sweet candy 魔女っ子おもちゃ ブログ

可愛いと思った魔女っ子おもちゃを紹介していくブログです。ブログ内の全画像の無断転載禁止。

SC

黄変玩具ピンク作戦・その3

ブログ内の全画像、無断転載禁止です。詳しくはこちらをお読みください

前回の記事の続きです。
非常にマニアックな実験ですので需要はほぼ無いとは思いますが、記事にして残しておこうと思います。
いつか誰かの役に立つ…かもしれないので…Docomo_kao8

この実験の概要を説明させていただくと、
おもちゃ格納庫から引っ張り出してきた日焼け…したと思われていた玩具。
これが実は単に日に焼けたという事ではなく、酸化防止剤が起因した黄変なのでは…?と思った事がきっかけで
この変色を「日光に当てて戻す」という実験を行う!といった所でしょうか。

実際に日光に当ててみました。
小学生の時のアサガオ観察を彷彿とさせる地味な作業でしたが、
起きて玩具を日光に当てる→夕方片付ける→次の朝日光に当てる前に撮影する
を繰り返してみました。

繰り返し注意喚起致しますが、真似する場合は自己責任でお願いします。


まず最初に報告させて頂くのは一番変色がキツかった「どれみタップ」です。






いかがでしょうか?
あまり変化無しに見えるかもしれませんが…



ダイジェスト版↓



日光に当てたことにより、確実にオレンジからピンクに寄ったと思います…!
この事により、長年「日焼けで変色した」と思っていたどれみタップは「酸化防止剤起因の黄変」だったという事だと思います。
「全く元通りの新品カラー」とは異なりますが黄味は抜けました。


オマケ
窓付パケの宿命によりちょっと日焼けしちゃった再販のムーンスティック。


少し分かりにくいと思いますが↓ここです

日光に当たったであろう窓部分がヤケたので「日焼け」と思い込んでいましたが
紫外線に当たった事による酸化防止剤の化学変化による変色…かもしれないと思いまして…

日光に当てたら2日で戻りました。                           比較用




日光に当てたことによって「日焼け」ではなく「化学変化」が起こっていた…という事が分かってきました。
他の玩具の運命は如何に。

今までの認識通り日焼けだったのか、それとも化学変化だったのか…?
黄変玩具ピンク作戦・その3へ続きます…

また忘れた頃の更新になると思いますがあせ