sweet candy 魔女っ子おもちゃ ブログ

可愛いと思った魔女っ子おもちゃを紹介していくブログです

SC

クライシスムーンチーク

f:id:sc_toy:20180707125016j:plain

 ミラクルロマンス クライシスムーンチーク BANDAI 2018年6月22日発送 4,298円(税込)

セーラームーンのミラクルロマンス(コスメ)シリーズから
Ssシリーズの変身コンパクトであるクライシスムーンコンパクト型のチークが発売されました。
最初のクリスタルスターのパウダーが2013年でしたので
5年目経てようやくここまで来たか~って感じですね(^^;)

 

f:id:sc_toy:20180707125020j:plain
コスメのシリーズは出来が良くて塗装の粗が目立ったり初期キズもなくピカピカです。
左右に羽が付いているデザインなので今まで出たコンパクト型のコスメの中では一番大型。

f:id:sc_toy:20180707125019j:plain
薄っすら緑色に反射しているのが分かりますでしょうか。
オーロラ?(マジョーラ塗装?)されています。
ミラーケース版も玩具版は異なっておりこの部分にはホロが入っていました。

f:id:sc_toy:20180710101444j:plain
ミラーケース↑

f:id:sc_toy:20180710102124j:plain
当時の玩具版・再放送での玩具版↑

コスメ版はチープなキラキラ感は無く
大人向けアイテムとして作られていると感じました。
おもちゃ好きとはしては、いかにもおもちゃって感じのキラキラ大好きなんですけどね(^^;)


開けるとこんな感じです。
f:id:sc_toy:20180707125017j:plain

リボン付きのパフが入ってます。

 

 いつも保護シートにコンパクトのデザインが印刷されているのですが
今回はチーク自体にホワイトカラーパウダーで静電プリントされています。

f:id:sc_toy:20180707125018j:plain
勿体なくて使えない…(^^;)


次はエターナルムーンアーティクルかな、と思っていたら
まさかの星空のオルゴール!しかもピンク版まで商品化!
こちらも楽しみです(*^^*)

以上、クライシスムーンチークでした!

ちなみにクライシスムーンコンパクト型のパウダーが再放送時に存在しておりました!
こちら15年前くらい前に発売したものになります。

f:id:sc_toy:20180707145635j:plain
昔紹介した記憶がありますが、一応コスメアイテムなので良い比較になるかと。
全体的に赤っぽいカラーですね。
今回のクライシスムーンチークと比較すると

f:id:sc_toy:20180707125020j:plain
羽の部分の丸っこさや本体との比率が異なっています。


開けるとこんな感じ↓

f:id:sc_toy:20180707145854j:plain

パウダー単品で発売したものではなく子供用のメイクセットの一つなのです。
変身コンパクトミラーよりもちょっと大きめくらいのサイズです。

f:id:sc_toy:20180707145613j:plain

メイクセットって良いですよね~~(*^^*)
ピンキッシュとかハートカンパニーとかを思い出して玩具コレクター的にグッときます。
基本的に版権おもちゃ専門でコスメがメインになっているおもちゃは収集していませんが当時本当に大好きでした!
ピンキッシュのハート型のコンパクトミラーお気に入りでボロボロになってもずっと持ち歩いていた思い出が…(^^;)
今まで発売したミラクルロマンスシリーズ集めてメイクセット的なものを作れる
コスメ用の収納ケースとか発売しないかな~~っ
何年か前にセーラームーンの香水が発売しましたがあれ普通に香水だったので

f:id:sc_toy:20180707151554j:plain←コレ

香りがすぐ消える安っぽいコロンみたいなアイテム出て欲しいです。
大人向けだとやっぱり難しいのかな(^^;)

 

 

東京新聞さんから取材を受けました!

7/3日の朝刊に掲載されました!

著作権的に記事は全体的にボカして載せております)
f:id:sc_toy:20180705103842j:plain

こんな感じでかなり大々的に
アラサー世代女性に今、おもちゃが熱い!」的な記事が載っております。

f:id:sc_toy:20180705103841j:plain

青→タカラトミーのさくらのParfait Mimi夢の杖を企画担当された方のインタビュー
赤→バンダイさんによる大人の女性をターゲットにした商品展開についてのお考え
紫→注釈

ピンク→私の魔女っ子おもちゃ考察や、魔女っ子おもちゃに関しての幼少期の思い出などになります。

私の面積が思ったよりもデカい…!(◎_◎;)…恐れ入ります…!

 

私の玩具をプロのカメラマンさんに撮影して頂きました!

f:id:sc_toy:20180705103714j:plain
マラカスのようにクルールポロンとセントクリスタルを持つ私

f:id:sc_toy:20180705103446j:plain
テーブルの上に乗っかる玩具達

 

TVアニメセーラームーンの主なターゲット層が3歳位~小学3年生位までかな?と思うと
最初のシリーズ放送開始した92年2月に小学3年生(9歳)だった方は現在35歳で
最後のシリーズが放送開始した96年2月に3歳だった方は現在だった方は現在25歳
という事でリアルタイム世代はいわゆるアラサー世代であり
基本的に今現在大人女子向け的な商品ってこの層を狙ったムーブメントなのかもしれませんが
あくまでも最初に設定されたターゲット層でのお話であり
興味を持ったのならば性別も年齢も全く関係ありません(*^^*)
この世界をまだ知らない誰かに知って頂くための切り口になれば良いな、と思い取材を受けさせて頂きました。

ネットの場合、興味がある方向にクリックして自分で選んでサイトを閲覧していますよね。
新聞紙の場合は興味の有る無しに関わらず大衆の目に情報が飛び込むので
女児玩具がどのように紹介されるのかな…とわくわくソワソワしておりました。
読んでみるとさすが、興味をそそる見出し、短く簡潔に要点がまとめられた文章、情報を伝えるプロはやはり凄いなぁ…と思いました。

記者の中村さんは、私のマニアックなおもちゃ知識・私とおもちゃにまつわる思い出
ブログに関しての思いや、最近タカラトミーが熱いとか、当時のセーラームーン玩具の復刻を熱望している事などの
非常に個人的で一生役に立たなそうな情報までとても熱心に聞いてメモをとっていらっしゃいました…!
熱意を持ったプロのお仕事を目の当たりにする事が出来て大変勉強になりました。

 

ブログを始めた頃、まさか新聞社に取材を受ける事になるなんて思いもしておりませんでした。
大変貴重な体験をさせて頂きました。

 

ゆいのファンタジータイムドリーム マイク&ハープセットDX

f:id:sc_toy:20180629224552j:plain

ゆいのファンタジータイムドリーム マイク&ハープセットDX  タカラトミーアーツ 2017年10月26日発売 11,300円(税抜)

 

こちらはプリパラの最終シリーズ「アイドルタイム」の最後に発売したDX玩具です。

f:id:sc_toy:20180629224551j:plain
箱がホログラムでキラキラしています!

 

元々アイドルタイムマイク、アイドルタイムハープは個別に商品化しておりましたが、2つがセットになり
更に色合いが白×ピンクになって登場しました。f:id:sc_toy:20180629234049j:plain
左がアイドルタイムハープ、右がアイドルタイムマイク

 

 

f:id:sc_toy:20180629234046j:plain
ピンクのメッキが可愛いです!

玩具自体の性能や造形はバラで発売していたものと全く変わらないようですが
色の他に、筐体と連動する付属のカードやジュエル(ハートのパーツ)が異なっているようです。
あと、ゲームと連動して遊んだことは無くその辺のレビューはありませんのであしからず(^^;)

 

アイドルタイムマイクもハープもデザインは可愛いのに緑とか紫など女児玩具の王道カラーから
あえて外した色合いで女児玩具好きとしては勿体なかったと感じましたが

プリパラで遊んでいる層はこういったカラーの方が好きだったのかもしれませんね。

劇中では古代眼鏡というキーアイテムのサーチ機能が備わっていた事が印象的なアイテムでした。

 
合体するとこんな感じの大型アイテムになります。

f:id:sc_toy:20180629234048j:plain

ライブシーンでぽーんと宙に投げてキャッチしておりましたが真似するとかなり危険かと思います(・_・;)

 

ちなみにマイクもハープもそれぞれ取っ手部分上下、中央上部合わせて3か所別々の色で光ります。

f:id:sc_toy:20180629231527j:plain

f:id:sc_toy:20180629231526j:plain

f:id:sc_toy:20180629231528j:plain

f:id:sc_toy:20180629232909j:plain
番組内でよく聞いたおなじみの曲に合わせて大型女児玩具が七色にピカピカ光り輝く様に感動…!
「光り方の多彩さ」という面ではBANDAI産の女児玩具より一枚上手な印象です。
ちなみに合体させた状態で音声も連動して、ハープ部分はメロディが鳴り、マイク部分からキャラの声が鳴ります。
合体状態から元に戻すとき力ずくで引っこ抜くので壊れそう…
というか子供の腕力で出来るのかな?と心配になるほど固いです…!

 

f:id:sc_toy:20180629233208j:plain

テーマがアイドルモノという事で、ミラクルちゅーんずがクール系だとしたら
プリパラはハートや羽など甘い系かなーと思いました。
前者はバトル、後者はアイドル活動の布教と繁栄が目的なので
アイテムそのものは被っておりませんが
親会社と子会社で1年同テーマを取り扱っていたって女児玩具界ではあんまり無いような…
ミラクルタンバリンとアイドルタイムハープが少し似ているなーと思いました。

f:id:sc_toy:20180109214544j:plain

ミラクルタンバリンの詳細情報はこちら↓

sc-toy.hatenablog.com

マイク、ハープ本体もゲーム筐体と連動します。

f:id:sc_toy:20180629231014j:plainf:id:sc_toy:20180629231013j:plain
連動部はそれぞれ本体裏に。
こんなに大きいおもちゃを持ち歩く事自体中々ハードモード…。
プリパラをプレイするために外出しなければいけませんね。

f:id:sc_toy:20180629231012j:plain
こちらが付属のカード。QRは加工済みです。
「まよなかの時のコーデ」と書いてあります。

 

アイドルタイムマイクはジュエル部分がむき出しになっているのでメッキのジュエルが映えます!

f:id:sc_toy:20180629234047j:plain
筐体と連動するモードと、ジュエルを認識させて遊ぶモードの他に

声を感知して光る機能が搭載されております。

f:id:sc_toy:20180629225816j:plain
恐らくこれがセンサーです。
うっかり書き忘れましたが前シーズンのサイリウムジュエルマイクにも
声に反応して光るギミックがついていた模様です。
マイク型のアイテムなのでこのようなギミックは良いですね!

定価が11,300円と高額で、クリスマス用って感じの価格設定でした。
アイドルタイムマイク4,500円+アイドルタイムハープ6,500円=11,000円
ジュエルが6つ付属しているので+300円って事で決して割高という訳ではないのですが
10月末に発売して1月末にはプリパラ終了のアナウンスがありましたからね(^^;)
現役で遊べる期間の少なさ的に割高に感じてしまいますね(^^;)
番組終了間際、売り場にて単品でのアイドルタイムマイクやハープ、ウォッチが半額以下とお安くなっている中
定価が高いのに30%オフという微妙なお値段から下がらず購入を渋っていたらネットではどんどん在庫が無くなってきて
買わないで後悔するなら買って後悔しよう!と思い購入しました。

想像以上にピンクメッキは可愛らしく魔女っ子おもちゃ好きとしてはかなり満足しております。
マイクとハープの連動遊びも豪華でした!
プリパラは番組自体も終了し、筐体の更新も終了し
後続のプリチャン筐体では玩具の連動が出来ないそうなので
筐体と連動して遊ぶ為に購入した方にとっては複雑だったかなぁ…(^^;)

あとピンクメッキと書いておりますが
微妙に箱のピンクと異なっているような…

f:id:sc_toy:20180629224552j:plainf:id:sc_toy:20180629234049j:plain

実物はピンクゴールドって感じ…?

最初に購入した紫のアイドルタイムマイクもそのうち紹介しますね~(*^^*)

リトルチャーム セーラームーン5

f:id:sc_toy:20180614112442j:plain

 

リトルチャーム セーラームーン5 BANDAI 2018年 6月11日発売 ¥370(税抜)

 

リトルチャームの第5弾が発売しました。
相変わらずこのシリーズは細部まで作られていて凄いです。
全六種で

左からペガサスメッセージ・変身ブローチ・コズミックハートコンパクト・ちびうさの銀水晶
になります。
「ほたるのアミュレット」「懐中時計」は未購入です。

あんまり期待していなかったちびうさの銀水晶がオーロラ加工されていて予想以上に綺麗です!
ピンクのコズミックはセーラームーンCrystal版のカラーでしょうか?
当時の玩具版より明るいピンクで、スーパーセーラームーン変身時より濃いという絶妙なカラーです。
それと当時の玩具でのみ存在していたマイナーなアイテムであるペガサスメッセージもラインナップされていて嬉しいです。

 

6弾は無いのでしょうか?(^^;)
エターナルムーンアーティクルとか…エターナルティアルとか…
せっかくここまで展開したのだから是非最後までやりきって欲しいです…!

マジマジョピュアーズ!その1

f:id:sc_toy:20180612205315j:plain

明日6月13日magical²の「愛について♡ / 超ラッキー☆」がリリースされるという事で記念イラスト。

 

ドハマりしたミラクルちゅーんず!の後続番組であり
ガールズ×ヒロインシリーズの第二弾マジマジョピュアーズ!今の所しっかり全話視聴しております。

ミラちゅーは序盤で既に別モードへのフォームチェンジしていましたが
マジマジョピュアーズは別モードへのフォームチェンジが今の所無いですね。
ベーシックなお話が続いていましたが
最近シオリの登場でようやく物語が動き出した感じで面白くなってきた…かな?といった印象です。

ミラちゅーの場合“音楽の国”が支配されていて、宝であるサウンドジュエルがネガティブジュエルに変えられてしまって
それを取り返す、という『戦いの具体的な背景』が最初の方で明かされていましたが
マジマジョピュアーズの場合魔法の国って支配されて…ないんですよね?(・_・;)??
魔法戦士は世界征服を目論む邪魔男爵の制圧を最終目標として
とりあえずあきらめストーンにされてしまったマジョカジュエルを浄化して戻している…って感じでしょうか…?
分かり易く簡単な物語にするためにそもそも設定が存在していないのか…?
ティアラさんの事などもあんまり深く語られていないですよね…。


それとキャラクターの掘り下げ方も多少ミラちゅーと異なっているな、と思いました。
ミラちゅーはキャラクター同士の掛け合いとか、序盤でそれぞれスポットライトが当たる回が存在して
そこでキャラクター性というか人間味が週ごと伝わるように作られていたと思うのですが

マジマジョピュアーズの場合、週というか月間って感じでしょうか?
4~5月ではスポットライトがリンに当たる回が多いなーと思いました。
モカはスポットライトを当てずとも天然・おっちょこちょいで目立つタイプのキャラなので人間味は大体伝わっているのですが
今の所ミツキが薄味かなー…なんて思ってます。
ミツキが花の言葉が分かる回でも、美容院に行く回でも、テニスをする回でも
設定とか出来事が描かれているだけなのでミツキのキャラクター性みたいなものをもう少し掘り下げて欲しい…!と思っています(^^;)
4月から登場しているミツキを差し置いて最近登場したシオリが結構濃いキャラクター性を持っていますね。
おもちゃショーにてシオリが追加戦士という情報が解禁されましたが
人を振り回したり、嘘ついたり、とても改心するようには思えないんですけど(^^;)
実は良い子だったりするのでしょうか…?

玩具情報も解禁されましたね…!液晶玩具…!
ミラちゅーの時は初期+追加戦士用で2種も変身アイテムとして液晶玩具が登場していたので
マジマジョも何かしらで液晶玩具が登場するだろうな…と予想しておりました。
変に電子アイテム感が強くてコンパクトやタクトとケンカしそうなデザインだったら嫌だなと心配しておりましたが
マジョカパレットはメッキがキラキラで結構可愛くデザインされていて一安心です…!
PROPLICAが届いたりと夏は出費がかさむので今の所購入するか未定です(^^;)

 

 

f:id:sc_toy:20180421110811j:plain

マジョカクレストの配色的にあと白が…
これは更なる追加戦士のカラーなのでしょうか…。
それともパワアップフォームの白なのか…。ミラちゅーのファイナルフォームも白かったし。
特に意味のないものなのかもしれませんけど(^^;)

あとマジョカジュエルは宝石の名前が付けられている中、今の所王道のダイヤモンドがありませんね…。
うーん…。想像が膨らみます。。
マジマジョピュアーズも今後どうなっていくのか楽しみです。

サウンドジュエルケース

f:id:sc_toy:20180602124311j:plain
サウンドジュエルケース タカラトミー 2017年4月20日発売 3,024円 (税込)

 

こちらはミラクルちゅーんず!番組前半のサウンドジュエル収納アイテムになります。
サウンドジュエルは収納する程所持しておりませんが
ミラちゅーのおもちゃはゲットしておかないと!という事で購入しました。
箱の3人の写真なんとなく幼く見えます。最初の方に撮影したのかな…?
 

f:id:sc_toy:20180602124317j:plain

本当に「ケース」です(^^;)上部が蓋になっていて、真ん中を回して開いてジュエルを取り出せます。
電池不使用。特に何のギミックもありません。
蓋がメッキです。

f:id:sc_toy:20180602122635j:plain
ミラクルタクトと同じ音楽の国の紋章(?)の造形があります。

sc-toy.hatenablog.com

 このマークを見ると最終回で雪江さんの正体が発覚した事を思い出します…。


開けるとこんな感じです

f:id:sc_toy:20180602124326j:plain
劇中でサウンドジュエルではなくダミーで飴玉を詰めていましたね。
メッキのおもちゃを入れると可愛く映えそうです。

 

 

f:id:sc_toy:20180602122634j:plain

毎週このケースに浄化したサウンドジュエルが収納されて番組が終わっていたし
毒毒団に盗まれないように天井に収納されていたりと
このサウンドジュエルケースは印象的なシーンが多めでしたが
クリスタルメロディボックスの登場で女神様に引き取られお役御免となってしまいました(^^;)
後半出番が無かった上にサウンドジュエルのセットも途中で売り切れてしまったので
このケース単体では売り切る事が難しかったと思われます…(^^;)

ミラクルちゅーんずのおもちゃ紹介は、あとはミラクルポッドDXのみなんですけど
12月前に売り切れてその後追加生産されなかったから異様に高騰してしまっていて…(-_-;)
ほとぼり冷めるまで待とうかなって感じです…。

マジマジョピュアーズのジュエル収納アイテムはこのような立体型ではありませんでしたね。
個人的な好みではこんな感じの収納ケースの方が好きですが
ジュエルが一つ一つ固定されている方がマジョカルミナで読み取りやすいので
ギミックなどを考えてあの形なのかなー…と。

おもちゃショーで追加戦士が発表されましたね!
どのように仲間になるのか楽しみです(*^^*)

 

クリスタルメロディボックス

f:id:sc_toy:20180530230815j:plain

クリスタルメロディボックス タカラトミー 2017年10月5日発売 8,980円(税抜)

 

アイドル戦士ミラクルちゅーんず!の箱ものアイテムクリスタルメロディボックスを紹介します。

f:id:sc_toy:20180530230825j:plain

劇中の役割としては
クリスタルジュエルを5つセットする事でミラクルちゅーんず達をパワーアップフォームであるファイナルモードに変身させる事と

ボスである魔王を浄化できるほどの威力をもつといわれるファイナルチューンタクトの召喚アイテムです。
実際魔王を倒したのは祝福の歌でしたが(^_^;)

 閉じても中身が見えるデザインです。

f:id:sc_toy:20180530230709j:plain

ファイナルフォーム変身用アイテムであるクリスタルジュエルをセットできます。
劇中と同じ変身BGMと祝福の歌が流れます。

f:id:sc_toy:20180530230713j:plain
留め具の部分のピンクメッキの音符マークが可愛い(*^^*)

 

f:id:sc_toy:20180530230830j:plain

中はゴテゴテせずかなりシンプルなデザイン。
電池を入れるところと電源が底の面ではなく表面にあります(^^;)
下はサウンドジュエル収納用の引出しになっているので仕方がないですね。

f:id:sc_toy:20180530230833j:plain

 

 

f:id:sc_toy:20180530230725j:plain

このクリスタルジュエル、劇中では頑張って入手したんだよなぁ・・・とか

最後に祝福の歌が完成して感動したなぁ・・・とか色々と思い出して
ミラクルちゅーんず!が大ファンな私にとって胸が熱くなるアイテムです!

f:id:sc_toy:20180530231329j:plain
ジュエルを外したら銀メッキ。
個別で認識できる台座は真ん中のものだけで
他四つはジュエルがセットされているかどうかの認識になりますね。
箱の表記よりフォームチェンジ用のサウンドジュエルをセットしたら特別な音声が流れるっぽいんですけど
未所持の為試せていません…(^^;)
いつか絶対ゲットしたいです…!

 

鍵盤にタッチしてモード選択したり演奏できます。 

f:id:sc_toy:20180530230719j:plain

光っているところの撮影は難しいので箱のイメージだとこんな感じです。

 

演奏モードでは後期オープニングテーマ曲である天マデトドケが収録されております。

f:id:sc_toy:20180530230716j:plain

EDであるHappyはファイナルチューンタクトに収録されていており
個々購入しないとOPとEDが楽しめないようです(^^;)
このクリスタルメロディボックスは早期購入特典で「ハンドベルジュエル」が貰えた模様なので
シークレット1曲はクリスマス系の音楽かな…?と予想しております。(未確認です)

 箱ものアイテムは高額なので大体値下げを待つのですが

こちらのアイテムは早々に売り切れそうだったので

手に入る内に定価よりちょっと安い程度で購入しました。

案の定こちらのアイテム、クリスマスでほとんど売り切って、番組終了するまで何故追加生産されませんでした。

せっかくの商機なのに勿体ないと思いましたがラスト3ヶ月間このクリスタルメロディボックスは
ほとんど出番が無かったので仕方ないですね(^_^;)

当初はプリキュアを模した展開が続くと思っていたミラクルちゅーんずですが

まさかラスト3ヶ月で箱ものアイテム不使用でバトルする事になるなんて思いませんでした。

プリキュアに置き換えると8月頃に箱ものアイテムが発売して、11月からラストバトル以外不使用って事なので(^_^;)

ミラちゅー達の敗戦色が濃厚だったラストバトルでようやくファイナルフォームにもう一度変身する事ができて
魔王と互角にやり合えるようになった描写がとてもドラマチックで効果的でした。

強化フォームも当たり前になって見飽きると価値が薄らぎますから
ラストバトルまで封印するっていうのもアリなのかもしれませんね。
次の更新もミラちゅーのおもちゃの紹介になりそうです~(^^)/

夢の杖&クリアカード

f:id:sc_toy:20180522175706j:plain

 

夢の杖&クリアカード タカラトミー 2018年4月19日発売  9,180円(税込)

 

クリアカード編の「夢の杖」がおもちゃ化しました!
初めてこの「夢の杖」を見た時は複雑なデザインから
あ、これはおもちゃ化しないやつだなー」と思っておりましたがこの度発売されて嬉しいです!

 

f:id:sc_toy:20180522175656j:plain
タカラトミーなので子供用玩具でもしっかりメッキ塗装。
あの複雑なデザインを見事に玩具化したという印象を受けました。
今まで発売された封印の杖や星の杖よりも全体的によりデフォルメされた形になっています。

 

f:id:sc_toy:20180522175653j:plain

太陽の中に六角形の星、その先端一つ一つに星…その下の支柱に羽。
今までに無いデザインだと思いました。
にかなり立体的な構造になっておりまして

f:id:sc_toy:20180522175650j:plain
地面との接地面は羽です。

f:id:sc_toy:20180522175632j:plain
下から見るとこんな感じです。
劇中の杖の雰囲気を玩具で再現しようという気合を感じました!

 

f:id:sc_toy:20180522175646j:plain

無理に振り回すとボロっともげてしまいそうだと思いましたが
よく見るとかなりしっかり作られておりますね。

f:id:sc_toy:20180522175636j:plain
↓奥行ある羽は封印の杖を思い出しました。

f:id:sc_toy:20180522182125j:plain

 

 

 

光り方はこんな感じです

f:id:sc_toy:20180522181412j:plain
星の杖に似てる光り方ですね。
アニメではこの水色の星の部分が扇風機のように回りますが
今回も回転ギミックは省かれております。

…というか扇風機のように回るギミックって難しいですよね、、
回転ドアみたいに回るギミックだったら上下固定すれば回りますが
風車みたいに一本余計に支柱がないと無理なので省いて無難でしたね。

 

杖の先

f:id:sc_toy:20180522175608j:plain
封印の杖も星の杖も似たような感じですね。
…さくらの杖規格?(^^;)

こちらが付属のクリアカードです
杖は良いのですがこのクリアカードには思う所があります(^^;)

f:id:sc_toy:20180522175618j:plain

………

 

分かりやすく、プリパラのカード置きます。

f:id:sc_toy:20180522175613j:plain

 お判りでしょうか… なんか荒い…線が太い…(^^;)

 

…という事で

いつの日かこちらのカードをリメイクしてクリアカードブックとカードセットの発売希望です…!

 

ちなみに箱の裏はこんな感じです

f:id:sc_toy:20180522175702j:plain

毎度気合が入ってますね!

作品をリメイクし、同じアイテムもリメイクしたものならいくつか存在しておりますが、
一旦終了した作品の続編が始動して、新アイテムが登場し、それが玩具化。
魔女っ子おもちゃ界隈ではあんまり例が無いと思います。
セーラームーンでも当時の玩具のリメイクをしている訳で。
改めてカードキャプターさくらって愛されている作品なんだなぁと思いました。

 

 劇中でもこの杖や、クリアカードとは何なのかは今の所まだ語られていないので

クリアカード編の今後が楽しみです(*^^*)

セントミロワール

f:id:sc_toy:20180504112837j:plain

セントミロワール TOMY

 

タカラトミーに合併する前のトミーの大傑作玩具「セントミロワール」を紹介します。

1995年から1年間放送された「愛天使ウェディングピーチ」の主人公花咲ももこが
愛天使ウェディングピーチに変身するためのコンパクトで
変身だけではなくビーム攻撃(浄化技)を放つ事もできる優れものです。


このブログは古くて入手困難なおもちゃより比較的入手が簡単なおもちゃを中心に紹介しているのですが
復刻してくれたら嬉しいので、こんな可愛いコンパクトが存在していた事を是非知って頂けたら…と思います。

愛天使ウェディングピーチのおもちゃをよろしくお願い致します…。


f:id:sc_toy:20180504112836j:plain

白を基調とした本体に大胆なピンクのハート。
上部に青、下に緑色のストーン。仲間であるリリィとデイジーのカラーですね。
上品にメッキが輝く独特のエレガントなデザイン。

緑のストーンを押すとピンクのハートの部分が光り効果音が鳴ります。

コンパクトを閉めた状態で蓋の部分が光る事と
コンパクトの両サイドに羽が生えている事
95年のセーラームーンの「クライシスムーンコンパクト」も同じですよね。

f:id:sc_toy:20180505103406j:plain

この時代のトレンドだったのでしょうか。
ちなみにこっちはボタンではなくセーラーリンクで光ります。

コンパクトを開くと効果音が鳴って青い宝石が光ります。

f:id:sc_toy:20180504112835j:plain
十字の下の方にあるボタンを押すと鏡の部分にアフロディーテ様が写ります。
蓋の部分に比べると中のデザインはシンプルです。
そこがまた渋くて良い
 私は様々な魔女っ子おもちゃを収集しましたが
このセントミロワールはかなりのお気に入りです。是非とも復刻して頂きたいです…!

95年、トミーはウェディングピーチ
まだ別会社だったタカラはりりかSOS。バンダイセーラームーン
セガトイズ怪盗セイント・テール
お…黄金時代すぎる
こんないっぱい魔女っ子おもちゃがリリースされて
欲しいもの全部買ってもらえたチビッ子なんて本当にごくわずかだと思います。

子供の頃は自力でおもちゃを購入する事は難しいじゃないですか。
就労できないので当然親や親戚に買ってもらう以外の入手の道は無いのです。
で、大人になっておもちゃを購入する事が出来る頃には
もうあの時欲しかったおもちゃは売って無い。
売っていてもガチ勢以外手が出ない価格に高騰してしまっていて
結局「当時の玩具を買う」事が一部のマニアの中だけでしか繰り広げられていない事になってしまい勿体ないですよね
と、最近強く思うのです。
当時持っていたけど捨てちゃった人とか、今でも持っていて思い入れが強い人とかは勿論
当時欲しくても買ってもらえなかった人という何の数字にもなっていない潜在客も多いと思うので
そういう方々に向けて、当時の大傑作玩具達にはもう一度日の目を浴びて欲しいのです。

 

ま、変に大人向けを狙って大改変すると「コレじゃないんですけど(^^;)」って感じになってしまうのですけど。

魔女っ子おもちゃという呼称についての自分的結論

ここは魔女っ子おもちゃブログです。
魔女っ子おもちゃ…
魔女っ子…
引っかかる方、いらっしゃいますでしょうか(^^;)
今回はおもちゃの紹介ではなく『魔女っ子おもちゃ』の定義を自分なりに考えてみたという記事です。

f:id:sc_toy:20180428224317j:plain
ずっと書きたかった内容なので気合を入れてイラストを描く。

 

「魔女っ子おもちゃ」という呼称はどこの誰が考え使い始められた言葉なのか、私もよく分かっておりません。

f:id:sc_toy:20180428224522p:plain
これは2003年に開設したホームページのロゴなのですが、この時点では収集した玩具の事を魔女っ子おもちゃではなく
「女児ヒロインモノ玩具」としておりました。

この後ホームページが一度ブログに移り、さらにホームページに戻ってその後休止状態を経てブログで再開した頃には
「魔女っ子おもちゃ」という呼称が浸透していており私も使用させて頂いている、という流れになります。
まず語感が良いですよね。キャッチーで覚えやすい。


でもここで問題なのは
プリキュアセーラームーンは魔女っ子じゃない
という点。
さらにその問題点を踏まえた上で私はプリキュアセーラームーンなどの
バトルヒロインもののステッキやコンパクトの玩具を「魔女っ子おもちゃ」で正しい。と思う訳です。

その理由を解説して行きます。

 

まず、魔女っ子おもちゃの歴史を紐解いていきます。

「女児向けアニメ内で登場したアイテムの玩具化」の「元祖」ともいえる魔女っ子おもちゃは
東映魔女っ子シリーズ2作品目「ひみつのアッコちゃん」の「ひみつのかがみテクマクマヤコン」だと思います。

ちなみに1作品目の「魔法使いサリー」は日本初の少女向けアニメで
こちらは関連魔女っ子おもちゃは確認できませんでした。素手で魔法を使っているようです。

その後は72年にバトン型のアイテムが登場する「魔法使いチャッピー」という番組がありましたが
明確にバトンのおもちゃの発売情報を掴めず…。
1969年のアッコちゃんから飛んで、次は1978年の「花の子ルンルン」の「魔法のかぎペンダント」
明確に『ステッキ』が発売されたのはその翌年に放送された「魔法少女ララベル」の「クルクルステッキー」

82年「魔法のプリンセスミンキーモモ」の「ミンキーステッキ」
更に83年「クリィミーマミ」などのぴえろの魔女っ子へと受け継がれて行き
その後
東映のバトル系特撮「魔法少女ちゅうかなぱいぱい」そして「美少女戦士セーラームーン」と続いて行きます。

ポイントはステッキやコンパクトなどのなりきり玩具は最初、正真正銘「魔女っ子・魔法少女」のおもちゃであるという点です。

 

女児向けアニメ内で登場したアイテムの玩具化。
これは「魔女っ子」や「魔法少女」が最初に切り開いた道であり、ここを通った玩具展開をするのであるならば
ステッキ・コンパクトを使用するキャラクターが美少女戦士でも愛天使でも光の使者でも関係無くそれは魔女っ子おもちゃ。
魔女っ子おもちゃをバトルヒロイン作品が戦闘用のアイテムとして使用し始めた
という超玩具主体の考えに至ったわけです。
ミントアローは魔法の変身アイテムだし、リンクルステッキは武器アイテム。
アニメや玩具などの知識も無い方に戦闘用ステッキと魔法用ステッキを分けもらった時
どれも可愛いデザインなので正確に区別するのは困難だと思います。
不思議な力の要素が一切無い「ハロー!サンディベル」「レディレディ!!」「明日のナージャ」や
仮想現実でのアイドル作品であるプリパラで登場するアイテムも
女児向けアニメ内で登場したアイテムを玩具化したもの、という事で「魔女っ子おもちゃ」と認識しています。

女児向け作品の魔法のステッキやコンパクト、ペンダントなどの「玩具」を一括りにして
どう呼ぶかというテーマにおいて私個人的に「魔女っ子おもちゃ」で良いと思う理由を解説してみました。
これは玩具収集家である個人的な考えです。
玩具主体ではなく玩具の呼称は作品のキャラクターの位置付けを踏まえるべきだという意見もあって当然かと思います。

プリキュアファンにとってはプリキュア玩具でありセーラームーンファンにとってはセーラームーン玩具だし。
一括りに魔女っ子おもちゃと呼ぶべきでは無いという考え方も正解だと思っております

 が、一応ここは玩具紹介メインの玩具ブログなので魔女っ子おもちゃという呼称で統一させて頂いておりますし

魔女っ子作品ではない作品の玩具までも「魔女っ子」おもちゃと呼ぶことに関して特に引っ掛かっておらず

玩具収集家的は納得してこの呼称を使用していますよ。というお話でした。

 

…さらにマニアックに掘り下げていくと「魔女っ子」と「魔法少女」も違う…ような気がします。
明確な定義こそ無いですが
魔法界から人間界にやってきて最初から魔法が使える→魔女っ子
普通の人間だったけどある日不思議な力を授かるor選ばれた存在だった→魔法少女
…といった感じでしょうか…?
普通の人間として暮らしていたけど実は魔法界の血を引いていて、ステッキを使う事により魔法がかけられる。
だと魔女っ子、魔法少女どちらでしょうか…?
細かく定義されている事柄に固執する事自体、外側から見るとただの「知ってる人達だけで盛り上がる内輪感」が出ちゃいますよね。
それは避けたい(^^;)と思っておりますので「魔女っ子おもちゃ」って事で。

初代ひみつのアッコちゃんのコンパクトは1969年っていう事は
仮面ライダーのベルト(1971年)より古いんですね…!
ただ魔女っ子は毎年キャラが変わりますからね(^^;)
今日でも仮面ライダーの同シリーズは放送しているので化け物みたいなコンテンツです。凄い。