過去、緑色のおもちゃを購入した事を思い出しまして。
次回は「昔の緑色のおもちゃ」を紹介させて頂きます!


プリパラシリーズ、面白いなら観てみようかなと思い観始めたアイドルタイムプリパラですが
終わってみると結構喪失感があります、、(^^;)
最初のアイドルタイムグランプリの回や、みちるがミーチルとプー大陸という存在を理解する話とか
じーんと来る素敵なお話でした。

後番組のプリチャンも視聴しています。
プリチャンの世界はキャラクターや設定がプリパラよりも現実的ですね。
動画を撮影して「いいね」を獲得しフォロワーを増やすというユーチューバー的な要素が終盤まで続き
「いいね」が貯まったら最後にアイドルライブをするので
ユーチューバーなんだかアイドル物なのかどちらにも振りきれていないような印象を受けました。
いいねを貯める為の動画の撮影パートに楽しい要素があんまり無い(^_^;)
テーマが話題の職業であるユーチューバーである事以外
「プリチャンという作品はココが他作品よりずば抜けて面白い所です!」というポイントが今の所伝わりきれていないというか…。
曲も衣装もキャラデザも可愛いのに、プリパラと比べると今のところはパワーダウンしたような印象です…
ぶっ飛んだキャラクターで魅せる表現力は相変わらずだと紫藤めるの登場で感じたので
これから惹き込まれていくのかな?
茶番っぽいシーンはキャラクターに愛着が湧けば楽しくなりますしね。
おもちゃの展開もプリパラとは変わりあんまり魔女っ子おもちゃっぽくないので
今の所購入は未定ですがそのうちに可愛いおもちゃが出てくれる事を期待しています!

マジョカパレット

f:id:sc_toy:20180907111115j:plain

マジョカパレット タカラトミー 2018年7月14日発売 10,778円(税込)

 

こちらはマジマジョピュアーズの追加戦士星奈シオリの変身アイテムです。
そして変身だけではなく魔法もつかえるという優れものです。

f:id:sc_toy:20180910102153j:plain


初期メンツ3人の変身アイテム、武器ともに液晶が無かったので
今年は液晶アイテム無しでいくのかと思っておりましたが
後半リリースされるものは液晶アイテム多かったですね(^_^;)

f:id:sc_toy:20180910102158j:plain

何といってもこちらのマジョカパレットはメッキとホログラムで大変キラキラしておりデジタルデバイス感が薄く
「魔法のアイテム」感をあまり損なっておりません。
星型のボタンを押せばすぐに変身遊びができるのでちびっこでも安心の簡単ギミック。

f:id:sc_toy:20180907111114j:plain

シオリの変身シーンが流れると同時に

ヒャーーアーーーッ!!!と叫ぶ謎のハード系変身BGMも劇中と同じように流れます。

 

この星型の穴の部分でマジョカルミナやマジョカジュエルを認識させる事ができます。

f:id:sc_toy:20180907111117j:plain
 星型の穴あけパンチで穴開けた感。
ここに近づければ認識するのでパッケージに入れたままのマジョカジュエルも認識させる事が出来ます。便利!

シオリのマジョカジュエルも付属しております。

 

f:id:sc_toy:20180907111116j:plain

 メッキ!
これ指輪なのですが子供サイズですね(^^;)

 一緒にピュアライズして遊べるモードや
知育遊びモードも搭載していて飽きにくいし
マジョカルミナを持っているとさらに遊びの幅が広がるし
良い液晶アイテムだと思いました!
プリパスやミラクルパクトよりかなり軽いので未就学児でも持ちやすいと思いました。

f:id:sc_toy:20180907111113j:plain
今の所マジョカルミナ未所持なのでこの連動遊びは未確認です!

良い液晶玩具ではありますが画面がタッチ操作しにくい
画面に触れても反応が無い事が多いです。
大人はタッチペンとか必須かも?と思いました。
 

シオリが加入して2ヶ月も経たずにまさかの5人目の情報が出ましたね!

f:id:sc_toy:20180421110811j:plain

マジョカクレストの白、ようやく判明…!
タカラトミーモールのサンプルの写真では新アイテムマジョカアイリスもマジョカランタンもメッキ不使用っぽいですね。
キラキラアイテム期待していたから残念!
マジョカアイリスはステッキだけどダブル液晶搭載しているそうで、まさにステッキ新時代って感じですね。
5人目・ユリアの活躍が楽しみです…!

 

 

タカラトミーモール

カードコミューン15th Anniversary Edition

f:id:sc_toy:20180826192013j:plain

ふたりはプリキュアカードコミューン15th Anniversary Edition  BANDAI 2018年8月18日発送 8,640円(税込)

今年でプリキュア15周年という事で記念アイテムが発売されました!
初代の「ふたりはプリキュア」の変身アイテムである「カードコミューン」のリメイクです。

f:id:sc_toy:20180826192012j:plain

当時の玩具のように付け替えパーツやカードが付属しております。
ふたりはプリキュアはリアルタイムで全話視聴しましたから懐かしさが爆発してます・・・!
それまでのキラキラな女児玩具が大好きだった自分にとっては
デジタルデバイス型液晶玩具に複雑な気持ちを抱いておりましたが
14年後、まさか液晶無し版が発売されるなんて!

 

f:id:sc_toy:20180826192007j:plain

劇中の描写と同じようにハートがピンクな所が良いですね!
全体的にパール塗装でハートの縁やエンブレムが銀メッキ。
高級感があります。

 

開くと

f:id:sc_toy:20180827222735j:plain

中身も劇中を完全に再現しています。
付属のカードをスラッシュして変身したりお世話遊びしたりするギミックも同じで
ほとんどの音声は新録されたものだそうです!
当時の玩具には妖精の目の部分と顔の下に白黒の液晶が搭載されていました。
液晶が無くなった事により妖精の顔の大きさも劇中に近くなったと思います。

変身BGMやオープニングテーマの音声ギミックを聞くと、その尺の長さに技術の進歩を感じました!
カードを上下逆さにスキャンして効果音SE版が楽しめたり、レインボーストームが放てたりと
このリメイクにしかないオリジナルなギミックも搭載されております。

f:id:sc_toy:20180826191540j:plain

カードの裏面も当時と同じ柄です!

 

メップルの顔パーツ版。

f:id:sc_toy:20180826192011j:plain

顔パーツを付け替えるとボイスが変わります。

この顔のパーツPVCですね。。柔らかくて劣化しやすいと思います…
普通にABSで良かったんですけど(・・;)
この素材じゃないとダメな理由はきっと↓

f:id:sc_toy:20180826192008j:plain
頬を光らせるためでしょうかね…?
ボタンを押して操作すると頬が赤く光ります。
劣化は怖いですが可愛いギミックです!

 

f:id:sc_toy:20180826192010j:plain

 2004年頃に4、5歳で初代のプリキュアを視聴していた方々は義務教育を終え
バイトも出来てもう大人なんだと思うと時の流れの速さをしみじみと感じますね(^^;)
プリキュアの記念アイテムといえば10周年の時にも出ましたね。

f:id:sc_toy:20180827223533j:plain
こちらはかなり小さいし、中身くり抜きだったな、、(;´∀`)

ミニチュアの集合とハイグレード玩具では別のベクトルの商品だと思いますが
カードコミューン15th Anniversary Editionの方が気合を感じる良い記念アイテムだと思います!


最近はカードコミューンのコスメまで発売されて
本格的にプリキュアの大人向けアイテム路線始動でしょうか!
プリンセスパフュームのメッキ版とかコロンとか来ないかな~

今後が楽しみです!

 

 

プレミアム バンダイ

PROPLICA プリズムハートコンパクト

f:id:sc_toy:20180825195447j:plain

 PROPLICA プリズムハートコンパクト BANDAI  2018年8月24日発送 8,100円(税込)

 

セーラーちびムーンの変身アイテム「プリズムハートコンパクト」が PROPLICA化しました!
中央に大きめなピンクのハートがどーんと配置されたシンプルながら派手なデザインが
大好きなので予約段階からとても楽しみにしておりました!
ようやく届いたので早速紹介させて頂きます!

 こちがら本体!


f:id:sc_toy:20180825195444j:plain

ハートがキラキラ…!
ピンクムーンスティックの時に感じたハートのキラキラ感が
こちらでも再現されているように思えました!

 全体的なフォルム感は当時の玩具よりも分厚いです。

f:id:sc_toy:20180825195450j:plain

従来のコンパクトとの大きな違いはコンパクトの内側が光るのはもちろん
外側のハートの部分も光る所だと思います。

 

f:id:sc_toy:20180825195451j:plain

蓋のハート、光とキラキラ感が増して本当に綺麗です!

f:id:sc_toy:20180825192836g:plain
 緑と青の石は光りますが中央の赤い石は何故か光りません。
勿体ないです(・_・;)
ちなみに劇中では光ってました。

f:id:sc_toy:20180825192835g:plain
伝わって欲しい、このキラキラ感…!
輝きに奥行がある感じです。
昔のコズミックハートコンパクトを思い出しますね。
というかPROPLICAコズミックハートコンパクトもこんな風に光れば良かったのに~~
って悔しくなっちゃう程に光り方が綺麗です!

ハートの上の王冠部分の赤い石がボタンになっています。
当時の玩具ではピロピロと安っぽい音で再現されていた変身BGMが
劇中で使用されていたものそのままで流れて感動…!
あの安っぽい音も結構好きですが
技術の進化を感じます…!

 

 
開くとこんな感じ


f:id:sc_toy:20180825195448j:plain
ギミックを作動させていない状態だとハート型の鏡が2枚ある状態になります。
一番下の星のボタンを押すとちびうさの台詞が流れてセレニティの影絵が浮かび上がります。

f:id:sc_toy:20180825192825j:plain

 当時の玩具だとコンパクトの開閉でセレニティのホログラムでした。
明るい部屋での撮影が難しかったです(^^;)

本体裏

f:id:sc_toy:20180825195449j:plain
 PROPLICAシリーズ十八番の電池隠し


f:id:sc_toy:20180825195446j:plain
今回も箱がスリーブになっていて可愛いです。
PROPLICAシリーズは色がなんか違うとかレリーフが省略されたりとか
残念な形で改変されてしまった事例もありますが
今回はかなり良かったと思います。

f:id:sc_toy:20180825195445j:plain
箱に書かれている通り本当に至高のプリズムハートコンパクトでした!
 

 セーラームーンシリーズの中でもSが一番商業成績的に良かったらしいので
 Sのアイテムが多くPROPLICA化しましたね。
コズミック、ハートムーンロッド、カリス、リップロッド2種、ピンクムーンスティックときたので
あとはプルートのリップロッドくらい?
タリスマンは難しいかな。
Ssだとクライシスムーンコンパクトとちびムーンコンパクト
クリスタルカリヨン、スタリオンレーヴも欲しい!
セーラームーンのPROPLICAの次作が気になります…!

 

プレミアム バンダイ

クルールポロン

f:id:sc_toy:20180813200409j:plain

クルールポロン BANDAI 1999年8月発売 3,500円(税抜)

おジャ魔女どれみ(無印)の後期…というかパワーアップしたステッキです。
完全に私の主観ですが、このクルールポロンは全ステッキ系玩具の中でもかなり完成度が高い方だと思います。

こちらが全体

f:id:sc_toy:20180813200414j:plain

上部の魔法玉が入っている部分を回すとどれみの通常魔法の効果音が鳴り光ります。
音符ボタン長押しではづき・あいこの通常魔法効果音へと切り替える事ができます。
メロディは同じですが、はづきはヴァイオリン・あいこはハーモニカの音色です。

設定上クルールポロンは魔女見習い試験6級のに合格したら与えられるもので
ペペルトポロンに自前の楽器が融合してクルールポロンへとパワーアップします。
なのでそれぞれ持ってきた楽器によって音色が異なります。

回しながら音符ボタンを押すとマジカルステージ(合体技)の効果音が鳴ります。

 

f:id:sc_toy:20180813200416j:plain

 手でクルクル回す系ステッキの始祖?じゃないでしょうか。
この遺伝子はハートキャッチのフラワータクトやプリアラのキャンディロッドに受け継がれていますね。

 上部に入っている魔法玉の出し入れが可能で、入れる際はペペルトポロンと同じ効果音が鳴ります。

f:id:sc_toy:20180813200413j:plain

一番下にあるピンクの栓が外れるので下に入っている魔法玉の取り出しも可能です。

 

 箱に一緒に入っている↓

 f:id:sc_toy:20180813200409j:plain

 これ

f:id:sc_toy:20180813200407j:plain
こちらは認定証というアイテムで魔女見習い試験に昇級する度に
認定玉をもらえて、全部で8つ溜まります。

f:id:sc_toy:20180813201615j:plain

クルールポロンとおそろいのデザインです。

 

f:id:sc_toy:20180813200410j:plain

左側が通常の魔法玉で右側は認定玉。
認定玉は不透明です。
細かい部分ですがこの辺に違いがあったりして、こだわりを感じます。
ペペルトポロンの球体型の魔法玉にくらべると3倍魔法の力が強いという設定で
クルールポロンの魔法玉はこのような形をしています。


アクセサリーパーツが付属していて魔法玉をネックレスやイヤリングに出来ます。

f:id:sc_toy:20180813200411j:plain

 f:id:sc_toy:20180813200412j:plain

こういう遊び心ある付属品、最近だと別売りになってしまいましたね。
この時代だとまだ付属品でした。

上の方に書きました全ステッキ系玩具の中でもかなり完成度が高い方の理由を述べますと
(個人の主観です。魔法玉が全て揃って虹色の配置(購入時のデフォルト状態)である事が条件です)

メッキと上部のクリアパーツ、ビーズ(魔法玉)の組み合わせで視覚的にかなり豪華である事。
これが要因としては大きいですが、他にも
下の魔法玉、回転部の魔法玉まで取り出して遊べて、劇中と同じく魔法玉が減っていくことの再現が出来たり

魔法玉でのビーズ遊びの側面があったり
モード切替など無くシンプルな操作でありながらも3人分の効果音、合体技の再現ができる点
などが「いいおもちゃだなぁ」としみじみ感じるポイントです。
本当に良く出来ています。

f:id:sc_toy:20180813201615j:plain

玩具収集を始めた頃にゲットできたものなので思い出補正も大きいと思います(^^;)
どれみ#放送終了時に玩具を集め始めたので無印時代のおもちゃはもうどこの店舗にもあまり置いておらず
当時でもネットショップやオークションなど存在はしていましたが親が使わせてくれなかったので
どれみ(無印)は初めての「入手が少し難しかった玩具」でした。
思い出補正無しでもどれみのステッキの中で随一の出来なのは確かです。
(ピコットポロンやスウィートポロンはピンク色で華やか、形が可愛いといった、また別の魅力があり
クルールポロンが一番素晴らしい!という訳ではなくて、単純に“出来”のお話です)

このクルールポロンはペペルトポロンの完全な上位互換アイテムだし
その後のペペルトポロンの売れ行きってどうなったんだろう?と疑問が…(^^;)
ぽっぷが魔女見習いになって使ってたけどもう殆ど登場しませんでした。。

f:id:sc_toy:20180813200404j:plain

f:id:sc_toy:20180813201615j:plain

外見だけでも分かるこの「パワーアップしました!」っていう感じがとても好きです(*^^*)
プリキュアでも追加戦士武器とか箱物アイテムとか序盤で登場したアイテムより強い設定のアイテムが後々登場しますが
使用キャラが違ったり、合体技用であったりと『強いけど別の役割』のアイテムなので
このペペルトポロンとクルールポロンの関係性とは少し異なるかなー…と。
どれみ#の時もピコットポロンよりパワーアップしたリースポロンというアイテムが登場しますが
リースポロンはハナちゃん護衛の時にのみ使える特別なものなので。
序盤のアイテムがグレードダウンしてしまうので純粋に「強化」ってもうあんまり無い設定なのかもしれませんね。

f:id:sc_toy:20180602124317j:plainf:id:sc_toy:20180530230709j:plain
(しかしミラちゅーが近い事をやってのける)

 

「ハッピーラッキーポロン」としてガシャでは復刻しましたが、その後どれみの玩具展開無くて残念(^^;)
セーラームーンの諸々やカードコミューンみたいにどれみの玩具もギミック付で復刻してくれないかなー…
どれみシリーズのPROPLICAが発売してくれたら嬉しいですが
どれみ達が小学3年生という事を踏まえるとこの玩具版が劇中と同じ位のサイズなのでは?と思うし
作画上で描写が省かれた細かい造形をそのまま再現されても何か違うとし…
どれみのおもちゃが持つファンシーな色合いなども改変されたくないし…
良い形でもう一度、復刻してくれたら嬉しいです!
この願い…届け…!

ペペルトポロン

f:id:sc_toy:20180813200408j:plain

ペペルトポロン BANDAI 1999年2月上旬発売 2980円(税抜)

 

1999年2月に放送開始したって事はそろそろ20周年…?という事で
おジャ魔女どれみのおもちゃを紹介します。

このペペルトポロンはおジャ魔女どれみ最初のシリーズ(通称無印)での魔法のステッキで

最初に持ついわゆる初期装備的なアイテムです。

 

f:id:sc_toy:20180813200404j:plain

バトン状のものは、はづき・あいこのポロンで
持ち手があるステッキはどれみのペペルトポロンです。
2種のポロンを1つの商品でまとめて発売してくれるなんて当時のBANDAIは太っ腹でしたね。

 

f:id:sc_toy:20180813200403j:plain

透明の筒の中に入っているカラフルな大粒ビーズを『魔法玉』といって
魔法を使うとこの魔法玉が減っていくというシビアな設定で
無駄遣いして魔女・マジョリカに怒られいました。

f:id:sc_toy:20180813200402j:plain

ボタンを押すと光って効果音が鳴ります。ピンクのメッキが可愛い!
ちなみにガチャ版では

f:id:sc_toy:20180814101504j:plain

赤メッキ。。謎のアレンジが加えられてしまい残念でした。

このピンクメッキの装飾部分はぐるりと回転して、、

f:id:sc_toy:20180813200406j:plain

↑このように魔法玉を取り出すことができます。

魔法玉を装填する際に光って効果音が鳴ります。

 

 

f:id:sc_toy:20180813200405j:plain

はづきとあいこのポロン。
こちらには電池入りません。
端のピンクの栓を外せるので魔法玉を取り出して遊べます。

このバトン状のポロンはポロンプレミアムセットが発売された際はプワプワポロンという名称でしたが
正式名称は使用者がはづきの場合はプワプワポロン
あいこの場合はポップンポロン…で、合ってるかな?

呪文の末尾がそのままポロンの名称になっているようです。
ちなみにどれみの使用する呪文が
ピリカピリララポポリナペペルト
なので、どれみの使用するポロンがペペルトポロンなのであり
各キャラごとに呪文が違うので同じポロンでも名称が異なるという訳です。

 

おジャ魔女どれみは大好きな番組でした。
今でもニチアサを今でも視聴し続けているのはどれみが名作だったからだと思います。
とくにシリーズ終盤の「どれみと魔女をやめた魔女」
OVA「7人目の魔女見習い」「時をかけるお雛さま」が名作中の名作で
記憶を消してもう一度観たい位に大好きです。
何より、私が玩具収集を始めた時、最初に大量に買ってきた玩具がどれみの玩具でして
玩具集めの趣味としても思い出深い作品です。

 

次もどれみのおもちゃを紹介します!

PROPLICA 変身リップロッドセーラーウラヌス・セーラーネプチューン

f:id:sc_toy:20180728175218j:plain

PROPLICA変身リップロッド セーラーウラヌス 2018年6月22日発送 8,100円(税込)BANDAI
PROPLICA変身リップロッド セーラーネプチューン 2018年7月25日発送 8,100円(税込)BANDAI

 

 外部太陽系戦士セーラーウラヌスネプチューンの変身アイテム「変身リップロッド」が
大人向け劇中小道具ブランドPROPLICAより商品化しました!
リップロッドは当時のセーラームーンの玩具の中でも今現在中古市場ではかなり高騰しているので
25年経っても大人気のアイテムなのです。

 

f:id:sc_toy:20180728175224j:plain

リップロッドだ…!

箱を開けて並べて大興奮。

当時の玩具は所持しておりますが、リアルタイムで新品を購入したわけではありませんので
こうしてまたウラヌスとネプチューンのリップロッド(新品)を購入できる事が大変嬉しく思います!

ネプチューンのカラーが藻みたいな緑にならないか心配でしたがエメラルドグリーンで安心…!

f:id:sc_toy:20170923170136j:plain
こちらが玩具版。
ハートのミラーが小さく、柄にメッキで模様が描かれていて、下部が金メッキではなく
各カラーのメッキである点などが異なっています。

f:id:sc_toy:20180728175222j:plain

 ハートのミラーの部分も可愛いし
持ち手部分に玩具版の時のような模様が無いので少し寂しいかな?と思いましたが
これはこれでシンプルで良いと思いました。
玩具版とはまた違った魅力ですね。

何よりギミック付なので発光ギミックと音声が楽しめる点もポイントが高いです!

f:id:sc_toy:20180728175223j:plain
上部の★部分の守護星マークが光ります。
あの超カッコいい変身シーンのBGMが鳴ります。
声無しバージョンも搭載されておりますので25年の時を経て変身ごっこ不可避です…!

掛け合いボイスが発禁ものですよ…!

 付属のスタンドでセットで飾れます。

f:id:sc_toy:20180728180617j:plain

飾りたい方には嬉しい仕様です。

f:id:sc_toy:20180728175220j:plain

PROPLICAらしく細部にまで造形がこだわっていてかなり出来が良いのですが
電源や電池部分を触りたいとき上部のメッキ部分をベタベタ触らなくてはいけないので
爪でキズを付けないか心配です。。


背面はこんな感じ

f:id:sc_toy:20180728175219j:plain
金のハートの部分のマルがスピーカーです。
デザインを極力邪魔しないPROPLICAらしい造形です。

 
毎度こだわっている箱ですが、今回も箔押しでとっても可愛いです!

f:id:sc_toy:20180728175217j:plain

 

PROPLICAは商品化に当たり当時の玩具よりもアニメとして画面に映ったものを
再現する傾向が強いので、当時の玩具のファンとしてはイメージと違う事も多々ありますが
今回の変身リップロッドはまずまず良い感じといった印象です!
当初は心配でこんな記事を書きましたね(^^;)

sc-toy.hatenablog.com

 ただメッキの質は微妙だと思いました。
写真には写りにくいのですが、ダマもあるし塗装のムラみたいなものもありますので
せっかく造形にこだわっているのなら塗装にもこだわって欲しいなー惜しい!と思いました。
コスメのミラクルロマンスシリーズのメッキは毎度綺麗ですよね。
PROPLICAもあんな感じでメッキ加工できないのかな…。

 

次のPROPLICAは来月のプリズムハートコンパクトですね!
こちらも今から楽しみです!

マジマジョピュアーズその2

f:id:sc_toy:20180726183145j:plain

祝☆シオリ加入~!って事で一枚描きました!
…もう加入して3週間位経ってしまいましたね(^^;)遅れました(^^;)

気まぐれで人を翻弄したり嘘を付いたりする性格のシオリがどのように仲間になるのか…?って感じでしたが
最初から洗脳されていて、その洗脳が解けるという形で仲間になりましたね。
洗脳から解けても苦手なニンジン魔法で消したり、校外学習で行ったパン屋のパンを太るから食べないとか
モカの誕生日のお祝いで作ったケーキを渡す口実が「ケーキ作りの練習がしたかっただけ(ニッコリ)」とか
シオリは元々模範的な良い子ってキャラクターでは無い、という印象を受けました。
新テイストが加わり4人になったマジマジョピュアーズが今後どうなって行くのか楽しみです(*^^*)

1クール目が終了したマジマジョですが相変わらずよく分からない事が多いです。
ミラクルちゅーんず!の場合妖精や女神様によってアイドル戦士に選ばれてミラちゅーに変身してましたが
そもそも魔法戦士って何なんでしょう?(^^;)
『魔法界での選ばれた女の子が何らかの方法で変身用ジュエルを入手し魔法戦士になる』というのは何となく分かります。
…まさか魔法界には宝石の種類と同じ数の何百人も魔法戦士が居るのかな?(^^;)多分無いと思いますが。。
リンとミツキの変身用のマジョカジュエルは図鑑に載っていました。
モカの場合、友人の夢を守りたいという思いから変身用ジュエル「ハートルビー」が発現して変身しました。
リン・ミツキの2人もモモカのように自分の思いからジュエルが発現したのか
元々ジュエルが魔法界に存在していて、それを使用しているのかもよく分からない(・_・;)
ティアラさんは何故かモモカの事を変身する前から目を付けていてマジョカポルテを預け
「人間なのにモモカは何故魔法戦士に変身できたのか?」という問いをはぐらかしている…
これって伏線なんでしょうか。設定が無いのでしょうか…?

シオリはリンやミツキよりも先に戦っていた魔法戦士
自分の力を過信し敵に捕まり洗脳されてしまったという事が明らかになりました。
そして、その事をティアラさんはモモカ・リン・ミツキに言っていなかった。
これは戦いに対する不安を煽らない為かな?

時系列的にまとめるとこんな感じでしょうか↓↓

1 邪魔男爵が怖い山(?)でアキラメストーンの生成に成功しインピュアラを集めようとする

2 シオリが一人で邪魔界を制圧しようとするも失敗し捕まる

3 魔法戦士リンとミツキが魔法界から来て邪魔界勢と戦う

4 人間界のモモカ魔法戦士となりリンとミツキと合流

5 モモカの活躍で敵となっていたシオリが洗脳から解け3人に合流
 
リンに好きな漫画が存在していたので人間界に来て1年位は経ってるのかな?
1話目での「人間界からピュアラが溢れてる」「じゃあインピュアラにしましょう」という邪魔男爵達の会話より
これ以前は人間界では無い場所がターゲットだったような受け取り方も出来ますが
その場合1話目の時点で人間界にリン・ミツ・キティアラさんが居る理由がよく分からないので
物語開始以前から邪魔界勢って人間界でピュアラ撲滅活動していたんですよね?(^^;)

…何だかこの辺もよくわかりません、、
あと一話目のリンの関西弁って一体…(^^;)昂ると関西弁になるキャラって事?

マジマジョピュアーズは未就学児が主にターゲットになっている番組かと思うので
そこまで深く、矛盾なくストーリーを作り込んではいないのかもしれませんが
明かされていないのか、そもそも最初から設定が存在していないのか…
何だかモヤモヤします。

ミラクルちゅーんずはここまで疑問が浮かばず視聴していたように思えますが…(^^;)
最近発売したファンブックに色々載ってるのでしょうか…?

玩具に関しましてはシオリの変身アイテム・マジョカパレットが猛烈に欲しいです!
9000円位しますから…高額ですよね、、
7月にはPROPLICAウラヌス・ネプチューンのリップロッド
8月にはPROPLICAプリズムハートコンパクトやリメイク版カードコミューンなどの高額玩具を購入済みなので
さらにもう一品、高額玩具に手を出しづらいです(・_・;)

秋頃までには何とか入手したいです…が、ミラちゅーも秋には箱物と追加武器の告知があったから
マジマジョも同じでしょうかね、、?物欲がそっちに移る前に入手したいです。

クライシスムーンチーク

f:id:sc_toy:20180707125016j:plain

 ミラクルロマンス クライシスムーンチーク BANDAI 2018年6月22日発送 4,298円(税込)

セーラームーンのミラクルロマンス(コスメ)シリーズから
Ssシリーズの変身コンパクトであるクライシスムーンコンパクト型のチークが発売されました。
最初のクリスタルスターのパウダーが2013年でしたので
5年目経てようやくここまで来たか~って感じですね(^^;)

 

f:id:sc_toy:20180707125020j:plain
コスメのシリーズは出来が良くて塗装の粗が目立ったり初期キズもなくピカピカです。
左右に羽が付いているデザインなので今まで出たコンパクト型のコスメの中では一番大型。

f:id:sc_toy:20180707125019j:plain
薄っすら緑色に反射しているのが分かりますでしょうか。
オーロラ?(マジョーラ塗装?)されています。
ミラーケース版も玩具版は異なっておりこの部分にはホロが入っていました。

f:id:sc_toy:20180710101444j:plain
ミラーケース↑

f:id:sc_toy:20180710102124j:plain
当時の玩具版・再放送での玩具版↑

コスメ版はチープなキラキラ感は無く
大人向けアイテムとして作られていると感じました。
おもちゃ好きとはしては、いかにもおもちゃって感じのキラキラ大好きなんですけどね(^^;)


開けるとこんな感じです。
f:id:sc_toy:20180707125017j:plain

リボン付きのパフが入ってます。

 

 いつも保護シートにコンパクトのデザインが印刷されているのですが
今回はチーク自体にホワイトカラーパウダーで静電プリントされています。

f:id:sc_toy:20180707125018j:plain
勿体なくて使えない…(^^;)


次はエターナルムーンアーティクルかな、と思っていたら
まさかの星空のオルゴール!しかもピンク版まで商品化!
こちらも楽しみです(*^^*)

以上、クライシスムーンチークでした!

ちなみにクライシスムーンコンパクト型のパウダーが再放送時に存在しておりました!
こちら15年前くらい前に発売したものになります。

f:id:sc_toy:20180707145635j:plain
昔紹介した記憶がありますが、一応コスメアイテムなので良い比較になるかと。
写真だと全体的に赤っぽいカラーですね。実物はもう少しピンクです。
今回のクライシスムーンチークと比較すると

f:id:sc_toy:20180707125020j:plain
羽の部分の丸っこさや本体との比率が異なっています。


開けるとこんな感じ↓

f:id:sc_toy:20180707145854j:plain

パウダー単品で発売したものではなく子供用のメイクセットの一つなのです。
変身コンパクトミラーよりもちょっと大きめくらいのサイズです。

f:id:sc_toy:20180707145613j:plain

メイクセットって良いですよね~~(*^^*)
ピンキッシュとかハートカンパニーとかを思い出して玩具コレクター的にグッときます。
基本的に版権おもちゃ専門でコスメがメインになっているおもちゃは収集していませんが当時本当に大好きでした!
ピンキッシュのハート型のコンパクトミラーお気に入りでボロボロになってもずっと持ち歩いていた思い出が…(^^;)
今まで発売したミラクルロマンスシリーズ集めてメイクセット的なものを作れる
コスメ用の収納ケースとか発売しないかな~~っ
何年か前にセーラームーンの香水が発売しましたがあれ普通に香水だったので

f:id:sc_toy:20180707151554j:plain←コレ

香りがすぐ消える安っぽいコロンみたいなアイテム出て欲しいです。
大人向けだとやっぱり難しいのかな(^^;)