sweet candy 魔女っ子おもちゃ ブログ

可愛いと思った魔女っ子おもちゃを紹介していくブログです

SC

星の杖 &さくらカード





 星の杖&さくらカード 9,180円(税込) タカラトミー 2017年4月1日発売

NHKBSプレミアムにて再放送されているカードキャプターさくらさくらカード編に突入するという事で星の杖が発売されました。
封印の杖は何度か復刻しているのですが星の杖は当時の放送以来17年ぶりの玩具としての発売みたいです。
封印の杖が予想以上の出来だったので星の杖も楽しみでした!

箱が前回の封印の杖と同じようなデザインで、箔押しもされていているので揃えて所持したくなります…!
上目遣いのさくらちゃんのイラストが可愛いDocomo_kao12


箱の裏面です。


この写真の星の杖より

実物の方がちょっと色が濃いような気がします。写真の写り方の問題でしょうか。


本体

ほ…星の杖だ…!改めて感動…!
十数年の時を経て再び玩具化しているアイテムって女児向け作品だとかなり限られてくるので、星の杖が再び玩具化されて大変嬉しいです…!

バンダイ版の星の杖との違いですが星のフォルム感や羽の造形など全体的に丸っこい感じの印象です。
それと長さもかなり違っていて、バンダイ版よりこちらのタカラトミー版の方が長い。
というか二回りくらい大きいスケールで作られております。
柄の部分が少し太いかな、とも思いましたが
上部の星の部分もバンダイ版より大きく作られているので
玩具として子供が振り回すことを考えるとこれ位太い方が良いのかもしれません。
セーラームーン関係は大人向けで対象年齢も15歳以上ですが
こちらは6歳以上となっております。

ギミックは前回の封印の杖と同じようにカードにかざすと認識して音声が流れます。
星の下の部分が光ります。

分かりにくいかもしれないですが
ここが光ってます↓


この上部の星を囲んでいる丸の部分のイメージですが…




中心より上の方で輪っかになっていて月っぽい形を想像しておりました。
アニメ版だとこの位ですが原作だともっと月っぽいような。
あと、↑の図の赤く描いた辺の部分ですが
タカラトミー版では円柱って感じなのですが(切った時の断面が四角)
自分の想像のフォルムだと円柱ではなく…どのように文章化したら分からないのですが
切った時断面が三角になるようなものを想像しておりました。
想像とは多少異なりましたが
実物を見たら玩具っぽい可愛さがあってあまり気になりませんでした。



バンダイ版のギミックでは星が扇風機のように高速回転しますが
こちらのタカラトミー版は星が回るギミックはありません。

最初は星が回転しないのかー、残念!って思いましたが
カードにかざしていると同時に回転したら星がカードに回ったら当たって吹っ飛ぶような。
認識した後に回転すれば良いのでしょうが、早めに引っ込めないとカードに当たってしまいますね。
さくらの劇中みたいにカードが宙を浮いてくれないと
星が回る+カードを認識する
二つのギミックの再現は難しいのでは…と思いました。
ただ、ギミックそのものは封印の杖とほぼ同じなので少々変更点が欲しかった気もします…!
バンダイの封印の杖の玩具版「わたしはカードキャプター」は2度復刻しているので(2004年NHK再放送・2015年プレバン)
そちらを購入し、タカラトミー版封印の杖を見送った方もいらっしゃるかもしれませんので私の勝手な意見なのですがDocomo_kao8汗



バンダイ版星の杖「DXスターパワーセット」のギミックの紹介になりますが
表面にクロウカード、裏面にさくらカードが印刷されたカードが付属しており
そのカードを表面でセットし、星の杖からの赤外線がスイッチで台座がぎゅんぎゅん回転し裏面で止まります。
つまりクロウカードがさくらカードにチェンジしたような感じになります。
劇中を再現した面白いギミックなのですが杖だけではなく台座にも電池を入れるので
「DXスターパワーセット」は電池を5,6本消耗する贅沢な玩具でした。



先端はこんな感じです。


スピーカー部分

封印の杖と同じくバンダイ版ではクリアだった部分が不透明になり艶っぽく塗装されてます。
この辺は好みが分かれるかなーといった所かと思います。

カードが5枚付属しております。


劇場版に登場したホープの付属しております…!
バンダイから当時発売された劇場版のカードセットがずっと欲しかったのでかなり嬉しいですDocomo_kao12
星の杖が欲しかった方にはオススメできるアイテムです!


一度玩具化・リリースしたアイテムを他社が玩具化・リリースって女児向け玩具ではかなり珍しい事だと思います。
タカラトミー版のさくらの玩具を見て思ったの事は、あまりバンダイ版を意識しておらず
年月が経ち大人のファンも視野に入れた売り方に変えるために別視点でまた1から作り上げたように思えました。
バンダイ版はカードブックもカード全種も「カードセット」として一つの商品でした。杖との連動も無しでした。
クロウカードブックは電池を入れて遊ぶギミックは無いです。
オールサクラカードセットはカードの抜き差しでSE鳴ったり光ったりしますが、カードを個別で認識していません。
タカラトミー版は「カードブック」と、カードを「ライト」と「ダーク」3に分けて商品化でした。
ブックとカード全種揃えようとするだけで定価だと¥19,980になります…汗
カードを個別で認識できるギミックはコストが掛かっていそうですね。
まずブック自体にカードを個別で認識できるギミックが搭載されているし、杖やケロちゃんのぬいぐるみとも連動しますので
遊びの幅がかなり広がっていると思います。
同アイテムを別会社がリリースして全く異なるギミックというのも玩具コレクターとしては興味深く面白いものでした。

タカラトミー版の杖だとレリーズ時によく流れていたさくらのテーマ(1)が流れないんですよね。
バンダイ版の杖だと鳴るんですが…汗汗
最初電池の残量が少なくてBGMが鳴らないのかと思いましたが
電池を変えても鳴らない…って事は、やっぱり搭載されてないんですよね汗汗
権利の関係で色々と難しいのかもしれないですね。音楽ともなると著作権とか色々とキツそうです。

何はともあれ17年ぶりの星の杖を玩具化してくれたタカラトミーさんに感謝!!!
以上、星の杖&さくらカードでした!

ウェディングピーチとか姫ちゃんのリボンとかも再玩具化…頼みます…!



タカラトミーさん関連という事で
今、ミラクルちゅーんずが熱いです…!
ニチアサといったら一番はプリキュアでしたが同じくらい楽しみになっております。
ヒップホップジュエルをゲットした直後の予告でヒップホップモードで変身していたので
ミラクルちゅーんずはフォームチェンジもするのかー凄いなーと思ってましたが
次の週でロックのジュエルをゲットし早くも別のフォームにチェンジか!と思った矢先追加戦士の情報が…!
公式サイトでは追加戦士用の武器とかペンダントとか液晶玩具とかの紹介がもうアップされていて
ついて行けないよー!!って感じで…ミラクルちゅーんず、予想以上です!
追加戦士のペンダントや武器が金メッキを使用しているっぽいので、かなり気になります…!