sweet candy 魔女っ子おもちゃ ブログ

可愛いと思った魔女っ子おもちゃを紹介していくブログです。ブログ内の全画像の無断転載禁止。

SC

ジュエルパクト シャーベットピンクDXセット

f:id:sc_toy:20190427222427j:plain

ジュエルパクト シャーベットピンクDXセット タカラトミーアーツ 2019年4月25日発売 7,020円(税込)

キラッとプリ☆チャンのファーストシーズンは玩具・番組共にちょっと微妙でした…
通常回が壊滅的にイマイチすぎた…
が、しかし今から3か月前に2年目のアイテムであるこのジュエルパクトの写真が発表され一気に期待が高まりました!

一年目はガリガリ鳴る液晶無しスマホアイテムだったので
ハート型の可愛い本体にミライクリスタルみたいなジュエルをセットして遊ぶおもちゃの発表は正に青天の霹靂でした。
当然予約して購入しました。

こちらが本体

f:id:sc_toy:20190427222519j:plain
予約前段階や箱の写真も本体はゴールド塗装でしたが実物はメッキです…!
メッキ玩具育ちにグサっと刺さります!
ジュエルが付いてない状態でも可愛い。

 こちらがジュエル

f:id:sc_toy:20190427222516j:plain
ジュエルもメッキ塗装!!
ちなみにこちらは本体ピンクですがパープル版も同時に発売し、そちらには別のジュエルが付属しております。
こちらを本体にセットすると翼が開きます。

 

f:id:sc_toy:20190427222512j:plain

本体がピンクなのでこのピンクジュエルが一番しっくりきます。

f:id:sc_toy:20190427222509j:plain
う…美しい…

  ミライクリスタルと違ってジュエルを取り付けても出っ張ってる感があんまり無い所がポイント高いです。
本体に馴染むというか、取り付けている感が無いというか。

ギミックは本体上部に付属のカードを挿して発光や劇中のライブシーンの台詞を楽しんだり、
コーデを一式読み込ませるとコーデパワーが貯められたりと、基本的にカードと連動して遊ぶ仕様となっております。
f:id:sc_toy:20190427222456j:plain
紙のカードなので乱暴に挿しまくるとカードが痛みそうですね…
前年の玩具はカードの読み取り不可能だったので
プリパラ時代のハイテク玩具に戻ろうとしてくれているのかも…と思うと嬉しいです。
でもTwitter遊戯王カードでも認識するとの情報を目にしたので精度の高い読み取り機能があるのかは謎です…(・_・;)

翼の付け根が光ります。

f:id:sc_toy:20190427222459j:plain
ピンクジュエル

f:id:sc_toy:20190427222502j:plain
イエロージュエル

f:id:sc_toy:20190427222505j:plain
ブルージュエル

他にも赤や緑に光ります。

f:id:sc_toy:20190427222429g:plain
これはメルティックスターのカラーですよね。
2年目のメルティックスターのキービジュアルに描かれていた星の形のジュエル、今後発売する…のかな?
欲しい…!

ジュエル「パクト」という名前ですが開閉はしません。
裏面はこんな感じです。

f:id:sc_toy:20190427222452j:plain
中央のY字の部分に指を引っかけて

f:id:sc_toy:20190428101040j:plain
劇中みたいに持って遊べます。
通信窓を↓のように読み込ませて
f:id:sc_toy:20190427222437j:plain
このようにゲーム機と連動して遊べるみたいです。
私はゲームでは遊んでいないので詳しくは分かりませんがジュエルパクト限定のコーデを着せる事ができるし、
その限定コーデはパクトにセットしているジュエルによって色を変える事が出来るみたいです。


こちらが付属品

f:id:sc_toy:20190427222449j:plain
私は早期購入特典のジュエルやカード付属のものを購入しました。
読み込ませるカードが3枚付属しているのでパクトのみ購入でもカードの読み取りギミックで遊べます。
ブレスレットやネックレスチェーンのパーツ付きでジュエルをアクセサリーにする事が出来ます。

f:id:sc_toy:20190427222434j:plain

 これを見てると、まりあ&すずのジュエルセットも欲しくなりますね…! 
ジュエル可愛いから今年はプリチャンのジュエル『キラッとジュエル』の収集に燃えそうな予感…!
でもプリパラの玩具展開みてるとタカラトミー後出しでもっと凄いやつみたいな玩具を発売するので収集難しそう(^^;)
去年も1クール目でプリチャンキャストを発売し、その後数ヶ月後にプリチャンキャストDXを発売したし…
ジュエル収集の為とはいえ、さすがにもう色違いのジュエルパクトは買わないかなぁ…(^^;)
番組内で白いジュエルパクトが登場しているので何か嫌な予感はしますが(^^;)
後で色違いのジュエルパクトを限定ジュエル付きで発売しそう…
BANDAIよりアコギな商売ですよね…ジュエルだけ発売して欲しい!

玩具好き的にやっぱミライクリスタルと比較せずにはいられないですよねー
という事で並べて写真を撮影してみました。

f:id:sc_toy:20190427222446j:plain
ミライクリスタルのピンク色の方が可憐で可愛いと思いました。
キラッとジュエルのピンクは濃く、少し濁ってるような印象です。
クリアパーツの透明度+ラインストーン使用でミライクリスタルの方がキラキラ具合も上ですね。

f:id:sc_toy:20190427222444j:plain
ミライクリスタルの方が高さがあります。
キラッとジュエルは高さが無いのでセットした時に玩具との一体感があります。
 
キラッとジュエルもミライクリスタルみたいに売り出して欲しいです。
玩具としてばら売りはもちろん食玩とかガチャでも展開して欲しいけど、タカラトミーはこういう事あんまりやらないかな?
マジマジョのジュエルも食玩とかガチャ販売は無かったので…。
プリパラのジュエルはガチャあったけど、あれハート型のプラにシール貼っただけなのでほぼカード扱いですよね。。
製造手間掛かるこの「キラッとジュエル」はバラまくような事はしないかもしれないです…。
食玩・ガチャの予約情報見ても今の所無いっぽいし(^^;)
もしジュエルだけで売ってくれるならミライクリスタルやリンクルストーンのようにがっつり収集していきたいです。

プリキュアミライパッド&メモリアルキュアクロックセットとハグプリ感想

f:id:sc_toy:20190302234019j:plain

 おしごといろいろ!プリキュアミライパッド&メモリアルキュアクロックセット BANDAI 2018年9月19日発売 13,824円(税込)

ハグっとプリキュアのフォームチェンジ&必殺技アイテムでクリスマス商戦用おもちゃです。
ミライパッド単体は3月ごろに発売しておりましたが
これにカバーを装着したら最終決戦兵器になるなんて思いもしませんでした(笑)

という事でまずはミライパッド

f:id:sc_toy:20190302234008j:plain
プリキュアのパットって液晶のフチが黒いのですが毎度これで可愛さが削げるので勿体ないと思ってます…。
写真ではミライパッドのミライクリスタルが付いている状態ですが様々なミライクリスタルをはめて遊べます。
遊んだ感じ、フツーに液晶アイテムって感じです。タッチで操作可能。
下のピンクのボタンが可愛いです


f:id:sc_toy:20190302234048j:plain
ラインストーンの形に凹凸の造形がされていて下地がカラーのホログラム。
プリキュアのおもちゃにしては結構凝ってるな~と思いました!

 
タッチペンは脇に刺せます。

f:id:sc_toy:20190302234027j:plain

 レッスンパッドのタッチペン、可愛かったので
ミライパッドのタッチペンももう少し凝っていて可愛いものだったら良かったのに(^^;)

sc-toy.hatenablog.com
レッスンパッドで満足していたのでミライパッド単体だったら購入を見送っていたかなと思います。

次はメモリアルキュアクロックです。

f:id:sc_toy:20190302234012j:plain

メモリアルキュアクロックは単体だとカバーなので見栄えしないというか、パーツ感が否めませんね(^^;)
便座カバーって呼ばれてるそうで(^^;)
た…確かに見える(^^;)

f:id:sc_toy:20190302234016j:plain
一応クロックっぽく数字の造形があります。

 ミライパッドに装着したらこんな感じです

f:id:sc_toy:20190302234052j:plain
おおおー!
大きめのハートのラインストーンが6個もついていてキラッキラです!

装着すると

f:id:sc_toy:20190302234038j:plain
画面の中のキュアエールがマザーハートスタイルに変化します!

 ちょっと気になった点は

f:id:sc_toy:20190302234023j:plain
ミライパッドとメモリアルキュアクロックのピンクが若干違う…
写真だと分かりづらいからもしれませんがミライパッドの方が濃いピンクです。
何となく、私の感覚的な問題かもしれませんが同じ色で合わせて欲しかったかも…

このおもちゃを購入した理由の大部分を占めるのがメッキのミライクリスタルです!

 

f:id:sc_toy:20190302234035j:plain

左 ミライクリスタルチアフル
右 ミライクリスタルマザーハート

一応設定上はマザーハートの方が最終形態への変身用ですがチアフルの方が強そう(^^;)
チアフルの5人のハートの部分もメッキかクリアパーツにして欲しかったです…!
そしたらもっとキラキラだったのに…!
これにてとりあえずメッキのミライクリスタル収集は一段落付きました。
残る「ミライクリスタルホワイト」ははぐたんのぬいぐるみの付属品で
さすがに人型ぬいぐるみを持て余すのはちょっと(^^;)って事で見合わせようかな。
ブルー・イエローと一緒に売って欲しかった(^^;)

 

f:id:sc_toy:20190302234030j:plain

 ミライパッドのミライクリスタルはメッキ塗装だったら最強に可愛いのになんでゴールド塗装なの…( ノД`)


以上、ミライパッド&メモリアルキュアクロックセットでした。

f:id:sc_toy:20190302234044j:plain
プリキュアのパッド系アイテムの中では一番キラキラしていると思います。
5年前に発売したマジカルラブリーハープに似ている印象でしたが
タッチ操作できたりカバーを被せても遊びの幅が縮まらないので進化を感じました!

sc-toy.hatenablog.comちなみにマジカルラブリーハープは被せた時点でラビーズ装着できなくなるし
ハープ演奏遊びになるし何とも言えない仕様でした(^^;)

 

f:id:sc_toy:20190218204719j:plain

ハグプリのおもちゃはピンクが基調のものを購入してみました。
メロディソードとツインラブギターの購入は未定です。
収集アイテムのミライクリスタルもメッキ塗装で可愛かったです!
リンクルストーンの時みたいに頑張って収集しました。
新シリーズ・スタプリのスターカラーペンはあんまりグッと来なかったので
何年か先にまたこんなキラキラで可愛い収集アイテム来ないかなーなんて思ってます!


以下はハグプリの作品に対しての感想(長文)です。

玩具に関係ないし興味無い方、ハグプリに関してネガティブな感想は少しも観たくないし認めないという方は
これ以上読み進めないようにお願いします(^^;)

 



ハグプリはかなり見ごたえがある作品でした!
敵のクールなアンドロイド・ルールーがプリキュアに変身したり
いきなり初代プリキュアの2人が登場し、さらに秋頃に今までの全シリーズのプリキュアが登場したり
ラストバトルでみんなプリキュアに変身したりとエンタメとして純粋に面白かったです。
あと川村敏江さんのキャラデザが美しかったです!
プリキュア5、スマプリのコスチュームは各キャラ細かい部分で違う所はありますが基本色替えだった事に対し
ハグプリの変身後のコスチュームは各キャラの個性が活きていて素晴らしいデザインでした。
個人的にキュアアンジュのデザインが特に良かったと思いました。

作風としては“ママの心をハグっと”プリキュア…って感じ?子供向けに寄せるのではなく
親御さんをファンに取り込もうとしていた要素を随所に感じました。
先生の奥さんの出産話とか、はなのお祖母ちゃんの和菓子屋のお話とか…
子供が楽しむためのお話ではなく大人目線というか。
大人としての自分は「なんていい話…( ;∀;)」とじーんとしながら視聴しました!
妖怪ウォッチ苦境』の記事で読んだのですが子供の消費マーケティング戦略において
まず実際にお金を出す親(大人)に好かれるコンテンツである事が重要らしく
プリキュアを観る子供の親御さんに好かれるための工夫を感じました。
子供の消費行動にとって大人は門番的な役割があるそうです。
実際にお金を出すの大人だし子供が楽しむ事より『プリキュア』を大人に好かれるコンテンツにする事にとても賢明だと思いました。

ここからが自分的に微妙だと感じた部分です。

■ハグプリが訴えてきたメッセージ性について
未就学児位だとアンリ君のジェンダーに関する問題提起(性別に関係なく好きな格好しても良いじゃん!)位は良いかなと思うのですが
帝王切開・産み方によるヒエラルキー形成問題を『プリキュア』で伝える事はさすがに疑問を感じました。
この問題が今の子供達が大人になる頃に残ってたらこの国おしまいなんじゃないの?(^^;)と思うのです。
これは未来に委ねる問題ではなく今すぐ消さないといけない事ですよね(^^;)
この問題を今現在の未就学児に伝える事の必要性ってあるでしょうか。。

やはり全体的にバトルヒロインもの作品でメッセージを伝えるって難しいと感じました。
如実に感じた話は先生の奥さんの出産話。
先生の奥さんが出産した段階で感動のドラマとしては終わってるのにそこから敵が出現して変身して撃退する流れでした。
この話でバトルヒロイン要素が完全にお荷物だった様に思えました(^^;)
おジャ魔女どれみみたいなフォーマットの作品だったらあんまり違和感無いと思うんですけど
バトルヒロインもの作品だと敵がストーリー上の「解決すべき問題」に絡んでいないと少々苦しいな…と。
敵ではなく邪魔者になっちゃうんですよね。

それと『勇気ある・踏み込んだ作風』と言われつつ
「未来=赤ちゃん」「赤ちゃんを産む事は素晴らしい!」
という母性や女性の出産を礼賛するメッセージはとうの太古の昔から提唱されていた不変的な価値観ですよね。
きっとこのメッセージを受け取った未就学女児は感化され
赤ちゃんは未来!たとえ社会進出しても女性なんだから未来を絶対産まねば!と人生の目標が定まった事でしょう。
確かに素晴らしいメッセージですが、個人的に出産とは子供向け番組に触発されて選択する事では無く
その価値観を強要される事でもないのでは?と思いました。
ラストのはなのリアルな出産シーン、これを保健体育すら習ってないであろう未就学児に「伝えたい!」という姿勢にちょっと引いちゃいました。

従ってメッセージ性に話を割くのではなくキャラクターをもっともっと深く欲し下げて欲しかったです。
石橋を叩いて渡るどころか叩きすぎて壊しちゃうようなキャラのえみるが後半は普通な感じになっていたし
クールだったルールーはヨダレ垂らすタイプのグルメキャラに変貌していたし
アンリとえみる兄もいつの間にか超大親友だったし…
どのキャラも個性的で魅力的なキャラクターだったのでのキャラクターのドラマに時間を掛けて欲しかったです。
 

■明確に描いて欲しかった敵の動機
敵のボス、ジョージ・クライの回想がモヤっと出てくるのですが
明確に言及されなかったというか…
恐らく未来でジョージは『はなを何らかの理由で失う→時間停止したい』という思考に辿り着いたのかな、と思うんですけど
二人の具体的な関係性、そしてジョージは何故はなを失ったのかよく分からなかったです。
ジョージがはなにフられたのか、はながプリキュアとして敗北したのか、はなが交通事故にでも遭ったのか?
ジョージはパップルとデキてたっぽいので、はなとの関係は夫婦では無かったと信じたいです
敵の戦う具体的な理由は主人公の戦う理由と同じくらい大切なものなのでしっかり描いて欲しかったです。

ラウムさんも過去に色々あったようで、ルールー開発前に子供が居たっぽい?金髪の女の子の写真がありましたが
その写真について説明はありませんでした。
恐らくその子を失って、それが発端でアンドロイド製作に着手した、と予想できますが
設定として存在し、匂わせる程度で明確な言及を避けるのであれば
そもそも描かない方が良かったと思います。
発明家のおじさんがアンドロイドを作ったけど思った通りにならなかった、で十分だったような…。

2点とも、もし物語が暗くならないように劇中ではあえて描かなかったのならば
子供向け番組として描ける内容でストーリーを組み立てる必要があったと思いました。
誰にどのように楽しんで欲し作品なのか、の前に
「こんなストーリー書きたい!メッセージを伝えたい!」という要素を強く感じてしまいました。
これを良しと捉えるかどうかは個々の感性に委ねられるものかと思いますが
私は経験上(後述します)あまり良く捉える事ができませんでした。

 

ハグプリは商業成績的に良かったそうなので魅力的なキャラクターはきっと子供達にも受け
メッセージ性ある重厚なストーリーで親御さんに訴える作戦は大成功だったのだと思います。
ラウム作のタイムマシーン列車に乗って帰っていった面々は
クライアス社のあったパラレルワールドの未来に帰っていった…って事ですよね。
はな達が未来で再び出会う彼等は、あの時未来に帰った彼等とは違う訳で…
本当にお別れだったんだと思うとちょっと切ないです…。

ハグプリを観て育った層がどのような価値観を持つ大人になるのか楽しみですね。
子供向け番組としては難しい気がしましたが(^^;)



さて、メッセージ性が先行している作品を好意的に受け取れない理由ですが
純粋に私が子供の時に楽しく感じなかったからです。


私が子供の頃ドラえもん地球環境問題を訴えまくっていて。
裏山がゴルフ場になるという話題から発展し、
こんな便利な生活していたらいつか地球が大変な事になるぞ!みたいな内容だったと記憶しております。
私にとっては悪くないのに脅かされている、叱られている気分になり全然楽しく無かったです。(個人の感想です)
あの時の子供が育って大人になった今現在では
90年代に比べて温暖化とか地球環境問題についてみんな関心が無いように思えます(^^;)
全然解決していないし(^^;)
地球環境問題なんかよりコンピュータペンシルでズルをするか否かとか独裁スイッチの話とかの方が
ずっと心に残り大人になるまで思考に影響を及ぼしていると思います。
これはドラえもんでないと伝えられないメッセージだと思います。

老後の働き方も少子化も子連れ出勤もハグプリが訴えていた内容に凄く賛同するし
本当にそんな社会になれば良いと心から思います。
でも現代社会が抱える問題を子供に託す事や伝える事って本当に『プリキュア』にしか出来ない事なのかな…。
プリキュアにもプリキュアにしか伝えられない何かがあるのではないでしょうか。

このような考えでは私は「作品の外にある問題を作中に落とし込んだ」みたいな作風があまり好みでは無いです(^^;)
その作品にしか伝える事が出来ないメッセージこそが作品の価値だと思うからです。
5千字をこえる記事となりました…!ここまで読んで頂きありがとうございます。

お疲れ様です。

パムポップンセット

f:id:sc_toy:20190407194037j:plain
パムポップンセット BANDAI 2019年3月25日発送 5,940円(税抜)

1983~84年に放送していたアニメ「魔法の天使クリィミーマミ」のアイテム3種がセットになってガシャデパから商品化しました。

ミニチュア化とまではいかない…けど当時の玩具のサイズよりは小さいです。
マミのアイテムはパステルのファンシーな世界観が魅力ですが
こちらのアイテムはガシャデパ特有の謎のメッキ化が施されており、当時の玩具に思い入れがある方には
受け入れにくいものだったかな…と思います。
以前おまじない香水びんとどれみタップが同じくガシャデパより謎のメッキ化を施され商品化しましたが
購入し実物を手に取ると当時の玩具とはまた違った魅力がある事を発見できたので私は今回も購入しました。


f:id:sc_toy:20190407195219j:plain
白いスリーブを外すとこんな感じ。箔押しで高級感があります。
ガシャデパの商品は毎度箱にこだわってますね。
箱を開くと…

f:id:sc_toy:20190407194114j:plain
マミのイラスト!80年代っぽくて凄く可愛いです。
こちらが本体。ルミナスターとクリィミーステッキとまほうのコンパクトです。

f:id:sc_toy:20190407194110j:plain
これはこれで別物として可愛いんじゃないかな?と思って購入しましたが目論見通りで
通常の玩具のファンシーなパッケージではなく、ネオンのイラストが描かれた黒い箱が合う別アイテムって感じです。

メッキでツヤツヤキラキラ。

f:id:sc_toy:20190407194105j:plain
やっぱマミのアイテムってめちゃくちゃ可愛いな…と改めて思いました!
この3つ、現在の魔女っ子おもちゃの源流になってますよね。
シンプルだけどしっかりツボをおさえたデザインです。

ステッキから

f:id:sc_toy:20190407194056j:plain
ハートの部分がくるくる回ります。
昔PROPLICAでクリィミーステッキの展示があった時、黄色いハートの部分がメッキで少々違和感を感じましたが
全部メッキだとあまり違和感ありません。

f:id:sc_toy:20190407194100j:plain
透明な樹脂で一層カバーされていて、そこに文字や模様が凹凸で表現されてます。
ルミナスターのハートの部分も同じです。

f:id:sc_toy:20190407194052j:plain
こちらには回ったり光ったり開閉する等のギミックはありません。
一番多くラインストーンを使用されてます。キラキラしていて可愛いです。
ルミナスターに似たタンバリン型の魔女っ子おもちゃはいくつか思い付きますが
未だにルミナスターが一番可愛いのでは?と思います。

 次はまほうのコンパクトです。

f:id:sc_toy:20190407194048j:plain
劇中では黄色のステッキ格納部分の下に、左右に斜め3本ラインが引かれているのに、この商品は省略されてしまってますね…(^^;)
ステッキとルミナスターは塗装でしたが、こちらはクリアパーツでアレンジされています。 
ボタンの部分が透けていて綺麗です。押せませんけど(^^;)

f:id:sc_toy:20190407194045j:plain
収納されているステッキ。
かなり小さいですが一応色分けされています。

f:id:sc_toy:20190407194042j:plain
開閉可能でミラー付です。
セーラームーンの変身コンパクトミラーと同じようなサイズなので実用性はほとんどありません(^^;)
3つとも専用の台座付で可愛く飾れます。観賞用アイテムって事ですね。

以上、大胆なメッキアレンジで別物になったけど相変わらず可愛いマミのアイテム3種でした!
ガシャデパのアイテムなので全体的に作りは粗く雑っぽいです。
1年後にメッキが溶けて無きゃ御の字です。

マミも35thみたいなので玩具復刻とかして欲しいんですけど
セーラームーン程大々的にコンテンツを売り出してる感じではないです。
マミのグッズはチャームとかファッション雑貨みたいなものばかりで玩具オタク的に貢げる機会が少ない事が残念です。
以前に静電舎様からステッキやルミナスターがリリースされた時
高くて結局買わなかった事が今更ながらめちゃくちゃ悔やまれます…
買っとけば良かった( ノД`)欲しい…
お顔シールペタリの当時の玩具版も可愛いし、コレクター的には是非是非マミのアイテムがもっと欲しいです!
このパムポップンセット、アイテム3種セットとはいえサイズ的には小さ目なので割高に感じてしまいました(^^;)
いつか劇中と似たスケール感で、ギミック付で商品化されたら嬉しいです…!

 謎のメッキ化第一弾

sc-toy.hatenablog.com
謎のメッキ化第二弾

sc-toy.hatenablog.com

ありがとうマジマジョピュアーズ!

f:id:sc_toy:20190406175935j:plain
去年も完結記念にメンバー全員のパワーアップフォームのイラストを描いたので今年も描きました!

今日はマジマジョからファントミへのバトンタッチイベントがありました…。
残念ながら私は出かける用事がありましたので見守る事が出来ませんでしたが
前作への思い入れがあればあるほど感慨深いイベントですよね…バトンタッチ…

イラストを描いててユリアだけフォームが違うって改めて斬新だよねって思いました!
登場が遅かったとはいえレギュラーメンバーが一人だけ旧フォームってプリキュアでは無いよね…
今更ですがユリアがバリアを張る時に酷使されるクリオネ
マジョカセレモニーで重役的な位置に居たことが気になりました(^^;)

マジマジョの本編はモモカ⇔他4人の関係がしっかり描写されていましたが
例えばユリアとリン・シオリとミツキの関係とか具体的にどんな感じだったのかな。。
普通に友人関係である事は分かりますがモモカ以外のキャラ同士の色々なエピソードをもう少し見たかったです…!
マジマジョ、一年じゃ足りないよーー(^^;)

一年後、ファントミに対しても一年じゃ足りない!って思いたいですね。
ファントミも素敵な作品でありますように。。

おもちゃに関して

f:id:sc_toy:20190406180055j:plain

 マジマジョのおもちゃは最高に可愛かったです!
こんなに可愛いくてメッキがキラキラな魔法のコンパクト&ステッキは久々だったので嬉しかったです。

女児向け番組はクリスマス商戦を控えた11月に大体の商品展開が終わります。
プリキュアの場合2月スタートなので新アイテムが玩具展開されない期間が2ヶ月程度ですが
ガールズ×戦士シリーズの場合4月に始まるので後半4ヶ月、つまり1クール以上ほぼ新アイテム無しになってしまいます。
番組終了がプリキュアの2ヶ月後なので買った玩具で長く遊べるという利点が有りますね。
マジマジョのおもちゃ最高だったのでクリスマス終わっても展開して欲しかったです(無理)
またいつか、こんなに可愛い魔女っ子おもちゃを生み出す作品に出会えたら良いなーと思います!
何年後になるかな…

とにかく、マジマジョピュアーズありがとう~(´;ω;`)


プリチャンキャスト アンジュDXセット

f:id:sc_toy:20190217122429j:plain

プリ☆チャンキャスト アンジュDXセット タカラトミーアーツ 2018年10月4日発売 7,020円(税込)


キラッとプリチャン劇中でのナンバーワンアイドル「白鳥アンジュ」のプリチャンキャストが玩具化しました。
こちらは番組中盤で発売したもので、もっと前に主人公達のプリチャンキャストも発売しています。
後出しでこちらを発売するなんてなかなかアコギな売り方だと思いました…(^^;)
私は主人公達の銀メッキ仕様より金メッキの方が好きなのでこちらを購入しました。
銀メッキだとジルっぽいのでそちらの方がお好きな方の方が多いかもしれません。

f:id:sc_toy:20190217122425j:plain
こちらが本体。
まばゆい金メッキです!タカラトミーは普通にメッキ使ってくれるので
本当に90年代のメッキ玩具好きにはたまらないです!
劇中にてこのプリチャンキャストはサクサクと動画編集&生配信できるハイテクなスマホとして登場しておりますが…
この玩具版では…

f:id:sc_toy:20190217122421j:plain
画面がシール再現
税込7千円越えの定価なのに液晶無しで画面がシールというスマホ型玩具、今時逆に珍しいです。


プリチャンというコンテンツはゲームとのメディアミックス作品なので
大多数の購入者は筐体と連動させる事が目当てのゲームのプレイヤーさんなのかも。
↓こちらがゲーム筐体と連動する付属のアプリというパーツです

f:id:sc_toy:20190217122413j:plain
シールが貼り付けられた小型のキューブです。

f:id:sc_toy:20190217122407j:plain
左:表面 右:裏面
裏のQRコードを筐体で読み取って遊ぶ…って感じでしょうか?
プリチャンのゲームは未プレイなので不明ですが↓のようなコーデで遊べるようです。
f:id:sc_toy:20190217122351j:plain
f:id:sc_toy:20190217122348j:plain
…このON AIRって書いてある水色のアプリが重要なアプリっぽいですね。。
結構小さいパーツだから子供は紛失しそう…(・_・;)


プリチャンキャスト本体にアプリをセットするとこんな感じです

f:id:sc_toy:20190217122410j:plain

 そして「スラッシュプリチケ」を脇の溝に差し込んで下にスラッシュ

f:id:sc_toy:20190217122417j:plain

 アプリの中身が回転します。

f:id:sc_toy:20190217122342g:plain

 ボタンが光るので押すと、TVでおなじみのBGMや台詞が流れます。

f:id:sc_toy:20190217122404j:plain
こちらはアンジュのプリチャンキャストなので台詞はアンジュの声で流れます。
ちなみに電池を入れなくてもアプリが回るところまでは出来てしまうという原始的なギミックです…(^^;)

 

 これ以外にもミニゲームを搭載しています。
f:id:sc_toy:20190217122359j:plain
ピンクの再生ボタンのイラスト、黄色い人間のイラスト、カメラのイラストにタッチすると
それぞれのミニゲームで遊ぶことができます。
個人的に面白いと思ったモードはカメラです。
本物のカメラは搭載しておりませんがパシャっとカメラの音が流れます…。
ファミレスのおもちゃコーナーにあるようなレベル。懐かしさすら感じてしまいました。

9年前という大昔にハトプリの「ほんとに撮れちゃうハートキャッチムービー」という商品がありました。
こちら簡易ですが動画の撮影が可能で、しかも定価6,696円。
このシール液晶プリチャンキャストDXよりも安いんです。
さすがに9年経ったし今現在ハトプリのビデオカメラに似たスペックのものを製造するなら
かなり安く製作できると思うんですけど(^^;)
少々値上がりしても、短い時間しか録画不可能で画質は悪くても良いので
プリチャンキャストという商品名を付けるなら動画撮れるようにしようよ…(^^;)
アプリという名のキューブ型パーツが8個付属しますがセットしても鳴る音声が変わるだけで
本当にアプリケーションが拡張する訳じゃないし(^^;)

正直、プリパラ時代の液晶玩具から随分と退化したなー…といった印象。

www.youtube.com
プリパラの液晶玩具は本物のカメラ付きで本体が筐体と連動したりチャーム(別玩具)と連動したり
凄いハイテクでした。
プリキュア玩具を追いかけていたのでタカラトミーのプリパラ玩具のギミックに驚かされっぱなしでした。

 
何故プリパラの玩具に対してプリチャンの玩具は退化してしまったのか、色々と考えて見ました。
プリパラは4年で終了となりましたがどんな人気作でも先細りしますから
『筐体で遊び玩具も購入する層』も全盛期に比べてある程度減ったのかな…と思われます。
ここで新シリーズを立ち上げて『筐体で遊び玩具も購入する層』を更に増やそうとした時
1万円近い定価の玩具より半額以下の方が手を伸ばしやすいから
コストダウンの為に玩具の性能を大幅に落とした…という事なのかな、と思いました。
…プリパラ4年目のゆいマイク&ハープは最後までついてきたプレイヤーに用意されたガチ勢用アイテムって事になりますね…(^^;)

筐体と玩具の連動といってもプリキャス本体は連動しないみたいだし
この玩具だけだとファミレスのおもちゃコーナー程度のギミックだし
プリパラの高性能玩具で目が肥えた層にも新規の層にもこのプリチャンキャストってイマイチだったんじゃないのかな…(-_-;)

前番組プリパラ玩具が高性能だったのでどうしても比べてしまい残念な気持ちになってしまいますが
なんちゃってスマホ玩具としてはハグプリのプリハートといい勝負です。
技術面では間違いなくバンダイ<<タカラトミーだったのに…

玩具好きとしては蓋の金メッキと

f:id:sc_toy:20190302100435j:plain
今時珍しいシール液晶(少しズレて貼られてる)が珍品として楽しめたのでまぁ良いかな、って感じですね。
普通にスマホ玩具として遊びたい方、ゲームと連動させない方にはあんまりオススメ出来ないかな。。

 
ゲームで使えるカードが入っていました。

f:id:sc_toy:20190217122356j:plain

 
プリパラは2年目のおもちゃが滅茶苦茶可愛い!
このプリチャンキャスト黒歴史化するんじゃないのかな?(^^;)
プリチャン1年目はアニメの方も微妙でした(個人の意見です)
特に、いわゆる通常回が商業作品としてはギリギリのレベルなのではないでしょうか?
数話で視聴を諦めた人の為の記憶を掘り起こすために第何話かのエピソードを紹介させていただきます。
主人公の弟・B太郎の友人A子が
『好きな人と行ったら願いが叶う遊園地アトラクション』を知る。
A子は入院している祖父の回復を願う為に、想いを寄せているB太を誘って行くことに。

B太郎は暗い所が苦手なのに、目当ての遊園地のアトラクションは暗かった。
主人公が応援のライブを行う
A子とB太郎は無事アトラクションを終える。A子の祖父が回復する。
主人公は一連の流れを動画配信していたのでチャンネルも盛り上がる。
めでたしめでたし。
…こんなレベルの毒にも薬にもならねー『ちょっとイイ話』が毎週続きました。
心から楽しいとか、ときめきを感じた人って居たのかな?(^^;)
更に、最終話まで残り2話ので地点のお話は
重要な大会のチケットを紛失した→探した結果帽子の中に入ってました
これだけ。マジでこれだけ。

秋頃から登場した新キャラ紫藤めるのエピソードもツッコミどころが多く
めるが過去にいきなり姿を消した事が原因であんなとの間に確執があった理由も
あんなために“落ちない流れ星”を探しにアメリカに行ったというものでした。。
いや…「あんあんのためにめるめる、落ちない流れ星を探しにいってくるYO~☆彡」って
一言連絡すれば良かったじゃん…(-_-;)
めるが連絡出来なかった理由の描写が無いしマジで意味不明でした(-_-;)

主人公達も最初はとりあえず「やってみよう!」ってノリでプリチャンの配信を始めたのに
いつの間にか目標がナンバーワンプリチャンアイドルになる!に変わっていてよく分かりませんでした…(*_*)
あとライバルキャラのイタズラ好きの2人組の女の子の喋り方が苦痛レベル(*_*)
オーディエンスのモブキャラは棒人間に顔を描いたような描写が適当すぎて興ざめするし、、
もちろん人それぞれ感覚は違う訳でプリチャンを毎週楽しみながら視聴していた方も沢山いらっしゃると思いますが
私の感想としてはもったいないと感じました。
プリチャンはキャラデザも曲も良いしキャラも立ってるし、素材は絶対悪くないです。
この素材でもっと面白いプリチャンが観たいです。
という事で玩具はもちろんアニメの方も改善希望です…。

PROPLICA 変身ブローチ&変装ペンセット

f:id:sc_toy:20190324233513j:plain


PROPLICA 変身ブローチ&変装ペンセット BANDAI 2019年3月22日発送 10,800円(税込)

プロップ(劇中小道具)をおもちゃとして再現するPROPLICAシリーズより
初代・美少女戦士セーラームーンの変身アイテムが玩具化されました!
去年の9月後半頃にこの商品の発売告知があったので実に半年待ちました。
長かったー!

それではまず変身ブローチから。
 
f:id:sc_toy:20190324233322j:plain
 コロンとしたフォルム感、手ごろなサイズ感、どれも想像していた変身ブローチそのままでした!
当初は真ん中のピンクの宝石がクリアピンクではなく濁っている事がちょっと微妙だなーと思ってましたが
周囲4つの石の色が予想よりも濃く、そこまでキラキラしていないので
中央のピンクの石との落差が無く案外馴染んでます。

今まで商品化されてきた変身ブローチって上の面が平面に近いものが多いのですが…

f:id:sc_toy:20190324233309j:plain
このPROPLICA版はドーム状になっています。
他の変身ブローチとは異なり、初代の変身ブローチが劇中でどアップになる事があんまり無いのですが
クリスタルスターに変わる時のお話で変身ブローチがドーム状のように見えたので
しっかり再現されていて嬉しいです。

ちなみに電池が入って発光したり音声が鳴る変身ブローチの商品って初めてなんです!
25年越しに初代の変身BGMが鳴るおもちゃが発売されて感無量です(´;ω;`)
セーラームーンの変身BGMといったらやっぱりコレよね~…

f:id:sc_toy:20190324233257g:plain
ボイスの有り無しを選ぶスイッチで中央の宝石が光ります。
ピンク・青・赤・緑・橙とセーラー戦士達のカラーで光る事が特徴的です。

 劇中で変身ブローチがコンパクトのように開閉する所や中にネイルグロスが収納されている描写は一切無いんです。
おもちゃファンとしては当時のピンクなネイルグロスは国宝級のお宝で是非そのままの形で復刻して欲しいですが
同じくらいの熱量で初代の変身BGMが流れるギミック付の変身ブローチが欲しかったのです。
当時の変身アイテム全部お持ちの方は分かると思いますが変身ブローチだけ電池入らずギミック無しだったので
一つだけ仲間外れ感があるんですよね…(・_・;)
折角変身ブローチにギミックが付いたので是非PROPLICAには全コンパクトを商品化して欲しいです!
あとクライシスとちびムーンコンパクトとエターナルムーンアーティクル…!

このPROPLICA版購入した方、魂ウェブのアンケートに答えてセーラームーンの商品展開が続くように応援しましょう…!


 続いて変装ペンです。

 

f:id:sc_toy:20190324233319j:plain

当時のアニメ基準の玩具版はもう少し太めのペンでしたが
昨今玩具化されている変装ペンは原作の細いペンを再現したものが多いです。
このPROPLICA版はちょうと中間位の太さに思えます。

f:id:sc_toy:20190327090326j:plain

この月のマークを押すと発光したり変身ブローチと連動する事ができます。


とにかく赤い宝石の美しさに感動!
今まで商品化した変装ペンの中でもダントツで美しいのではないでしょうか。

f:id:sc_toy:20190326090644j:plain f:id:sc_toy:20190321225028j:plain
↑ムーンライトメモリー版とこの前のガシャ・メモリアルアーティクルズ版
↓そしてこれがPROPLICA版
f:id:sc_toy:20190324233315j:plain

透明度が高い!

f:id:sc_toy:20190324233242j:plain
光らせると超キラキラ(*^^*)

f:id:sc_toy:20190324233249g:plain
動いてるとこんな感じです。


当然ペンとして筆記も可能ですがコレクターとしてはインクが本体に付着する事は避けたいと思ってました。

f:id:sc_toy:20190324233312j:plain
一応ペン先がガードされていて安心しました。
ペン単体では発光+筆記のみのギミックです。
ブローチとは違い当時の玩具版とほぼ同じで、これはこれで良いと思いました。

 付属のスタンドにセットするとこんな感じです。

f:id:sc_toy:20190324233624j:plain
この状態でブローチとペンの連動ができます。
セーラームーン(無印)のアイテムはシンプルでとても上品ですね!
すっかりセーラームーンの商品展開に慣れてしまっていたのでセットで1万は安い!と思ってしまいました(^^;)
ムーンライトメモリーの変装ペン・変身ブローチが各5000円近かった事を考えると
ギミック付て1万はやっぱり安いと思う…
というかムーンライトメモリー版が高すぎた気がする。。(^^;)
価格設定が破綻してる。
仮にこのPROPLICA版にギミックが無かったとしても
純粋にモノとしての品質も断然にムーンライトメモリー版より上だと思う(^^;)

 このアイテムはPROPLICAの中でも逸品に入る方だと思います。
個人的な見解では他にもスパイラルハートムーンロッドやプリズムハートコンパクトが推されてます。
ワーストは真っ黄色の聖杯・サーモンピンクのキューティとムーンスティック…

 
そういえばスタンドがムーンスティックのスタンドと合体するので
このように飾る事が出来るそうです。
f:id:sc_toy:20190324233245j:plain
ムーンスティック、改めて見ても濃いサーモンピンクがどギツイですね(^^;)
当時の玩具はムーンスティックと変装ペンのピンクにここまで差が無いんですけど。
色が変なものは黒歴史化して欲しいくらいなのに何度も再販したり最新作とセットで飾れる仕様にしたり
製作スタッフ的にその意識無いんでしょうか。。
今後もセーラームーンのPROPLICAシリーズ続けて欲しいですが色は変に凝った解釈せず当時の玩具版を基準にして欲しいです…。

でもこの変身ブローチ&変装ペンセット以降セーラームーンのPROPLICAシリーズ何も告知無いですね(^^;)
ジョジョとか遊戯王とか少年漫画路線に行ってしまってるのでセーラームーンはもう少し先なのでしょうか?(^^;)

マジマジョピュアーズ!が最終回を迎えて

一年間応援してきたマジマジョピュアーズが最終回を迎えました!
邪魔男爵の夢が叶って良かった!邪魔彦と遊びたかったのね…
モカはプリンセスになってもモモカらしさが炸裂してて良かったです(*^^*)
推しであるユリアが学校行き初めてほっこり(*^^*)
これからの5人もずっと観ていたいと思える素敵な最終回でした。

という事でマジマジョピュアーズの全体的な感想を書き記したいと思います。

f:id:sc_toy:20190324111421j:plain

まずビジュアルの感想ではミラちゅーとは違いみんな前髪が有る!という点にビックリしました(^^;)
それと、全体的にミラちゅーよりお姉さんになった感じ?
あとマジマジョピュアーズに変身後のコスチュームがとても可愛いと思いました。

番組序盤は基本のフォーマットのお話が続いて大友的には少し退屈でしたが
子供向け番組という事を考えるとコレが丁度良いのかもしれません。
多分、マジマジョは最初の3か月間位はどの話からでも見始める事が出来たと思います。
ハグプリが小難しい内容の時もマジマジョはマジマジョらしく頭を空っぽにして観れる番組であり続けてくれました。
子供向け番組の作風としてはこちらの方が好きです。
通常回が続きつつも、敵として登場したシオリが仲間になったり、突如ユリアが登場し加入したり
敵が森公美子さん(超強そう)だったりと、目が離せない展開が続きました。

不思議だった点は序盤リンがやたらフィーチャーされていた事(^^;)
謎の関西弁もよく分からなかった(^^;)
もっとミツキの活躍も観たかったです(^^;)

バトルシーンも楽しかったです。
ミラちゅーの場合、必殺技であるチューンアップまでのバトルが基本タクトとタンバリンで攻撃でしたが
マジマジョはマジョカジュエルによって攻撃が多彩になりバトルシーンでの楽しさがアップしていました。
フォームチェンジはありませんでしたが観ていて飽きませんでした。
マジョカルミナとTVが連動して楽しめるという点も素晴らしかったと思います。
この「玩具とTVの連動」はプリキュアを一足飛びで超えたように思えました。
少し勿体ないと感じた点は最初の1話目に合体技を披露して後々個別の必殺技の披露する形だった所です。
合体技の方が豪華だし、順番逆にして個別必殺技→合体技の方が良かったように思えました。

実際に数話視聴するまでは、またピンクでツインテールだしミラちゅーと似た感じの作品なのかな…と
二番煎じを観る構えでいましたが
明確にミラちゅーとは違った作りの作品でした。
ミラちゅーの場合、カノンが真ん中でファイナルチューンタクトを持っておりましたが
あくまでも5人それぞでが主人公ででカノンのみ特別な何かがあるという訳ではありませんでした。
強いて言うならマイが最初にミラちゅーになったり母親が音楽の国の女神様だったりと
少し特別扱いされてたかなって感じでした。
マジマジョの場合モモカはシオリを改心させるキーになり、邪魔彦との関係やプリンセス候補だったりと…
明確にモモカが主人公でした。
ミラちゅー&マジマジョ両方の主人公の描かれ方はそれぞれ異なりますが、私はどちらも好きです。


ラスボス戦はかつての敵キャラが助けてくれる展開は似ていましたが
ミラちゅーの場合最後までハラハラしながら応援して最終回は感動&感涙でした。
マジマジョの場合、中盤に試練と覚醒イベントがありみんな一皮剥けた状態だったので安定感がありました。

それとサブキャラの在り方も違っていたと感じました。
これはミラちゅーの方が好きでした。
マネの柚原さん、寮母の雪江さん、コジローさんにプロデューサーさんみんなキャラが立っていました。
マジマジョの場合毎週登場する愛すべきサブキャラが少なかったような…。ティアラさんくらい…?

f:id:sc_toy:20190324111425j:plain


ミラちゅーが後半にとてつもなく人気が出た事でマジマジョはバトンタッチ段階であまり歓迎されおらず
不遇なスタートを切りました。
私はニチアサが長い方なので「どんなに人気が出ても、どんなに名作でも一年で終わりを迎える」という事に慣れておりましたが
ミラちゅーファンは性質が違っていて
・マジマジョが始まるからミラちゅーが終わる
・ミラちゅーが築いた土壌をマジマジョ奪っていく
…みたいな思考に陥ってしまったようで見るに耐えないものがありました(^^;)

こんなスタートでしたがマジマジョピュアーズもmagical2も人気が出て本当に良かったと思います。
とくに「愛について♡」は名曲です。
miracle2もmagical2も番組が終了したてもアイドルとして十分にやっていけると思いますが
『惜しまれつつも』で一旦活動終了する事もニチアサの宿命ですね。。

次は「ひみつ×戦士ファントミラージュ!」だそうです。
今年は新シリーズのネガキャンする低質なファンが去年より比較的に少なくて良かった…(^^;)
次作が無いという事=今作人気が無かった・成績が悪かった
という事なので次作を叩く事はとてつもなく的外れなんですよね。
次作が出るという事は自分達のファン活動が実を結んだという事です。


f:id:sc_toy:20190324111428j:plain

正直、現段階で確認できるファントミラージュの玩具はそこまでツボを刺激されなかった(^^;)
マジマジョのおもちゃが神すぎた…(^^;)
…でも、ガールズ×戦士シリーズを応援してますのでとりあえず視聴続行します!
3人ともマジマジョよりも幼く見えミラちゅーに戻ったように思えました。
動きは今までのシリーズ同様キレッキレですね!
怪盗セイント・テールが大好きだったので怪盗モノには弱いです。
放送開始4月7日が楽しみ(*^^*)

メモリアルアーティクルズ

f:id:sc_toy:20190321225040j:plain
メモリアルアーティクルズ BANDAI  2019年3月第4週発売 1回500円

久々にセーラームーンガシャポンを購入してみました!
スティック&ロッド5から実に一年以上ぶりです。

早速変装ペンから紹介します。

f:id:sc_toy:20190321225032j:plain
キャップを外す事ができ、中にペンの造形があります!
筆記は出来ませんが、外見重視だったコンパクトミラーシリーズや
スティック&ロッドシリーズとは一線を画す出来です。

赤い宝石アップ

f:id:sc_toy:20190321225028j:plain
2014年に発売したムーンライトメモリー版の変装ペンより宝石が綺麗な気がする…!

次は星空のオルゴールです。

 

f:id:sc_toy:20190321225021j:plain
中央のピンクの石の部分を、塗り分けではなくラインストーンで表現してくれていて
とても完成度が高いと思いました。
当然オルゴールは内蔵されておりませんが…

f:id:sc_toy:20190321225118j:plain
本体裏のツマミを回す事で月を回転させる事ができます。

 個人的に変身コンパクトミラー2版(400円)との比較が楽しみでした。

f:id:sc_toy:20190321225122j:plain
ぱっと見まず大きさが異なりますね。
コンパクトミラー2は大体このスケールで作られているので仕方ないかと思いますが(^^;)
個体差かもしれませんがホロのテープの貼り方がメモリアルアーティクルズ版の方が丁寧だと思いました。
あとやっぱり中央の石がラインストーンである事。
100円違うと出来も大分違うなー…と思いました。
でも塗装の丁寧さとかはあんまり変わらないですね。
両方ともいつものガシャポンクオリティです。

 
続いて幻の銀水晶

f:id:sc_toy:20190321225025j:plain
オーロラ塗装されていてキラッキラです!
この七色に煌めく感じで更に透明で澄んでいたらイメージ通りですが残念な事にちょっと白く濁った感じです。
このタイプだとPROPLICAムーンスティックに付属していたものを思い出します。
個人的にはPROPLICA版みたいに真ん中の丸い銀水晶の取り外しがしたかったですね(^^;)
よーく見ると黒いゴミがぽちぽち混入してしまってます…
ガシャポンクオリティなので仕方がないですね…(^^;)

 次は変身ブローチ!

f:id:sc_toy:20190321225114j:plain

これだけやたら気合いが入ってます!
変身ブローチだけ玩具版とスケールが同じです!

 オープン

f:id:sc_toy:20190321225105j:plain
中にネイルグロスのパーツが!
セーラームーン20~25thで展開された変身ブローチでここまで当時の玩具に近いものは無いです!
f:id:sc_toy:20190321225046j:plain
取り外し可能。中にはネイルグロスではなくビーズが入っております。

昔発売したミラーケース版ではまさかの埋め込み型のネイルグロスでした(^^;)

f:id:sc_toy:20190322192709j:plain
下に小物入れエリアがあるので仕方ないのですが…

 

f:id:sc_toy:20190321225055j:plain

 蓋の内側に変身の掛け声が刻まれているという点も当時の玩具をしっかり再現してくれています!

全体的にほぼ完璧に当時の玩具版「ピンクなネイルグロス」を再現してくれているかと思いましたが
一点惜しい所があります。

f:id:sc_toy:20180313184249j:plain
当時の玩具版↑「ピンクなネイルグロス」は中央の石が濃いクリアピンクですが
今回のメモリアルアーティクルズ版↓だと

f:id:sc_toy:20190321225109j:plain
パールっぽいピンクに変更されております。
な…何故…?(^^;)
全体的にかなり頑張って再現してくれているのに何故にこんな肝心な所を再現しなかったのでしょうか??
疑問が残りますが、ガシャポンの限界値まで頑張ってくれた気がします!
500円のセーラームーンカプセルトイの中では随一の出来だと思いました。
次点は聖杯ですがこちらはアソート数が少なすぎて…(-_-;)うーん…

ちなみにこのメモリアルアーティクルズもアソート数に偏りがあるそうです。
銀水晶と変装ペンが多めに入ってるようです。
個人的にあんまりこういうのは好きじゃないですね。。
クオリティ落としても良いので均一アソートが良いです…。
高クオリティな当時の玩具を再現した復刻商品は普通に売ってくれたら嬉しいです。。

このメモリアルアーティクルズってこれっきりなのでしょうか。
当時の玩具版のクリスタルスターは絶対カプセルに入らないサイズだし今回の様に寄せて作るの難しそう(^^;)
可能性としてはサイズ感は妥協されるか、プレバンにてガシャデパからのリリースとか…?
当時の玩具大好きなのでもしメモリアルアーティクルズの新作が出たら是非ゲットしたいです!

プリキュアミライブレス

f:id:sc_toy:20190217150538j:plain

プリキュアミライブレス BANDAI 2018年10月20日発売 3,780円


こちらはハグプリ後半に登場するお助けアイテムです。
攻撃したりアンリ君をプリキュアにしたり色々な役目がありました。

毎年箱物アイテムが発売した後、その箱物をパワーアップするアイテムが出てなりきりアイテム展開が終了するプリキュアですが
ハグプリは15周年メモリアルイヤーだったので(?)更になりきりアイテムが登場しました。

こちらが本体です

 

f:id:sc_toy:20190217150557j:plain

プリキュアのアイテムにしては珍しく本体がメッキ塗装!!

リンクルストーンやミライクリスタルなどの収集アイテムはメッキ塗装ですが
本体がメッキ塗装のプリキュアアイテムは珍しいです!

f:id:sc_toy:20190217150554j:plain
真ん中のストーンもホログラムでキラキラ。
折角ここまでキラキラなんだから回りのハートも塗り分けではなくクリアにするとか
もう少し工夫してくれたら嬉しかったですね(^^;)
押せるのはアンジュの水色のボタンだけで 他の3つは飾りです(^^;)
このボタン部分が少々安っぽくてなんとなく購入を渋ってしまいました。
食玩版の方が可愛い…(-_-;)

f:id:sc_toy:20190217150550j:plain
真ん中のハートが光ります。
ボタンを押して誰とおしゃべりするか決定しておしゃべり遊びをする。
このミライブレスはこのおしゃべりする遊びのみしか搭載しておりません…
15周年メモリアルという事でブラック&ホワイトも選べます。

f:id:sc_toy:20190217150542g:plain
プリキュアのカラー+白(ふたりはプリキュアカラー)で光ります
ギミックはしょぼいのですが子供には小難しいモード切替など無いこの程度で良いのかもしれないですね。
3,780円はちょっと高いかな(^^;)

ブレスレットのパーツをつけるとこんな感じです。

f:id:sc_toy:20190217150547j:plain
大友に対応しているかなり大きめのブレスレットです。
また本体メッキ塗装有りのプリキュアのおもちゃ出て欲しいです!

 

マジョカランタン

f:id:sc_toy:20190210115910j:plain

マジョカランタン タカラトミー 2018年10月27日発売 8,100円(税込)

 

マジマジョピュアーズ番組内でユリアが持ってきた魔法の強化練習用アイテムです。
とても楽しいおもちゃなのに番組内での出番があんまり無い事が悔やまれます…!

  

f:id:sc_toy:20190210115948j:plain
こちらが本体。
ランタン型のアイテムって珍しいですよね!他に思い付きません。
液晶アイテムですがデジタルデバイス感が薄くて魔法の道具っぽく仕上がっています。
個人的にはなんとなくシュガルンのテイストも感じます。

f:id:sc_toy:20190210115944j:plain
画面をタッチして操作するタイプではなくボタン操作になります。
破損防止用でしょうか?画面自体はカバーに覆われています。

 電源をONにすると

f:id:sc_toy:20190210115940j:plain
モコニャンの待機画面になります。
ミニゲームで遊びポイントを貯めてガチャを引くと番組のワンシーンの写真や
音楽、キャラクターの洋服などを貰えます。

このマジョカランタンの凄い点は変身シーンがムービーで流れるところ!

f:id:sc_toy:20190210115927g:plain
テレビの音と映像がそのまま流れます。
液晶玩具もついにここまで来たか!って感じです!
マジョカアイリスのユリアの変身ムービーにも驚きましたが
マジョカランタンも映像が楽しめる凄いおもちゃです!

 

 ↓マジョカアイリスはこちら

sc-toy.hatenablog.com

 

 メッキ塗装ではないものの造形もかなりこだわっています。

f:id:sc_toy:20190210115915j:plain
持ち手の部分の羽の造形が可愛いです。

 

液晶玩具って液晶のギミックばかりに力が入ってしまっていて
画面以外が綺麗に光るおもちゃって少ないのですが
このマジョカランタンはしっかり光ります!

f:id:sc_toy:20190210115921g:plain
ランタンのかさの部分が光るというアイディアが素敵だと思いました。

ちなみにプリキュアの白黒液晶玩具でもピコピコ光る玩具がありますけど
液晶の補助的な感じでお知らせ程度に光るものなので
コレとは違うかなー…って感じですね。

 

唯一の「?」ってなったポイントはスピーカーが接地面についている事!

f:id:sc_toy:20190210115918j:plain

 置いたまま操作すると音が小さい(^^;)
どうしてここにスピーカー付けたんだろう…?

 

 マジョカアイリスと連動して遊べるギミックを搭載しています!
紹介動画をアップしたので是非ご覧ください!

www.youtube.com
マジョカランタンとマジョカアイリスは連動で遊ぶと本当に魔法を使っている気分になれるおもちゃです!
ハイテクな魔女っ子おもちゃがお好きな方にオススメです!